40代で生産管理への転職の実態とは?仕事内容と職さがしのコツをご紹介

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

生産管理の仕事に興味をもったことはありませんか。

ひとくちに生産管理と言っても、その仕事内容や種類はさまざまです。

今回は、生産管理に転職をお考えの40代の方向けに生産管理への転職の実情や、お役立ち情報を中心にご紹介します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 利用したい介護転職支援サービスNo.1サイト(※)
  • 担当キャリアアドバイザーに仕事の紹介から入社後のアフターフォローまで全面的にサポート
  • (※)アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
コールセンターを希望の方
  • 在宅コールセンターの『コールシェア』
  • 業務内容はリサーチやカスタマーサポートなどさまざま。PCやネット環境がなくても、スマートフォンではじめられます
  • 副業としてお仕事も可能
女性・ママ向け
  • これまで培ったスキルを活かせる時短・在宅勤務の職場を紹介してくれるサービス
  • 仕事内容は企画・マーケティング、営業、人事、秘書、経理、財務、広報、デザイナー、エンジニアなど多岐にわたります

生産管理への転職!その前に知りたい仕事内容とは?

生産管理の男性

「生産管理」とは、ものが作られてから市場に出るまでをトータルで管理する仕事です。

では「生産管理」の具体的な業務内容はどのようなものなのでしょうか。

◆製品の販売計画の立案、企画
市場調査を行って集めたデータをもとに、新製品販売の計画・企画を考えて提案し、製品の設計を行います。

◆原料の価格調整や発注
計画にもとづき、原料の価格調整を行い、発注先と価格交渉を行いながら最終的な発注先を決定します。

◆納期や在庫の管理
原料の発注が決まったら、作業員を割り当て、原料の納期管理や、在庫の管理を行います。
また、工程管理や品質の管理も行います。

「生産管理」は、製品の製造計画がスムーズに進行しているか、また各工程において適切な指示を出す判断力が求められる、いわば生産の「司令塔」のような役割を持つ仕事なのです。

生産管理に転職したい!求人需要の背景と実態

品質管理の現場

では、企業における「生産管理」の現場の実態や、求人の需要は実際のところどうなのかという点をみていきましょう。

《現場の実情》
◆「生産管理」は重要な裏方
「生産管理」の職場環境は、多くの場合工場や倉庫勤務となります。
黙々と裏方で行う仕事が多いため、目立つ仕事ではありませんが、企業の基礎である製品などを管理する職業であるため、企業の要といえます。

《求人の需要》
◆「生産管理」の求人は少ない
業務における基礎知識や経験を重んじる傾向があるため、未経験者での求人は少なめです。
また、同じ生産管理でも製品の違いによって必要な知識や経験が異なる場合があるため、どの部門への就職を望むのかの見極めが必要でしょう。

しかし、経験者を必要とする一方で、知識を承継する若手人材を募集も一定数あります。

生産管理への転職で役立つおすすめ資格4選

生産管理のポイント

「生産管理」の求人では、実務経験のある方が優遇されますが、未経験だからといって諦める必要はありません。

未経験でも、資格を材料にアピールすることができ、また実務経験者にとってもスキルの証明になります。

では、どんな資格が役立つのでしょうか。

◆生産管理プランニング
生産ラインの流れを総合的に管理するための資格で、試験範囲は6分野にわたり、生産時の製品設計・製造管理に関する知識を持っていることの証明になります。

◆生産管理オペレーション
生産のシステムを運用面からサポートするための資格で、試験範囲は大きく8つに分かれます。

工場内の設備から、部品や原材料の管理、在庫や納期などの管理もこれにあたります。

◆生産マイスター
日本能率協会マネジメントセンターで27年の歴史を持つ、生産活動に関するトータルな管理・改善技能の習得を目的とした資格です。

◆中小企業診断士
中小企業の経営課題に対して適切な診断・助言を行うための専門資格で、経済産業省が実施している国家資格です。

資格取得の難易度は比較的高いですが、持っていればプロジェクトの運営・管理に関する知識が身に付き、生産管理の仕事に役立つのでおすすめです。

いかがでしたか?

「生産管理」という仕事は、企業において重要なポジションにあり、なかなか奥の深い仕事です。
未経験でも、自身の適性や、資格の取得に挑戦すれば転職も可能です。
この記事が、生産管理を目指す人の助けとなれば幸いです。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new