他の人よりアピールできることを増やすことが大事

公開日:2018年10月25日
前職
職種:
レストラン・専門料理店(店長・店長候補)
業種:
外食・レストラン・フードサービス
年収:
350万円
現職
職種:
一般事務
業種:
建設
年収:
430万円
転職活動期間:
3ヶ月
転職方法:
人材紹介会社

転職理由

元々はファミリーレストランの店長として働いていましたが、バイトのシフトの穴埋めも自分がしなければいけなかったために残業が多くて忙しく、定年まで肉体労働をすることに不安を感じ、一般事務への転職を決めました。

転職活動の振り返り

事務職として働いた経験が無かったため、転職活動を始める前に事務職として働くために必要なスキルを身につけようと思い、まずは資格を取得することから始めました。転職前に取得した資格に関しては、簿記2級とMicrosoftOfficeのWord、Excel、社会保険労務士の4つです。学習にかけた時間に関してはまずMicrosoftOffice関連の資格2つの勉強を1ヶ月程度行い、ほぼ同時に受験・合格しました。この2つに合格した後に簿記2級に挑戦し、こちらに関しては4か月程度の学習で合格出来ました。

一番難しかったのが社会保険労務士試験です。一般事務として働くには必要ないかもとは思いましたが、未経験で40代という条件での転職だったために他の人と差をつける目的で受験しました。ただ、簿記の勉強をしていたのである程度のベースはあり、半年程度の学習で一発合格出来ました。
最終的にこの4つの資格をすべて取るうえでかかった期間は1年くらいだと思います。

そして、社会保険労務士の合格と同時に転職活動を始めました。自力で転職先を探すのは難しいと思っていたため、ハローワークと転職エージェントに登録して転職先を探しましたが、やはり40代で事務職未経験だったために、待遇が良い求人を探すのには苦労しました。最終的に転職エージェントから紹介して頂いた建設系中小企業の一般事務の求人に応募し、内定を取ることが出来たので、現在もここで働いています。
転職活動にかかった期間に関しては3か月程度で、7社の面接を受けて内定を取ることが出来たのは2社でした。

転職活動中の人へ、アドバイス

40代で未経験の職種への転職はなかなか難しいと感じます。私自身もかなりやる気をアピールしたものの、内定を取ることが出来た企業が2社だけでかなりへこみながら転職活動をしていました。

ただ、転職活動をするうえでわかったことは、「資格は必ず強みになる」と言う点です。社会保険労務士の勉強は仕事がある中睡眠時間を削って行っており挫折しかけましたが、内定を取れた決定打は社会保険労務士の資格を持っていたことでした。

難関資格を働きながら取得することはかなり大変ではありますが、企業に対してやる気をアピールすることが出来ます。そのため、一般事務に限らず未経験への職種へ転職する場合は難関資格に挑戦してみるのが良いと思います。

転職後の現在の状況

現在は経理や労働時間の管理など企業の事務に関連する業務全般を任せてもらっています。肉体労働からデスクワークに転職したので、やはり体力的な負担が少なく、定年まで働こうと思える職場であることに安心しています。

close