40代の技術職での転職に必須!転職を成功させる5つのステップ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>40代のITエンジニア&デザイナー必見!業界スペシャリストがあなたの転職を徹底サポートしてくれます。

「専門的な知識やスキルを活かして転職したい」実務経験を重ねてきた40代のあなたにオススメなのが、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職支援サービス『レバテックキャリア』です。

技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心ですね。

キャリアアップを目指す方や業界のプロの転職サポートを受けたい方は、今すぐ登録を!

レバテックキャリア公式サイトで無料登録

40代の技術職で転職を考えたことはありませんか?

エンジニアとして豊富な経験を持った40代を、積極的に採用する企業が増えてきています。
とはいえ、40代という年齢での転職は簡単ではありません。

今回は40代の技術職の人に向けた転職成功のポイントをご紹介します。

転職成功のステップもわかりやすく解説していますので、最後までよく読み、参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

40代の技術職が転職可能な理由

技術職の仕事をする人

まずは、40代の技術職が転職可能になってきている理由から見ていきましょう。

◆40代の求人が増えている
ひと昔前までは「転職するなら35歳まで」という35歳限界説が定説となっていましたが、昨今では労働力不足などの影響により、40代を対象にした求人も増えています。

また20代や30代といった若い世代では、まだまだ経験や技術力不足のため、経験もスキルも持つ40代を積極的に採用する企業が増えています。

◆40代の技術職に求められるスキルが変わってきている
これまでは40代で転職するには、マネジメント経験を求める企業がほとんどでしたが、プレイヤーとして高いスキルを持つ人材向けの求人も増加傾向にあります。

特に中小企業やベンチャー企業では若手の人材育成にかける時間や労力を短縮したいという希望もあるため、経験豊富な40代を求めている企業もあります。

知っておくべき!40代からの転職の落とし穴

転職の落とし穴

次に、40代からの転職で陥りがちな落とし穴を見ておきましょう。

●自分の市場価値を理解できていない
それまでの企業で高い評価を得てきた経験を持つ人であれば、自分のスキルを過信している場合もあります。

前職での実績はもちろん転職に有利になる可能性がありますが、その企業だったからできたこともあります。

特に大手企業での勤務経験がある人は、注意が必要です。
企業を出て一個人となった時でも通用する技術を身につけているのか、客観的に自分のスキルを見極めておきましょう。

●マッチしていない企業ばかり狙う
年齢やスキルなど、企業が採用したい内容にマッチしていないのに、自分の希望条件に合っているだけで応募しても採用に至ることはありません。

興味のある求人は、その企業がどんな人材を求めているのかを見極めることが重要です。

年齢であれば、「第二新卒歓迎」「平均年齢30歳」などの文言があれば、20代~30代を求めていることが読み取れます。

また「一から丁寧に指導します」「研修あり」などの文言があれば、経験者よりも未経験でもポテンシャル重視での採用であることがうかがえます。

40代からの転職なら「経験者優遇」「将来の管理職候補募集」「30代~40代活躍中」といった文言のある求人を探しましょう。

40代の転職成功5つのステップ

技術職へ転職成功した女性

ここでは、40代からの転職を成功に導く5つのステップをご紹介します。

1.40代向けの求人情報を探す
まずは40代向けの求人情報を探すことからスタートします。

ハローワークや求人情報誌などでも情報を集めることはできますが、情報は広くできるだけたくさん集めたいところです。

大手転職サイトで幅広く求人情報を集めるほか、40代という年齢に特化したサイトや技術職専門のサイトもあります。

そういったサイトを上手に活用して、自分に合う求人を効率よく探しましょう。

《40代技術職の転職を探すなら、絶対登録しておきたいスカウトサービス》

2.企業を研究する
応募してみたい企業が見つかれば、その企業を徹底的にリサーチしましょう。

どんな企業でどんな歴史があるのか、業界での立ち位置や今後の方向性などを調査・分析し、応募書類に落とし込みます。

3.40代の強みを生かした応募書類を作る
企業のリサーチを行い、企業のニーズがわかれば、それに合うようなスキルを打ち出した応募書類を作成します。

応募書類のすべてを一から作る必要はありませんが、志望動機や職務経歴書、ポートフォリオなどは企業ごとに作り直すことをおすすめします。

▼合わせて読みたい!
40代転職!履歴書と職務経歴書の作成から送付まで丸分かりガイド
40代転職を成功に近づける「履歴書」と「職務経歴書」の書き方

4.40代ならではの面接対策をする
40代の採用にあたっては面接で聞かれるポイントも、若い世代とは異なってきます。

特に気を付けたいのが、転職回数や転職理由です。
不満があったからという理由は、面接でストレートに言うことはおすすめできません。

待遇への不満だけではなく仕事のやりがいを求めて転職を決意した、といった前向きな理由を付け加えることで、面接でのイメージはかなり違ってきます。

▼合わせて読みたい!
40代以上の転職面接に役立つ!よく聞かれる質問&15の回答例
40代転職時に『面接』を成功させるには?面接前に知って得する6つの成功ポイント!

5.退職理由を用意する
採用が決まれば、現在勤務中であればスムーズに退職する必要があります。

経験豊富な人材だからこそ、企業も退職を引き留めるかもしれませんが、ここで退職に時間がかかると次の転職先にも迷惑がかかってしまいます。

上司や同僚にも納得してもらえるような退職理由をきちんと用意した上で、退職の準備を進めましょう。

▼合わせて読みたい!
スケジュール次第で可能?ボーナスを貰って円満退職を目指す方法

いかがでしょうか。
40代技術職での転職も、今はどんどん変わりつつあります。

40代という年齢を生かした転職先を見つけることもできます。
今回の記事を参考にして、転職を成功させてくださいね。

年収

新着記事

Ttl new

関連する記事

Ttl new