中高年の転職希望者は必読!これだけは知っておくべき転職成功術

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

中高年からの転職は難しいとあきらめていませんか?

確かに中高年の転職は厳しい面があります。
しかしあきらめることはありません!

今回は中高年の転職の現実を見極めた上で、転職成功術を解説していきます。
さらに転職して長く働くコツもご紹介します。

最後まで目を通して、参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

中高年の転職はやっぱり厳しい?!

中高年で転職を考える人

まずは、中高年の転職事情から見ていきましょう。

《転職によって年収が下がる》
転職によって年収が下がった割合は、44歳まででは約30%ほどなのに比べて、45歳以上ににあると約40%、50歳以上では約46%、と減少傾向になっています。
※厚生労働省による「平成27年転職者実態調査の概況」参照。

転職で年収アップを望むのは、かなり難しいことがわかります。

《求人数が少なくなる》
中高年層を採用する企業も少なくなってきます。

今は労働人口が減少しており、中高年でも戦力として活躍の場が広がっていますが、やはり定年に近い年齢という理由から、企業も採用にリスクを感じる場合もあります。

《未経験職種への転職が難しい》
中高年は未経験職種へキャリアチェンジすることが難しくなる年代です。

それまでの経歴やスキルを生かすことができる企業に絞られてしまうため、ますます応募できる求人が減ってしまいます。

中高年の転職を成功させるには、こうした現状をきちんと把握することで、転職への覚悟や動き方を変えていくことが必要です。

中高年の転職成功術

中高年で転職成功した人

次に、中高年の転職成功術を見ていきましょう。

◆できることを考える
若い世代と違って「会社に入ってこんなことがしたい」という、自分がやりたいことを実現するための転職は、おすすめできません。

企業が中高年に求めているのは即戦力となり得るかどうかです。

自分のやりたいことを見つけるのではなく、自分ができることは何かを明確にしなければ採用に至ることは難しいでしょう。

◆前の会社と比べない
前述の通り、中高年の転職では年収が下がるケースがほとんどです。
その他の待遇も含めて、条件面で前の会社と比べないように気を付けましょう。

転職は新たなスタートと割り切って、新しい環境に対応していきましょう。
そんな姿勢が企業に伝われば、好印象になります。

◆企業が求める人材を見極める
企業が中高年に求める人物像は、条件が細かい場合があります。

できる業務や保有スキルはもちろん、今動いているプロジェクトの進行ができる、その中の特定の業務を任せながらマネジメントもやってほしいなど、ピンポイントの場合もあります。

その条件を見極め、自分の経験やスキルがどれくらいマッチするかアピールすることも重要です。

◆視野を広げる
ある程度の経験を積んできた中高年の転職では、同じ業界や職種の企業ばかりに目がいきがちです。

しかしそれまでの経験やスキルは、別の業界でも生かせる可能性はあります。

自ら転職先の幅を狭めてしまわずに、広い視点から転職先を探すことも転職成功のカギになります。

そのためにも、登録するだけで企業からのオファーを受けることができるスカウトサービスに登録しておくこともおすすめします。

《中高年の転職におすすめ!企業からのオファーが届くスカウトサービスはコチラ》

▼合わせて読みたい!
中高年も転職できる!転職成功のために知っておくべきポイントとは
中高年女性が活躍できる仕事探しテクニック!転職成功のコツ

中高年が長く働く転職のコツ

転職の岐路に立つビジネスマン

次に、中高年が長く働く転職のコツを見てみましょう。

◆再雇用制度がある会社を探す
中高年からの転職は、定年まで長いとは言えません。
長く働きたいなら、再雇用制度を積極的に取り入れている会社を探しましょう。

企業側としても、せっかく採用した優秀には長く働いてほしいと思っているはずです。

◆正社員にこだわらない
雇用形態も、正社員にこだわりすぎず広く探してみることをおすすめします。

契約社員や転勤のない地域限定社員、ダブルワークなど、多様な働き方が可能になっています。

待遇面や収入面で不安はあるかもしれませんが、雇用形態にとらわれなければ定年なども関係なく長く働ける可能性があります。

◆やりがいのある仕事を探す
生活する上で最低限の収入は必要ですが、やはりやりがいのある仕事は長く働く上で大切なポイントです。

充実したビジネスライフは、心身ともに健康を保つこともでき、長く働くことができるでしょう。

▼合わせて読みたい!
中高年の転職に必読!正社員の求人の探し方&自己PRポイント
中高年の転職活動を成功へ導く!おすすめの転職サイトと活用術
企業の求人募集の方法から見極める!中高年の転職成功へのカギとは

いかがでしょうか。
中高年からの転職は厳しい面も多々あります。

しかし、少し視点を変えてみれば、さまざまな働き方が選べる時代になっています。
自分らしい働き方を見つけて、転職を成功させてくださいね。

年収

新着記事

Ttl new

関連する記事