必見!すべての30代女性が、転職成功のために守るべき3つのコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

30代女性には「もっとキャリアアップしたい」「将来を見越して働き方を変えたい」など、社会人経験を積んだからこその理由で転職を考える人が多いですよね。

今回は、30代女性が転職を成功させるために守るべき3つのコツを、陥りがちな失敗の落とし穴や、転職事情の解説とあわせてご紹介します。

20代に比べて、転職先に求める条件が多様化する30代女性に役立つ内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

《30代女性の転職を成功させるなら、登録しておくべきスカウトサービス》

目次
[neolink]

2つの目線から探る、30代女性の転職事情

転職を成功させた30代女性

ここではまず30代女性の転職事情について、「30代女性が転職する理由」「30代女性が企業側から求められていること」の2つの視点から、探っていきましょう。

◆女性が30代で転職を考える理由
働き方・仕事に対する考え方の変化や、結婚・出産などの重大なライフイベントによって転職することの多い30代女性の転職理由としては、以下のようなものが考えられます。

・ある程度キャリアを積んだので、自分の実力を他社で試してみたい
・これまでの経験を評価してくれるところで、キャリアアップしたい
・20代までの働き方に疲れたので、働き方を変えたい
・結婚や出産の予定があるので、これを見越して制度の整った会社に移りたい



◆30代女性が企業側から求められていること
一方、企業や転職市場は、30代の女性転職者に対して以下のような条件を求めています。

・社会人として、これまでに一定の経験を積んできていること
・入社後に即戦力として活躍してくれるような、専門性・経験を持っていること
・ライフイベントに左右されずに、長く働き続けたいという意思があること
・入社後にある程度実績を積んだうえで、時短や休暇制度を使ってくれること



両者の視点から、
・女性側には今後の働き方の変更を前提とした転職希望者が一定数いる
・企業側は即戦力としてしっかり働く意思と能力のある女性を求めている
という現状が見えてきますね。

【合わせて読みたい】
30歳女性の転職を成功させる!知っておくべき3つのポイント
何歳でも成功できるはず!女性が年齢に関係なく転職成功させるには

30代女性の転職成功を阻む「落とし穴」とは

30代転職の落とし穴に落ちた女性

ここからは、前項でご紹介した現状を踏まえて、30代の女性転職者が陥りがちな「転職成功を阻む2つの落とし穴」について解説していきます。

◆まったくの未経験で、倍率の高い職種をめざしてしまう
企業側は30代の女性転職者にある程度の「即戦力性」を求めているため、20代の頃に比べて、未経験職種への転職成功が難しくなります。

例えば、ワークライフバランスがとりやすいとして人気の事務系職種は、もともと倍率が高いうえスキルに差が出にくいので、同じ未経験なら20代女性が優先的に採用されます。

未経験で倍率の高い職種は、30代女性の転職先としては不向きだと覚えておきましょう。

【合わせて読みたい】
20代30代40代の年代別!女性の転職に役立つ資格ランキング

◆面接で「権利」「待遇」を主張しすぎてしまう
産休・育休・時短勤務などの休暇や勤務体制の変更は、従業員に認められた正当な権利ですが、基本的には「一定の実績を積んだ従業員」に向けた制度です。

本来なら、社歴に関係なくこういった制度を利用できる環境が望ましいのですが、まだ実績のない新人が了するのは、なかなか難しいという現実があります。

面接で子育ての支援制度や待遇面への魅力だけを語り、これらを早々に利用することを前提とした主張は企業側に敬遠されますので、辞めた方が良いでしょう。

【合わせて読みたい】
30代で子持ちの女性も転職できる!成功事例から見る転職のコツ

30代女性が、転職成功のために守るべき3つのこと

30代女性の転職を成功させるコツ イメージ

最後に、難しい要素もあるなかで30代の女性が転職を成功させるために、守ってほしい3つのポイントをご紹介します。

よく確認して、転職活動中は心に留めておくようにしてくださいね。

《1》自分の経験・専門性を軸に転職先を絞る
即戦力性が評価対象となる30代の転職では、これまでに培ってきた経験・知識と、仕事に対する専門性が大きな武器となります。

転職先を選ぶときは、自分のこれまでのキャリアを評価してくれる業界・職種を軸にして選ぶと、成功しやすいです。

【合わせて読みたい】
40代転職成功の要!5分でできる、キャリアの棚卸し方法を解説!

《2》最低でも5年後くらいまでのキャリアプランを考えておく
結婚や出産などのライフイベントにより、30代で人生が激変する女性は少なくありません。

30代で転職するなら、人生の変化を見越して最低でも5年後(30代後半~40代前半くらいまで)のキャリアプランを描いたうえで、転職先の雇用形態・職種・業界を選びましょう。

【合わせて読みたい】
40代女性が自分らしく、幸せなキャリアを築くための考え方とは

《3》面接では相手に配慮しつつ、誠実に対応する
今後の展望やライフプランについて、面接で嘘をつくのはトラブルのもとです。

自分の希望や将来的なプランを伝えるときは、一方的に主張するのではなく、以下のように相手企業への配慮を織り交ぜたかたちで伝えると、納得してもらいやすくなります。

「子供が欲しいという希望はありますが、当面は仕事を頑張りたいです」
「いつか子供を授かることがあっても働き続けたいので、その時は産休・育休や支援制度を利用するかもしれません」



【合わせて読みたい】
正社員志望の全世代の女性必見!求人探しにおすすめのサイト11選
アラフォー女性は転職できる!状況別、おすすめの転職先12選

いかがでしたか?
働き盛りの30代女性の転職は、その後の生き方やキャリアを大きく左右します。

現在の状況と将来のことをよく考えて、後悔のない転職を叶えてくださいね。

新着記事