前職を活かし、キャリアアップの望める企業へ

公開日:2018年10月22日
前職
職種:
法人営業
業種:
食品
年収:
530万円
現職
職種:
営業マネージャー・管理職
業種:
食品
年収:
650万円
転職活動期間:
1ヶ月
転職方法:
スカウト

転職理由

会社の人事評価制度が不明瞭で、同年代の社員と比較して自分が低く評価されていると感じたためです。40代での転職はそう簡単にいかないという不安もありましたが、まだ定年退職まで長い年月がありますので、自分の納得できる職場で働きたいと思い、転職を決意しました。

転職活動の振り返り

最初にしたことは複数の転職サイトへの登録でした。どのサイトが良いのか、自分に適しているのかわかりませんでしたので、主だったサイトには片っ端から登録しました。希望に合う条件を検索してこちらから申し込んだり、スカウトを受けたりしていく中で、それぞれの転職サイトの特徴や使い方を自然に学び、習熟していきました。

特に業界に対するこだわりはなく、経験を活かせる営業職に絞って探していたのですが、最終的には前職の同じ食品業界の企業からスカウトを受け、面接を経て自分の希望に合致していることを確信できましたので、そこでお世話になることに決めました。

転職活動中の人へ、アドバイス

職務経歴は、できる限り具体的に、詳細に記載したほうがいいと思います。私の場合、スカウトを受けて面接に進んだ企業が同業界だったということもありますが、その職務経歴書に基づいて、かなり専門的な内容まで踏み込んで、面接官の方とお話をしました。40代という年齢を考えれば、採用する企業からすると多くは即戦力となれる人材を期待しているわけですから、同業への転職、異業への転職にかかわらず、具体的にどういう業務に従事してきて、自分に何ができるのかを、可能な限り正確に伝えることが、転職する側と採用する企業のお互いにとってプラスになると思います。

また、希望の企業へすぐ転職できるとは限りませんので、退職してから転職サイトに登録するのでなく、ある程度自分の意思が固まったら、在職中のうちに各サイトへ登録したほうがいいと思います。私は退職してからの登録でしたので、正直に言いまして経済的な面で不安がありました。すぐに決まってよかったですが、長引いていたら、焦ってあまり希望条件と合致しない企業なども視野に入れていたかもしれません。

転職後の現在の状況

前職では法人営業マンとして担当企業を回ったり、新規企業を開拓したりしていましたが、現在の企業ではそうしたキャリアが評価され、営業部員を束ねる管理職として働いています。営業部全体の方針を指示したり、資料を作成し取りまとめる一方で、部下に営業手法をアドバイスしたり、一緒に帯同して取引先企業を回ったりと、過去の経験を活かして後進の育成にも注力しています。そうしたマネージャー職へのキャリアアップは、前職に就いていた頃には考えもしなかったことですので、不安もありましたが、転職してみてよかったと思います。

close