パッケージソフト開発の求人を見極めて転職を成功させる方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

パッケージソフト開発で転職を検討してみたことはありませんか?

自社製品の企画から関わることができる職種のため、スキルアップするには魅力的な仕事ですよね。

でもミドルでの求人はあるのかどうか、気になるのではないでしょうか。

今回はミドルからの転職を成功させるための、求人の見極め方や秘訣を詳しく解説しています。

最後まで目を通して参考にしてみてくださいね。

目次

パッケージソフト開発の仕事って?

パッケージソフト開発の仕事をする人たち

まずは、パッケージソフト開発の仕事内容を改めて確認しておきましょう。

《自社で企画から開発まで行う》
自社で企画を行い、それをもとに開発をしていく仕事です。
上流工程から関わるなど幅広い業務に携わることができるため、スキルアップにもつながります。

さまざまな工程での経験を積みたいエンジニアには人気のある職種と言えます。

《ユーザーの反応が実感できる》
他社のシステム開発の仕事では、ユーザーの反応を知ることはできません。

しかし自社開発して販売した製品やシステムなら、ユーザーの反応を実感することができ、自分の開発した製品に対しての評価を知ることができます。

《開発した製品が会社の売り上げを左右する》
他社から開発を受託して行う業務とは違い、自社で開発した製品が会社の売り上げを左右します。

売り上げに直接関わるためやりがいはありますが、売れなければ自分の年収にも影響がある場合もあります。

▼合わせて読みたい!
40代でパッケージソフト開発へ転職!他開発との違い&仕事を解説

求人の見極め方のコツ

チェックリスト

次に、パッケージソフト開発の求人を見極めるコツを見ていきましょう。

◆実際の業務内容を確認する
パッケージソフト開発の人材を募集していても、実際には開発業務は少ししかない場合もあります。

企画から開発までの工程に関わることができるのか、求人の業務内容をしっかり確認しておきましょう。

◆研修や資格取得支援制度があるかどうか
向上心のあるエンジニアにとっては、常にスキルアップを心がけている人が多いのではないでしょうか。

現状の知識や技術に満足せず、さらにスキルを磨くことのできる環境は重要です。

そのための研修制度や支援制度が整っている企業かどうかを確認しておくことをおすすめします。

社員のスキルアップに積極的な企業は、今後の業績も伸びていく可能性があるためチェックしておきたいポイントと言えます。

転職を成功させる秘訣

転職成功のイメージ

経験を積んだミドル世代でも、いざ転職となると、転職活動が思ったように進まない場合もあります。

ここでは、ミドルからパッケージソフト開発への転職を成功させる秘訣を見ていきましょう。

◆情報を広く集める
40代・50代のミドル世代の求人は多いとは言えません。
転職サイトや求人誌などを使って、求人情報を広く集めることをおすすめします。

特に対象がミドル世代向けの媒体を選ぶと効率よく情報を集めることができます。

▼チェックしておきたい!ミドルに特化した転職サイト
FROM40
◆求人には早めに応募しておく
集めた情報の中で少しでも気になる求人があれば、早めの応募を心がけましょう。
人気の職種では応募が多数になる可能性もあります。

印象に残るように早めに応募書類を提出する、応募の際に一度電話でコンタクトを取っておくなどしておくことをおすすめします。

◆転職サイトのスカウト機能を活用する
転職サイトでは、企業からのオファーを受けることができるスカウトサービス機能がついている場合もあります。

自分で探すことなくマッチした企業を探してくれるため、登録だけしておくこともおすすめです。

たった5分でパッケージソフト開発への転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

まとめ

いかがでしょうか。

ミドルからの転職はハードルが高いと言われていますが、情報を集めて自分に合う求人を見極めることができれば、不可能ではありません。

希望に合った求人を探して、転職を成功させてくださいね。

▼合わせて読みたい!
40代向け転職サイト「ミドルの転職」の評判から見る賢い活用法
ミドル世代の転職事情と履歴書への「転職理由」書き方のポイント
正社員求人を探す40代必見!求人の実態と利用すべきサイト10選

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new