どんな40代女性も正社員に転職できる!4つの根拠と成功のコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

収入や生活の充実のために正社員に転職したいけど、年齢的に難しいと思い込み、転職活動を躊躇してしまう40代女性は少なくありません。

今回は、アラフォー以上向けの転職サイトを運営する私たち「FROM40」が、40代女性の正社員が十分可能と考える4つの根拠をご紹介します。

あわせて、40代女性があげがちな3つの条件下で正社員転職を成功させるコツや、正社員転職で損をするケースも解説しているので、参考にしてくださいね。

《40代女性の転職を成功させるなら、登録しておくべきスカウトサービス》

目次

40代女性の転職は無理じゃない!言い切れる4つの理由

女性の40代転職を推奨する人たち

総務省統計局の「労働力調査(詳細集計)平成29年(2017年)平均速報~結果のポイント~」では、雇用されて働く40代女性の非正規職員率は47.5%と報告されています。

男性や20代女性に比べると、現実としてまだまだ正社員率の少ない40代女性ですが、40代女性が正社員として転職することは、決して不可能ではありません。

私たちは以下の4つの根拠から、40代女性の正社員転職は十分に可能だと考えています。

《1》雇用の流動化により、年齢を問わない転職が一般化したから
近年では終身雇用を行う企業が減ってきており、雇用の流動化がすすんだため、性別・年齢を問わず転職を経験する人も増えてきました。

実際に40代以上を対象とした正社員求人も増えてきていて、たとえばFROM40で正社員という条件で調べると、全国で9000件以上の正社求人がヒットするほどです。

【合わせて読みたい】
40代女性にピッタリの求人が見つかる!おすすめ転職サイト10選

《2》少子高齢化により、労働力が不足しているから
近年の少子高齢化により、年齢や結婚・子供の有無にかかわらず、働く意欲・能力のある女性は貴重な労働力として重宝されるようになってきました。

《3》政府が女性の雇用・活躍を推進しているから
前述した「雇用の流動化」「少子高齢化による労働力不足」という背景を受けて、政府も女性が正社員として働けるよう、社会整備していくという方針を掲げています。

《4》企業側にも、40代女性を受け入れる体制ができてきたから
中小やベンチャーを中心に、年齢・性別を問わない正社員採用や、働く時間に制限のある30~40代主婦をメインターゲットとした時短正社員などの制度が誕生しています。

【合わせて読みたい】
40代でベンチャーに転職して失敗しないために知っておきたいこと

40代女性が、正社員への転職を成功させるには?

40代での転職を成功させた女性

40代の転職者には即戦力性が求められるため、40代女性が正社員転職を目指す場合にも、基本的には過去のキャリア・経験を活かせる企業を選ぶのが成功の近道です。

しかし、長期のブランクや家庭の事情、本人の強い希望などにより、過去のキャリアを活かした転職先を選べない・選びたくないという方も少なくないでしょう。

そこでここからは、40代女性が正社員転職を成功させるためのコツをご紹介します。

条件にあがりがちな「主婦からの転職」「未経験への転職」「事務への転職」の3パターンに分けて2つずつご案内しているので、参考にしてくださいね。

【合わせて読みたい】
40代女性が転職で成功するには?正社員雇用には市場把握が大事

◆40代女性「主婦」が正社員になるには?

・正社員経験がなくても、過去のキャリアや経歴から仕事能力をアピールしよう!
・ブランク期間中のパートや勉強内容から、キャリアの一貫性をアピールしよう!



【合わせて読みたい】
【40代女性の転職】未経験・ブランクから正社員を目指すには?
40代主婦も正社員採用を勝ち取れる!狙うべき仕事と成功のコツ

◆40代女性が「未経験職種」で正社員になるには?

・過去の経験から未経験職種で活かせる部分を探し、関連付けてアピールしよう!
・接客やサービス関連職など、40代女性への需要が高い職種が採用されやすい!



【合わせて読みたい】
アラフォー女性は転職できる!状況別、おすすめの転職先12選

◆40代女性が「事務」の正社員になるには?

・実務未経験の場合は、まずは非正規雇用で事務の実務経験を積もう!
・事務能力の証明となる、ITパスポートやMOS取得を検討しよう!



【合わせて読みたい】
解説!40代女性が事務系の仕事に転職する方法と成功のコツとは
40代女性の転職を有利にする資格10選と自分に合う資格の選び方

40代女性が正社員になると損をすることも!?

正社員転職の損について考える40代女性

40代ともなると個人が抱える事情も多様化しているため、人によっては正社員への転職が向かないケースもあります。

以下のパターンに当てはまる場合は、正社員に転職すると身体的な無理や金銭的な損をする可能性がありますので、自分に必要な転職についてもう一度考えてみましょう。

【合わせて読みたい】
目指せ正社員!40代以上必見の転職先求人の探し方&注意点とは
40代女性の「正社員になりたい」は叶う!成功のためのコツとは

◆家庭を優先して、労働時間を調整する必要がある場合
育児や介護など、どうしても家庭を優先したい事情がある場合は、週5日勤務先に通って8時間労働という正社員の労働体制は、実現が難しいこともあります。

◆正社員になることにパートナーの理解が得られない場合
家庭に重きを置くことを求められがちな40代女性が正社員で働く場合、いかに家庭と仕事を両立するかは大きな課題です。

正社員転職を成功させた後もパートナーの協力を得られず、就業前と変わらない家事負担を強いられるようなら、身体的に無理が出てくるかもしれません。

◆正社員になることで、金銭的な損失が見込まれる場合
現在、パートナーの扶養家族として配偶者控除を受けている40代女性は、給与年収が150万円を超えると配偶者控除を受けられなくなってしまいます。

正社員になることで収入が増えても、扶養家族から外れることで場合によっては損する可能性もありますので、あらかじめよく調べてから決定してくださいね。

いかがでしたか?
この記事を参考に、40代の今のあなたが望む女性の正社員転職を成功させてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new

関連する記事