事業企画への転職に必須!求人を見極めて採用を勝ち取るコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

事業企画の仕事でキャリアアップしようと思ったことはありませんか?
企業の戦略に関わる事業企画の職種には、さまざまなスキルや経験が求められます。

今回は事業企画に求められるスキルや、求人の見極め方のコツをご紹介します。
採用を勝ち取る情報をお届けしていますので、最後まで目を通してくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

事業企画の仕事とは

企画り業の仕事をする人

まずは、事業企画の仕事内容を改めて見ておきましょう。

《事業の企画立案》
各事業部の戦略を企画し、それを実行したりサポートしたりする仕事です。

経営企画と似ていますが、企業単位での企画を行う経営企画とは違い、事業部単位での企画立案、実行などのサポート業務を行います。

中小や大手企業では専門的な組織を設置している場合がほとんどですが、小規模な企業では事業企画専門の人材がなく、現場のマネージャーや各プレイヤーが事業企画を担うこともあります。

勤務先によって仕事の内容は異なりますが、さまざまな知識や経験が必要になるため、ミドルからキャリアアップする人も少なくありません。

▼合わせて読みたい!
40代未経験が事業企画職に転職するには?方法と仕事内容を解説
ミドルだから挑戦できる!経営企画・事業企画への転職のススメ

事業企画に求められるスキル

事業企画に求められるスキル

次に、事業企画の仕事に求められるスキルはどんなものかを見ていきましょう。

◆業界の知識
勤務する企業の業界についての知識は必須と言えます。
その業界での市場価値などを把握しておかなければ、事業の企画立案はできません。

◆論理的思考力
企画立案にあたり、なぜその企画なのか、課題や解決などを明確にする必要があります。
また実行するには、事業部に所属する社員への説明も必要です。

実際に動く現場のスタッフたちへの理解を得るためにも、論理的な企画立案できる能力や説明できる能力は不可欠と言えます。

◆データ分析能力
業界の動向や市場分析など、エクセルなどを用いたデータ分析能力も求められます。

数値から分かること、事業の方向性やデータから分かりやすい資料作成をするなど、サポート業務でも必要になる場合があります。

◆コミュニケーション能力
社内はもちろん、社外の人との交渉なども求められる仕事です。
高いコミュニケーション能力は必須と言えます。

求人の見極めポイント

求人を見極めるポイントを探す人

ここでは、ミドルが見ておくべき求人の見極めポイントを見ていきましょう。

◆企業の戦略
求人の会社概要はもちろん、これまでの売り上げや事業戦略などをチェックしておきましょう。

今後、どのような方向性でやっていこうとしている企業なのかは、自分に合う企業かどうかを見極める重要なポイントです。

その上で、どんな特徴があるのか、業界でのシェア率やビジネスモデルなど、具体的な企業の現状は見ておくことをおすすめします。

◆募集の背景
なぜ事業企画の求人を出しているのかも、重要なチェックポイントです。

事業拡大のため、新規事業拡大のためなど、募集の背景によって企業が求める人材も異なってきます。

自分の実績やキャリアプランに合う企業を探すには、募集の背景をしっかり見ておくことも必要です。

◆具体的な業務の内容
企業の戦略やビジネスモデル、募集の背景が合っていると思ったら、具体的な業務内容をチェックしましょう。

業務内容と企業の方向性が自分に合っているかどうか、どちらも重要です。

入社後のミスマッチを防いで転職を成功させるために、この3つのポイントがカギになりなす。

まとめ

いかがでしょうか。
事業企画は幅広いスキルが求められる、やりがいのある仕事です。

自分に合う企業を探して転職を成功させるためには、今回のポイントを参考にして合っているかどうか見極めることが重要です。

転職の際の参考にしてみてくださいね。

▼合わせて読みたい!
40代歓迎の「事業企画」へ転職!求人解説とおすすめサイト6選
どんな仕事?必要スキルは?40代におすすめの事業企画職を解説

年収

新着記事

Ttl new