女性の一生を変える結婚前後の転職!有利なタイミングと成功のコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>人生後半の転職・独立起業・セカンドキャリアに、45歳からの実践型キャリア自律スクール

人生後半も活躍し続けたい40代・50代のビジネスパーソンには、キャリア自律のパーソナルトレーニング「ライフシフトラボ」がおすすめ。ライフシフトラボは、複業・社外活動を足がかりに転職・独立起業・定年後のセカンドキャリアなど、人生後半のキャリア自律を叶えるオンラインビジネススクールです。

人材業界に精通するキャリアコーチがマンツーマンで伴走支援し、キャリアプランニングから強みの棚卸し、あなたの豊富な経験を活かした複業デビューまで、体系的に学び実践できます。

※ 勤め先が複業禁止の場合でも受講いただけます。

キャリア自律のためにオンライン無料説明会に申し込む

20代後半~30代にかけて、女性は結婚や出産を経験する割合が高くなります。

結婚などに伴う生活のスタイルや環境の変化から、家庭と仕事の両立バランスを考えて、結婚前後のタイミングで転職に踏み切る女性も多いことでしょう。

しかし、今後パートナーの仕事都合による転居や妊娠・出産による休暇取得の可能性が高くなる「結婚」を機会とした転職活動には、不安もありますよね。

そこで今回は「女性の結婚と転職」について、結婚を理由にした女性の転職を成功させるためのアプローチのコツなど、結婚前後の転職成功のポイントを解説。

あわせて、結婚に伴う転職は結婚前と結婚後のどちらが有利なのか、また結婚を理由にした転職時にチェックしておくべき項目についてもご紹介していきます。

あなたの結婚に伴う転職への不安を軽減し、転職成功に役立つ内容になっていますので、ぜひ最後まで記事に目を通してくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

結婚する前と後、転職成功に有利なタイミングはどっち?

女性の結婚と転職 イメージ

まずは結婚に伴う女性の転職を、結婚する前後どちらのタイミングで行うべきかを、結婚前後それぞれの転職のメリット・デメリットから考えていきましょう。

◆結婚「する前」転職のメリット・デメリット
《メリット》
・結婚後の生活スタイルにあわせて、働き方や労働時間、雇用形態を調整しやすい
・少しでも早い方が年齢的にも若く、選べる業界・職種の幅が広くなる
・出産までの期間に、新しい職場で信頼関係を築ける期間が長くなる

《デメリット》
・家庭を最優先とした転職では、キャリアがストップまたはダウンする可能性も高くなる
・転職後すぐは休暇を取りづらいので、結婚後すぐの妊娠・出産が難しくなる
・結婚後しばらくは、仕事と家庭の両方で慣れない生活を続けなければならない

◆結婚「した後」転職のメリット・デメリット
《メリット》
・結婚生活をある程度経験してから、現実に即した転職先を探せる
・先に妊娠・出産や退職を経験してから、落ち着いて転職をめざすこともできる

《デメリット》
・すでに妊娠・出産をして子育て中の場合、転職活動ための時間を取りにくくなる
・育児中や妊娠・出産を控えている場合は、正社員として採用される可能性は低くなる

◆転職は基本的に「結婚前」のタイミングがおすすめ!
転職前後の転職のメリット・デメリットを総合すると、求職者と企業双方にとって以下の利点のある「結婚前の転職」の方が、賢明な判断であると考えられます。

【求職者と企業にとっての結婚前転職の利点】

求職者にとっては ・結婚後の生活や人生設計に合わせた条件の求人を探すことができる
・妊娠・出産までの間にしっかり働き、新しい職場との信頼関係を築く時間をとれる
企業にとっては ・妊娠・出産までの数年間は、自社に貢献してくれる前提で採用に踏み切れる
・実際に産休・育休制度を利用させる前に、本人の仕事能力や人柄を見ることができる


