40代プログラマーがJavaScriptの強みを生かして転職!

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>40代のITエンジニア&デザイナー必見!業界スペシャリストがあなたの転職を徹底サポートしてくれます。

「専門的な知識やスキルを活かして転職したい」実務経験を重ねてきた40代のあなたにオススメなのが、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職支援サービス『レバテックキャリア』です。

技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心ですね。

キャリアアップを目指す方や業界のプロの転職サポートを受けたい方は、今すぐ登録を!

レバテックキャリア公式サイトで無料登録

JavaScriptは、その多様性などから人気が高まっているプログラミング言語です。
そんなJavaScriptの技術を生かしてさらにキャリアアップを考えたことはありませんか?

今回はJavaScriptの強みや今後の需要を解説していきます。

40代からの転職を成功させるためのコツもご紹介しています。
最後まで目を通して、今後のキャリアプランの参考にしてくださいね。

・たった5分で40代のエンジニア転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

JavaScript(ジャバスクリプト)の強み

JavaScriptJavaScript(ジャバスクリプト)イメージ

JavaScript(ジャバスクリプト)を生かした転職をするためには、JavaScriptの特徴や強みを理解しておくことが重要です。

まずは、パソコンやスマホ、車など生活のあらゆるところに使われているJavaScriptの強みを見ていきましょう。

JavaScriptは、Webページに動きをつけるためのプログラミング言語です。

今のWebページはHTMLでページの構造を作り、CSSでデザインを決めてJavaScriptを使って動きをつけるのが一般的です。

そのため複数の言語と合わせて使うことが多く、JavaScript単体での技術では仕事の幅が広がるとは言えません。

この動きは、単純にデザイン的なものばかりではありません。

例えばユーザーがパスワードを入力する際に無効の文字を入力すると警告メッセージを出して知らせてくれる場合にも使われています。

つまり、ユーザーが使っているデバイス上で、その場でタスクを実行できるのです。
JavaScriptは、ユーザーが快適にWebサイトやサービスを使うために不可欠な言語と言えます。

JavaScript(ジャバスクリプト)の今後の需要は?

プログラマーの仕事をしている人の手とパソコン

ではJavaScriptを使った仕事の今後の需要はどうなるのかを見ていきましょう。

・さまざまな開発に必要
JavaScriptはWebサイト、アプリ開発などさまざまな分野で必要とされる技術です。
ビジネス拡大のために使われるため、今後も需要の拡大は見込まれます。

・多様なプリケーションを作ることができる
JavaScriptは、2015年に発表された「Electron」を使用すれば、Windows・Mac・Linuxの全プラットフォームで動作するデスクトップアプリケーションを作ることができます。

またFacebookによって開発された「React Native」を使用すれば、iOSとAndroidアプリケーションのUIデザインの開発も可能です。

Webサイトはもちろん、今後も需要拡大の可能性のあるスマホアプリまで、幅広い開発ができます。

プログラミング言語として汎用性の高いJavaScriptは、今後も新しい拡張言語やライブラリ、フレームワークも増えていくことが予想されます。

JavaScriptを使うことで生産性が上がり、今後ますます需要が高まる言語と言えます。

40代からプログラマーが転職するには

鍵を持つ会社員の男性の手

ここでは、40代でのプログラマーが転職するためのコツを見ていきましょう。

・今後のキャリアプランを明確にしておく
それまでの実績やスキル、マネジメント経験なども踏まえて、その経験を生かせる職場を探してさらなるキャリアアップや年収アップを目指すなど、今後のキャリアプランを明確にしておきましょう。

40代での転職は「ただ現職を辞めたい」「待遇に不満があるから転職したい」などといった理由では難しいのが現状です。

まずは自分のキャリアプランをきちんと考え、それに合う転職先を探すように心掛けましょう。

・自分の市場価値を把握しておく
これまで一つの会社でしか仕事をしたことがない人は、社内での評価が「自分の価値」だと思ってしまいがちです。

そんな人が転職活動を始めると、転職先が求めているスキルとのギャップに戸惑ってしまう場合があります。

まずは客観的に自分のスキルを把握することが重要です。
その上で自分の強みがどこにあるのかを知り、自分に合った転職先を探すことができます。

エンジニアの求人一覧はこちら

▼合わせて読みたい!
40代でIT業界に転職!求められている人材とは?求人事情と職種を解説
40代《エンジニアの求人》職種やスキル、キャリアアップの道とは?

まとめ

プログラマーは「どこで働くか」も大切ですが、「何を作るのか」が重要なのではないでしょうか。

転職は、より充実した仕事をするためのひとつの手段にすぎません。
必ずしも転職がよい結果を生むわけではなく、どこに自分の価値を見出すのかも大切です。

自分のスキルやキャリアをよく考えた上で、転職活動を進めてみてくださいね。

▼合わせて読みたい!
【40代でプログラマーに転職】業務内容から働き方のコツまで徹底解説
中高年の転職!プログラマーの仕事内容と採用担当者が欲しい人材とは

年収

新着記事

Ttl new

関連する記事