40代の転職、行き詰まっても活路を開くためにしておきたいこと

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

バブル崩壊後に始まった日本経済の低迷期。
古き良き時代の年功序列や終身雇用はもはや存在しません。
目まぐるしく変化する時代の流れ、
成果主義がまかり通る弱肉強食の世界。

新卒ですら仕事探しが困難な中、
40代50代が生き残るには何が必要なのでしょうか。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • 未経験でも安心の大手派遣会社
  • 特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • 正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • 半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

家族のために働いてきた40代50代

1421721664_80133.jpg

1945年、太平洋戦争が終結し連合軍統治の下、日本の戦後復興が始まりました。
戦争を生き抜いた逞しい日本人たちは、
今日を生きるのが精一杯という世の中にもかかわらず、
先祖から受け継いできた勤勉さと忍耐力を武器にして、
家族のため国のため、そして自分自身のために必死で働きました。

その力強いDNAを引き継いだ世代がさらなる労力を重ねて、
日本の高度経済成長を支え先進国の仲間入りをさせたのです。

しかし現在、家族を養うためにあくせく働いてきた40代50代の中高年たちは、
リストラやグローバリゼーションの波に押され、
困難な仕事探しを強いられています。

この状況を生き抜いていくというのが、どれほど大変なことなのか。
当事者でないと分からないかもしれません。

未来永劫続くと信じてやまなかった自分の会社が倒産した人、
欧米から流入してきた成果主義についてゆけなかった人など、
それぞれの事情で再就職を余儀なくされています。

なぜ再就職が問題となっているのか?

そもそも、なぜ40代50代の中高年の再就職が注目されているのでしょうか。

それは、バブル崩壊から続く日本経済の長い低迷期によります。
高度経済成長を遂げた日本社会では、
年功序列、終身雇用というとても有難い習慣が定着していました。
同じ会社で一生懸命働き、勤続年数を増やしていけば給料も上がり、
定年まで安心して働けるというものです。

このシステムは会社が存続することが前提となっており、
実際に社員達は自分の会社が潰れることなど考えもしていなかったのです。

ところが、バブル経済はその名の通り泡のごとく弾け飛び、
成果をあげない者は容赦なく切り捨てられることとなったのです。

バブル崩壊後も何とか生き残っていた者も、
2008年のリーマンショックがもたらしたさらなる不況による
リストラの波にもまれてしまいました。

40代50代と言えば、まだまだ働き盛りです。
だからと言って、20代の若者より仕事探しが不利なのは火を見るよりも明らかです。

中高年の就職率は全国平均わずか4.3%です。
この厳しい状況を生き残るには柔軟な思考を持って、
速やかに仕事探しを進めなければならないでしょう。

少子化がもたらした中高年需要!

40代50代の中高年にとって仕事探しが困難であることは間違いありません。
しかし、本当に絶望的な状況なのでしょうか。

現代の日本では少子高齢化が叫ばれています。
2013年には出生数が103万人にまで落ち込み、
2020年には100万人を切るのではないかとまで言われています。

これはつまり、企業にとっては労働力の低下という深刻な状況を意味します。
企業にとって人件費は悩みの種です。
しかし、人がいなければ企業活動は出来ません。
工場などは機械化が進んでいますが、
それでもやはり人力というのはどの業種にも求められています。

ということは、40代50代の中高年は格好の求人対象となりえるのです。
さらに、この世代には長きに渡る社会人経験という
新卒には無い強みがあります。

この強みに、パソコンスキルや語学スキルなど実践的な能力が備われば、
仕事探しは格段に有利となります。

つまり、努力次第で仕事を勝ち取ることは十分に可能であると言えるでしょう。


企業が求めるものと、自分の経験をマッチングさせれば活路は開ける!

1421721757_49913.jpg

人間誰もが、慣れ親しんだ環境を離れて新しい場所へ行くのは
不安に感じるものです。

昔を思い出して見て下さい。
小学校を卒業して、中学、高校と環境が変わっていきます。
そして、社会に出る時はそれまでにない不安に襲われたのではないでしょうか。

たとえ若者であっても仕事探しというのは大変なものです。
挫折や成功など様々な経験を積んできた40代50代の中高年にとっては、
環境を変えるというのはさらなる労力が必要となります。

しかし、そこで負けてはいけません。
少子化に伴い、多くの企業が世代を限定せずに求人を出しています。
60代70代でもその経験を生かした職場で元気に働いている例も少なくありません。

重要なのは、企業が求める人物像を思い描くことです。
それはコンピューターを扱う能力かもしれませんし、
堪能な英語力かもしれません。
あるいは、長年培った営業の経験かもしれません。

中高年の仕事探しは短期決戦が一番です。
自分の経験してきたことに自信を持って、それに合う企業を見つけましょう。
そうすれば必ず活路が見出せるはずです。
▼合わせて読みたい!
転職したい40代主婦は必見!採用のコツとやるべき4つのステップ
40代女性の転職が有利な業界や働き方&就職前に考えておくべき3つのこと
40代転職の必勝法!面接でよくある質問と自己紹介の回答例とコツ
40代の転職、データで見る中高年の転職事情!就職活動を成功させるコツとは

【40代50代歓迎の求人特集】中高年に人気の求人を探す!

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、中高年向けの求人を探してみませんか?

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

年収