企業にとって、人材の採用は多額の費用がかかる一大プロジェクトです。

たくさんのお金をかけて採用した人には、自社で長く働き貢献し続けてもらいたいと考えるのが企業の本音ですから、すぐに休暇に入られては損失になってしまいますよね。

結婚を機に退職・転職をする女性に対し、企業がすぐの退職や休暇に入ることを懸念して採用を控える傾向があるは、残念ながら事実です。

この現実を踏まえたうえで、結婚に伴う女性の転職成功確率を高くするには、やはり結婚前に転職を済ませてしまうことを強くおすすめします。

【合わせて読みたい】
正社員をめざす女性が利用すべき15の転職サイトと、利用のコツ

《結婚「した後」転職のメリットにしっくりきた人は?》
一方で結婚後すぐの妊娠・出産を強く望んでいて、経済状況的に転職後の雇用形態がパートや派遣でも問題ないという方は、必ずしも結婚前に転職する必要はありません。

転職は、あなたの望む働き方や雇用形態が叶ってこそ成功と呼べるものですので、あなたにとってどちらのタイミングが適しているのか、よく考えてみてください。

【合わせて読みたい】
アラフォー女性は転職できる!状況別、おすすめの転職先12選

◆転職ではなく、現職場で働き方を変えるのも1つの選択肢
結婚の前後、どちらのタイミングで転職をするにしても、キャリアダウンのリスクや慣れない環境に身を置くことへのストレスはつきまといます。

そこで転職以外の選択肢として知っておいて欲しいのが「現職場にのこったまま、結婚後の生活に合うよう働き方を変える」という方法です。

具体的には、別部署への配置転換や時短勤務への切り替え、一時的なパートへの雇用形態変更や、産休・育休制度の取得がこれにあたります。

このような「結婚に伴う従業員の働き方の変更」は、新人を採用してイチから教育するよりも、企業にとってもコスト的に見てメリットがあります。

現職場に結婚に伴う働き方変更の前例がなかったとしても、近年の時代の流れや経営者の考え方の変化が影響し、あなたが最初の1人として認められる可能性もあるでしょう。

成功すれば、転職のように大きなリスクをはらわなくても結婚後の働き方を変えられますので、興味があるなら信頼できる上司に相談してみてくださいね。

転職へのアプローチ法は、結婚後の働き方の希望によって変えるべし!

女性の結婚と働き方

ここからは、女性が結婚に伴った転職を成功させるためのコツとアプローチ方法の考え方について、ケース別に解説していきます。

◆転職成功の第一歩は、結婚後の働き方ビジョンを明確にすること!
女性が結婚に伴って転職する目的としては、以下の3パターンが多いと考えられます。

《1》将来的な育児のため、正社員のまま産休・育休がとれる会社に移っておきたい
《2》仕事面はトーンダウンし、家庭を優先できる派遣やパートになっておきたい
《3》パートナーの転勤が予想されるため、転勤先で新たに転職先を探したい



目的が違えば、その達成のために有効な手段やコツも大きく変わってきます。

以下のチェック項目から、あなたがどの目的で結婚に伴う転職をしようとしているのかを探り、自分の結婚後の仕事観を理解しましょう。

《長期にわたって続けられる正社員をめざす人の特徴》

□ 将来的に子供が欲しいと考えているが、仕事はずっと続けていきたい
□ 子供のことはわからないが、家庭と両立させながら仕事は続けていきたい
□ 派遣やパートではなく、結婚後も正社員として責任ある仕事に挑戦したい
□ 結婚に際し、今の職場に産休・育休制度利用の前例がないことがネックだ



《仕事面をトーンダウンし、派遣やパートをめざす人の特徴》

□ 結婚したのなら、何よりもパートナーや子供など家庭のことを優先させたい
□ パートナーと経済状況が許すなら、結婚を機に家庭に入っても良いと思う
□ 正社員という雇用形態や、今の給与・待遇に大きなこだわりはない
□ 体力的に無理のない範囲で、適度な収入が得られるくらいの働き方が理想



《パートナーの転勤の可能性から、転職をめざす人の特徴》

□ 仕事が好きで続けたかったが、パートナーが転勤族である
□ そもそも結婚自体を、パートナーの転勤をきっかけに決断した
□ 結婚や転居をしても、何らかのかたちでずっと仕事は続けていきたい



あなたの転職・結婚後の働き方への希望やビジョンは、見えてきたでしょうか?

