ミドル・シニア世代必見!転職に役立つおすすめ求人サイト6選

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

ミドル・シニア世代が転職を成功させるには、効率的な求人探しがカギになります。

そこで今回は、ミドル・シニア世代が求人探しをするならおさえておきたい《おすすめ転職サイト6選》を、それぞれの世代向けの求人内容の違いとともにご紹介していきます。

あわせて、転職市場における「ミドル」「シニア」の年齢層の定義もご説明していますので、ぜひ最後まで読み、転職活動に活かしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

50代はどっち?転職市場「ミドル」と「シニア」の定義

若々しい50代男性

まず、転職市場で「ミドル」「シニア」と呼ばれる年齢層が、具体的にはそれぞれ何歳くらいを指すのか、説明していきます。

◆ミドルは35~50代前半まで、55歳以上はシニアに該当
東京しごとセンターでは、年齢層別の求人案内を、以下の基準で行っています。

34歳以下 若手
30~54歳まで ミドル世代
55歳以上 シニア世代


一方、エン・ジャパンが実施した「ミドルの転職 コンサルタントアンケート集計結果」によると、ミドル求人の対象年齢層の定義は「35~44歳」です。

以上のことから、求人を扱う媒体によって多少の差はあるものの、幅広く見ても「ミドル世代は35~54歳」まで、「55歳以上はシニア世代」と定義されていることがわかります。

一般的には定年退職を迎える60歳以上をシニア世代と考える風潮もありますが、転職市場においては、年代の認識にズレがあることを覚えておきましょう。

◆50代に入ったら「ミドル」「シニア」の両求人をチェック!
ここまでで紹介したように、転職市場において55歳以上は「シニア」とみなされます。

ただ、企業やサイトによってこの区切りはあいまいで、50代前半を対象とした求人が、シニア求人として公開されているケースもあります。

このため、貴重な求人の取りこぼしをなくすためにも、50代以上であればミドルとシニア両方の求人をチェックした方が良いでしょう。

ミドルとシニア、求人内容に違いはあるのか?

ミドルとシニアの違いについて考える男性

転職市場におけるミドルとシニアの年齢層について、理解できましたか?
次は、ミドルとシニア、それぞれを対象とする求人内容の違いを考えていきましょう。

◆ミドル・シニア求人の違い
以下に、それぞれの求人の特徴を3つずつご紹介します。

《ミドル向け求人の特徴》
・正社員求人も多い
・派遣やアルバイトであっても、フルタイムの求人が多くみられる
・プレーヤーの他、企業での管理職求人もある

《シニア向け求人の特徴》
・フルタイム勤務、正社員の求人が少ない
・清掃や検品などの軽作業と、顧問など専門的な職業で二極化している
・企業顧問として働くハイクラス求人が見られる


シニア求人では60歳以上の高齢者も対象としているため、体力的な不安などから、フルタイム勤務や正社員求人が少ない傾向になっていると推測できます。

一方、一般的にまだまだ現役世代である30~50代前半までを対象とするミドル求人では、比較的長時間の労働と若手の指導・管理の経験を求める傾向があるのが特徴です。

年齢にかかわらず、希望する働き方によって適した求人は変わります。
ミドルとシニア、それぞれの求人傾向の違いを知ったうえで、自分の年齢・希望条件にあう方で求人を探すと良いでしょう。

40代50代必見!ミドル・シニアの求人検索におすすめのサイト6選

おすすめサイトを見て喜ぶシニア女性

最後に、ミドルとシニアの求人探しに役立つサイトを6つご紹介します。

よく確認して、あなたの転職活動に役立ててくださいね。

◆ミドルの求人検索におすすめのサイト
FROM40
40代以上を対象とした求人を専門に扱うサイトです。
求人の検索・応募ができるページと合わせて、経歴に合う企業からのスカウトを受けられるスカウトサービス「FROM40ネオ」も運営しています。

enミドルの転職
大手転職サイトであるエン・ジャパンが、ミドル世代向けに運営しているサイトです。
求人を検索できるのはもちろん、専門の転職エージェントが案件探しから面接アドバイスまでサポートしてくれます。

リクナビネクスト
業界最大手のリクルートが運営するサイトです。
若手からミドルまで、幅広い世代を対象とした豊富な求人を検索できるのが特徴です。

40代でも転職できる!転職活動の方法とやっておくべきこととは

◆シニアの求人検索におすすめのサイト
マイナビミドルシニア
株式会社マイナビミドルシニアが2017年10月3日よりリリースする、40~60代までの男女を対象とした求人サイトです。

シニア求人ナビ
50代60代のシニア世代に特化した求人サイトです。
さまざまな雇用形態・重視する条件・職種から、求人を検索することができます。

i-common
経営や管理職経験のあるシニア世代を、企業顧問として採用することに特化したサイトです。
専門分野を登録しておけば、シニア世代のノウハウを求める企業への紹介が受けられます。

今はシニア世代が活躍中!企業から求められる求人のポイントとは

ミドルにもシニアにも、まだまだ仕事で活躍する機会はあります。
この記事を参考にしながら、自分の年齢層にあう求人を探してくださいね。

▼合わせて読みたい!
希望にあわせて働き方自在!シニア派遣の魅力とおすすめサイト7選
シニアの転職を成功させる!地元密着の求人探しのコツ《東京編》
ミドル女性の求人が急増中?!転職・再就職を狙うなら今がチャンス
40代女性の悩みはココで解決!タイプ別対策でミドルの転職成功へ

年収

新着記事

関連する記事