40代プログラマーがSwiftを生かした転職でキャリアアップ!

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>40代のITエンジニア&デザイナー必見!業界スペシャリストがあなたの転職を徹底サポートしてくれます。

「専門的な知識やスキルを活かして転職したい」実務経験を重ねてきた40代のあなたにオススメなのが、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職支援サービス『レバテックキャリア』です。

技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心ですね。

キャリアアップを目指す方や業界のプロの転職サポートを受けたい方は、今すぐ登録を!

レバテックキャリア公式サイトで無料登録

今話題のSwiftを生かして、キャリアアップをしようと思ったことはありませんか?

40代プログラマーが転職するには、ある程度のスキルや実績が不可欠ですが、Swiftは転職でも有利になる可能性が高い言語です。

さらに転職市場でも高い年収が設定されていることが多い言語でもあります。

その理由について、詳しく解説していきます。
最後まで目を通して、自分のキャリアに合った転職の参考にしてくださいね。

・たった5分で40代のエンジニア転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

Swiftとは

Swiftプログラマーについて

まずは、Swiftとはどのようなプログラミング言語なのか、その特徴を見ていきましょう。

Swiftとは、2014年にApple社が発表した新しいプログラミング言語です。

iPhoneやMacなどのApple製品のアプリをはじめ、Webアプリケーションの開発をすることができます。

さらに2015年にSwiftのコードが公開され、誰でも自由に改良することができるようになりました。

今までApple製品のアプリ開発に特化して使われてきたObjective-Cにはなかった、汎用性の高い言語です。

さまざまな可能性を秘めた言語であり、今後習得するプログラマーも増えていくと言えます。

人気急上昇?!Swiftの需要

Swiftプログラマーの需要

Swiftは需要増加率が600%とも言われている人気急上昇中の言語です。
ここでは、そのSwiftの今後の需要を見ていきましょう。

・将来性がある
Swiftは最近需要が拡大傾向にある、RubyやPythonなどが持つ長所でもある、書きやすさを取り入れています。

また、今までのObjective-C言語とも互換性があり使いやすさや移行のしやすさからも需要が拡大していくと見込まれています。

・安定性がある
Swiftはプログラマーの人的ミスによる不具合が起こりづらいという特徴があります。

そのため、安定してアプリやシステムを稼働するために必要となる、高いコードの安定性を保つことができます。

・リアルタイム性がある
Swiftで大きく変更された特徴の1つが、「Playground」という環境です。

開発段階では、コードの追加や修正によって動作がどのように変わるかを、実際にシステムやアプリケーションを実行して確認する必要があります。

でもSwiftではPlaygroundを使って、追加や修正をリアルタイムで確認することができ、その分の手間や時間を省くことができます。

開発をよりスムーズに進めることができます。

エンジニアの求人一覧はこちら

▼合わせて読みたい!
40代でIT業界に転職!求められている人材とは?求人事情と職種を解説
40代《エンジニアの求人》職種やスキル、キャリアアップの道とは?

Swiftの年収が高めの理由

Swiftプログラマーの打ち合わせ風景

新しいプログラミング言語であるSwiftの平均年収は総じて高めに設定されています。

Swiftの年収は、転職市場でも高めに設定されていることが多く、1000万円を超える年収を提示している場合もあります。

その理由を詳しく見ていきましょう。

◆作れるものが幅広い
Swiftで作れるものは、iPhone、iPodtouch、iPadアプリはもちろん、Mac専用のPCアプリ、今話題のApple watchのアプリなど、人気のアップル製品のアプリケーションを作ることができます。

今後も新しい製品が開発される可能性が高く、さらに技術が求められるため年収も上がっていくことが見込まれます。

また他の言語で作られていたWebアプリケーションやWebサーバーなども、Swiftで作ることができるようになり、積極的にSwiftを取り入れる企業も増加傾向にあります。

Swiftの経験を持つ40代プログラマーは貴重な人材と言えます。

◆マネジメントできる人材が少ない
まだ歴史が浅く、十分なスキルを持つプログラマーが少ないこともあり、マネジメントや人材育成のできる人材は貴重です。

そのため、スキルもマネジメント力もある経験豊富な40代プログラマーの年収は高めに設定されている場合が多いと言えます。

まとめ

新しいプログラミング言語のSwiftは、新しい仕事のチャンスの可能性もあり、今後さらなる需要拡大が見込まれる言語です。

プログラマーとしてのキャリアアップや年収アップを考えている40代なら、転職してかなえるチャンスもあります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼合わせて読みたい!
【40代でプログラマーに転職】業務内容から働き方のコツまで徹底解説
中高年の転職!プログラマーの仕事内容と採用担当者が欲しい人材とは

年収

新着記事

Ttl new

関連する記事