以下からは、3つの転職目的と結婚後の働き方の希望別に、転職を成功させるためのアプローチ方法やコツをご紹介していきます。

◆結婚後も正社員をめざす人の転職成功のコツ
・将来的な産休・育休の取得を考えているなら、結婚よりも先に転職を
・具体的に子供を産む予定がないなら、結婚生活に慣れてから転職を
・子供について聞かれた場合は、すぐではなく「将来的な予定」として伝えること
・転職前は、時間をかけた自己分析や求人探しできっちり準備すること
・転職後は、最低でも2年くらいは信頼を勝ち得るつもりで仕事に打ち込むこと

◆結婚後は仕事をトーンダウンさせたい人の転職成功のコツ
・転職は、結婚や妊娠・出産後に生活が落ち着いたタイミングで
・結婚してから半年程度は、働き方の希望を見極めるため現職を続けること
・結婚に伴う転職の条件については、事前にパートナーとよく話し合うこと
・正社員として転職できる可能性が下がるリスクは、よく理解しておくこと
・転職先には、将来的なキャリアの武器となる業界・職種を選ぶこと

◆パートナーの転勤を前提として結婚する人の転職成功のコツ
・まずは、即戦力となれる現職場の支社や子会社への転職が可能か上司に相談を
・転職のタイミングは、結婚とそれに伴う新居への引っ越しが済んでからにする
・勤続できる期間(次の転勤までの期間)の目安は、パートナーに確認しておくこと
・非正規雇用しか狙えなくても、将来の自分のキャリアを加味して求人を探すこと
・ブランクが短い方が有利なので、生活が落ち着いたらすぐに転職活動を始める

【合わせて読みたい】
40代既婚女性の転職はできる?乗り越えるべき3つの壁と対策とは

いずれの目的で転職するにしても、結婚を機にした20~30代での転職は、その後のキャリアに大きく影響することになります。

結婚に伴う転職を成功させたいなら、一時的な感情ではなく将来40代以降になったときのキャリアプランまでイメージして、転職先を選ぶのが鉄則です。

【合わせて読みたい】
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!
40代女性が自分らしく、幸せなキャリアを築くための考え方とは

結婚前後の転職にあたり、転職先でチェックしておくべき4項目

女性の結婚と転職 成功に大切な4つのポイント

結婚に際して転職を決断する女性のほとんどが、結婚後もいまの職場で働き続けることに、何らかの不都合を感じていると推測できます。

そこでここからは、結婚に伴って転職するにあたり、女性が転職先候補の企業にあらかじめ確認しておくべき4つの事柄について、ご説明していきます。

求人検索と選考・面接の両方のタイミングで、しっかり確認するようにしてくださいね。

《その1》残業や出張・転勤の頻度と可能性について
独身時代は「家は帰って寝るだけの場所」であった人も、結婚することで家が「パートナーや子供と共通の時間を過ごす大切な場所」に変わりますよね。

家庭での時間も大切にしたかったのに、転職先から毎日の残業や頻回の出張を命じられては、せっかく転職しても意味がありません。

パートナーや家族との生活時間・家で過ごす時間の不一致は、すれ違い生活の原因となり最悪の場合には離婚自由にもなり得る重大な事項です。

結婚前後で転職をするなら、転職先候補の業務にどの程度の残業や出張、転勤の可能性が含まれているのか、しっかりチェックする必要があるでしょう。

《その2》家庭の事情による、時短勤務への切り替えに対応しているか
結婚すると、自分以外にもパートナーやお互いの両親・親族の体調不良、そして子供のお迎えや急病によって、早退や休暇の必要が生じるケースも増えてきます。

特に子供は、感染症にかかりやすいため体調不良に陥りやすいものです。
まだまだ男性が子供のために早退・休暇をとることに社会的理解が少ないため、子供の事情による仕事調整の負担は、女性の方が担う割合が圧倒的に多いでしょう。

