ミドルからキャリアアップも狙える!ネットワーク監視の仕事とは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

ネットワーク監視の仕事でキャリアアップを考えたことはありませんか?
監視の仕事はネットワークエンジニアの中でも、運用段階では欠かせない業務です。

今回の記事では、企業や人を支えるネットワーク監視の仕事や必要なスキル、将来のキャリアパスまで詳しく解説します。

最後まで目を通して、参考にしてみてくださいね。

目次

ネットワーク監視の仕事とは

ネットワーク監視の仕事をしている人

インターネットやインフラといったネットワークが欠かせない今、ネットワーク監視の仕事は重要視されています。

《具体的な業務》
ネットワークの障害や機能が低下しないように常時監視するのが仕事です。

万が一障害などが起きた場合は、自分で対処できる障害は対処し、できない場合はシステムやネットワークの管理者へ連絡するなど速やかな対応が求められます。

また不正なアクセスやトラフィック量の監視など、ネットワーク全般の保守や管理に関わる業務を行います。

▼合わせて読みたい!
40代未経験OK?ネットワーク監視求人の魅力と応募時の注意点
40代ネットワークエンジニアへの転職!運用の仕事内容と転職状況

ネットワーク監視に必要なスキル

ネットワーク監視のスキルを持った人

次に、ネットワークの監視に必要なスキルを見ていきましょう。

◆専門的な知識
サーバのコマンドの基礎知識は必要になります。
またトラブルシューティングや監視ツールに関する知識も求められます。

◆集中力
仕事中は常に画面に集中しなければならないため、集中力が求められます。

また24時間必要な業務のため、夜勤などもあります。
夜勤や交替制での不規則な勤務でも集中力を保てることが必要です。

◆忍耐力
エラーやトラブルなどが起こらなければ、画面を確認することが主な業務になります。
座りっぱなしでルーチンワークをこなすことができる忍耐力も求められる仕事です。

ネットワークエンジニアのキャリアパス

ネットワークエンジニアのキャリア

ここではネットワークエンジニアとしてのキャリアパスを見ていきましょう。

◆インフラエンジニアとしてキャリアアップ
ハードウェアの監視業務の経験を生かしてサーバエンジニアになったり、トラフィック監視業務を生かしてネットワークエンジニアなどにキャリアアップを目指すこともできます。

どの道へ進むのか、業務に携わりながら探してみるのもキャリアアップの方法です。

◆ベテランエンジニアを目指す
ネットワークエンジニアを続けて、チームリーダーなど現場でのマネジメント職を目指す道もあります。

優秀なエンジニア兼マネジメントができる人材は、企業にとっても貴重な存在です。
現場でのベテランを目指すこともキャリアのひとつと言えます。

◆ITコンサルタントを目指す
エンジニアとしてネットワーク系の知識や経験を積んで、ITコンサルタントという職種も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

企業への提案や折衝など、企業の課題をヒアリングして最適なIT環境を整える提案ができれば、将来へのキャリアアップになります。

いかがでしょうか。
ネットワーク監視の職種は、今後もさまざまな業界で活躍できる仕事と言えます。

さらなるキャリアアップも目指すことができます。
ネットワーク監視の仕事に留まることなく、スキルアップをして自分のキャリアにつなげる道を見つけてくださいね。

▼合わせて読みたい!
40代未経験OK?ネットワーク監視求人の魅力と応募時の注意点
40歳から未経験職種に転職したい!成功しやすい職種&資格リスト

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new