そうなると、急な休みで仕事がスケジュール通りに進められなくなったり、早退ばかりで首位に迷惑をかけていると心苦しくなるかもしれません。

結婚前後の転職では、家族に何かあったときでも仕事を続けられるかどうかの目安として、時短勤務に切り替えられる体制があるかを確認しておきましょう。

《その3》結婚・子育て世代である20代・30代・40代女性社員の比率
自分と同世代で、結婚や出産・子育てを経験した可能性の高い世代である20~30代の女性がどのくらい働いているかは、その企業の風土をはかる目安となります。

従業員のうち20~40代女性の比率が高く、かつ女性の平均勤続年数も長い場合は、会社内に女性が家庭を持っても仕事を続けやすい環境・風土がある可能性が高いです。

【合わせて読みたい】
子持ち女性は必見!転職してキャリアアップするための3つの知識

《その4》産休・育休制度と、取得から復帰した実績の有無
制度として産前産後休暇や育児休暇が存在していても、実際に取得実績がないという企業も、残念ながら多いと言われています。

また、過去にはたしかに産休・育休の取得実績があるものの、現状では経営や人材状況の悪化から制度の活用が難しい、という中小企業もあります。

結婚前後に、女性が将来的な妊娠・出産を前提とした転職を行うなら、転職先候補に産休・育休の取得と復職の実績があるかどうかは、非常に重要な事項になります。

規模の大小や、老舗かベンチャーかという企業の印象にかかわらず、確実に過去の実績や現状について確認しておくべきでしょう。

◆入社後の待遇面への疑問、聞き方の具体例
ここまでにご紹介した4つの事項は、転職活動中の女性にとって非常に気になると同時に、非常に聞きにくい質問でもありますよね。

面接中に聞きにくいことを、スムーズに質問するためのポイントは以下の通りです。

【待遇についての質問を印象よくするポイント】

・質問のタイミングは面接の終盤、または内定後の意思確認の席を狙う
・自らのスキルや即戦力性をアピールしてから、質問を行うこと
・質問するときにも「基本的には仕事に打ち込む意思がある」ことを強調



以下に、4つそれぞれの効き方の具体例を提示しますので、ぜひ参考にしてください。

《残業や出張・転勤の有無について》
「私は仕事が大好きですが、同じくらい家族のことも大切に思っています。このためもし仮に御社に入社させていただいた場合も、時間内に効率的に働いてしっかりと御社に貢献したうえで、終業後はできるだけ多く家族の時間が取れればと考えているんです。そこで御社にお尋ねしたいのですが、御社で私が応募した職種の方の平均的な残業時間や出張・転勤の有無や頻度の目安は、どのくらいでしょうか。御社に入社後、長く働き続けるためにもあらかじめ知っておきたいと思っています」

《時短勤務への切り替えの可否について》
「私は結婚しており、将来的に子供を持つことも考えています。しかし同時に、1つの会社で長くキャリアを積み、やりがいを持って働くことにも重きを置いております。そこで質問なのですが、もし仮に数年後、私が御社の産休・育休制度を利用して復職した場合、子供の送り迎えが必要なくなるまで一時的に時短勤務に対応いただける可能性はあるでしょうか」

《女性社員の年代・比率について》
「御社では、また私が今回応募させていただいた部署・職種では、どのくらいの割合を女性社員の方が占めているのでしょうか。これからキャリアを積み、将来的にはワーキングマザーとしても御社に貢献していきたいので、ロールモデルとなるような女性の方がどのくらいいらっしゃるのか、教えていただけるとうれしいです」

《産休と育休制度の取得・復帰の実績について》
「〇月に結婚が決まっており、あと数年はビジネスパーソンとしてのスキルを積むことに専念したいと考えていますが、将来的には子供が欲しいと考えています。また、もし子供を授かったとしても、御社にのこり長く貢献していきたいと希望しています。御社の産休・育休の取得実績について、現状や具体例とともに教えいただけないでしょうか」

【転職エージェントの手を借りるのもおすすめ!】
入社後の待遇について、どうしても自分で直接聞きにくい、聞けないという人は、エージェントが企業との窓口役を担ってくれる「転職エージェント」を活用しましょう。

企業との窓口役だけでなく、応募書類の添削や面接のアドバイス、あなたに合う求人の紹介を受けられるので便利ですよ。



【合わせて読みたい】
40代転職成功への近道!エージェントを味方にする上手な使い方とは?

女性が結婚前後の転職を成功させるために守るべきポイント

結婚による転職に臨む女性

結婚を機に転職する女性が、「こんなはずじゃなかった」という後悔なく理想的な転職を成功させるには、以下の2点を厳守する必要があります。

《1》将来的な出産まで見越したうえで、10年後までのキャリアプランを立てておく
《2》結婚後、自分が望む働き方が可能な女性に理解ある企業・求人をみつける



以下に、結婚前後に転職する女性それぞれが自分がめざすキャリアプランを叶え、転職を希望する企業に採用してもらうためのポイントをご紹介します。

応募・面接に臨む前に、確認しておきましょう。

◆キャリアプランは逆算方式で具体的に立てる
結婚前後に立てるキャリアプランは10年後、30代~40代・50代になったときにどのような女性やビジネスパーソンになっていたいか、を基準に考えてください。

最終的な「成功した自分」の様子をできるだけ具体的に想像し、そのために必要な要素を今後10年で集めていくイメージで、キャリアプランを立てていきましょう。

なお、この考え方は職種や業界だけでなく、雇用形態を決める際にも重視してください。

◆求人・企業の実態は、事前にできるだけ調べておく
企業が提供する求人情報に書いてある内容が、すべて性格だとは限りません。
残念ながら、求人に実際には存在しない嘘の休暇取得実績を書いている可能性もあります。

だまされて悔しい思いをしないように、募集を出している企業の社風や求人に関する情報は、求人に応募する前にあらゆる方面から入念に集めてください。

実際に勤務している人や転職エージェントからの聞き取りの他、転職会議Vorkersなどの企業口コミサイトを閲覧するのも有効です。

◆相手企業に求める条件は、上位3つまでに絞っておく
あなたの希望するすべての条件を完璧に満たす企業・求人は、まず存在しません。

転職活動を速やかに進めるためにも、転職先に求める条件は「絶対にゆずれない3つ」までに厳選して、求人を探すようにしてください。

◆相手企業が望む人材像と、自分との合致点をみつけておく
企業がイメージする「求める人物像」や「こんな人は歓迎」の内容と、あなたの持つ経歴・スキルの合致点が多いほど、あなたが採用される可能性は高くなります。

企業の需要とあなたが供給できるスキルが一致した場合、そのスキルは強力な武器です。

選考では、企業が求めているスキルを自分が保有していること、自分の採用が企業にとって有用であることを具体的にアピールしてくださいね。

◆長く働きたいという意思を具体的に示し、相手企業の不安を払拭する
企業は既婚、または結婚を控えた女性を採用するにあたり、両立できずに退職したり、すぐに妊娠・出産のために休職することを懸念しています。

採用担当者から家庭との両立を懸念する質問がきたら、利用する保育園やサポート体制、パートナーの勤務体制など具体的な根拠を挙げて回答してください。

本人に長く働く意思があることに加え、もしもの事態を解決できる根拠を示すことができれば、企業のあなたへの不安は払拭されるでしょう。

結婚前後の転職は、自分の希望するプランを明確化したうえで決定を

結婚に際し転職に成功した女性と夫

結婚に伴う転職は、結婚後にあなたが想定する働き方や人生設計、結婚による転職に求める目的を理解していないと、うまくいきません。

結婚の前後どちらのタイミングで転職すべきかも、あなたが理想とする結婚生活や将来的なキャリアブランによって、大きく変わってくるのです。

また、キャリアプランが明確になっていないと転職先に求める条件や求人探しもスムーズにいかなくなり、転職活動が難航する原因にもなります。

納得できる条件・働き方・雇用形態への転職を成功させ、継続してキャリアを積んでいくためにも、事前準備として自己分析と企業分析は怠らないでください。

この記事を参考に、自己分析とキャリアプランの設定、そして求人応募前には応募先企業について入念に下調べしたうえで、転職活動をすすめてくださいね。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new