商社の営業へ転職するなら必読!採用へ一歩近づく3つのコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

商社の営業職へ転職しようと思ったことはありませんか?

商社営業職は転職のハードルが上がる職種の一つですが、ポイントを押さえれば不可能ではありません。

今回は、商社営業の仕事のやりがいや転職成功のコツをご紹介します。
転職活動の前に、ぜひ目を通して参考にしてくださいね。

目次

商社営業のやりがい

商社営業職へ転職した人

まずは、商社の営業職の仕事のやりがいから見ていきましょう。

◆幅広い提案ができる
商社では自社取引のあるメーカーの製品を、クライアントの要望に合わせて提案することができます。

商社の営業はそういった幅広い提案ができるため、やりがいにつながると言えます。

◆年収が高めの場合が多い
理由はさまざまありますが、自社製品を持たない商社は設備投資や研究費用がかからないことなどもあり、年収が高めに設定されている場合があります。

◆キャリアアップが狙える
経験やスキルを身につければ、外資系企業などへの転職も狙うことができます。

外資系企業では裁量権もあり、成果に合わせて年収も高くなるため、営業としてのキャリアアップになる可能性があります。

▼合わせて読みたい!
40代で商社に転職するなら必見!仕事内容と求められる人材・スキルとは
中高年の転職!営業の仕事内容と採用担当者が欲しい人材とは?

転職成功のコツ3つ

商社営業へ転職して働く人

次に、商社の営業職へ転職成功するコツをご紹介します。

◆自分にしかないスキルを磨く
商社の営業職では、実に幅広いスキルが求められます。
そのため、何か専門的なスキルを持っている人が有利になる場合があります。

高い語学力を持っている、長年海外企業との取引を経験してきたなど、自分にしかないスキルを磨くことで転職成功の可能性が高くなります。

◆中堅の専門商社を狙う
大手企業の商社に比べれば、中堅の専門商社への転職のハードルは少し下がります。
同じく総合商社の子会社なども狙い目です。

入社後に実績を築き、親会社へのステップアップやヘッドハンティングなどの可能性もあります。

◆管理職を狙う
どの企業でもマネジメント経験のある人材は引く手あまたです。
何らかの管理職経験があれば、転職も有利に進む可能性があります。

もしマネジメント経験がない場合は、現職で管理職を経験してから転職するのも一つの方法です。

▼合わせて読みたい!
40代で商社営業に転職!知っておくべき知識とおすすめサイト4選
営業の転職を成功させる!ミドルが活躍できる転職先選びのコツ

商社営業職への転職の道

商社営業への転職の道を探す人

スキルや経験を持つ人でも、商社への転職はハードルが高いのが現状です。
ここでは商社営業職へ転職する道を見ていきましょう。

・転職エージェントに相談する
経験、未経験を問わず、まずは転職エージェントに相談することが転職成功への近道です。

自分の経験やスキル、希望に合わせた求人の紹介はもちろんキャリアプランの相談もできるため、転職活動の方向性も明確になります。

・ミドルに強いサイトを活用する
40代や50代からの転職はさらにハードルが上がります。
そのため、年齢だけで落とされてしまう場合も少なくありません。

そこでおすすめしたいのが、40代以上に特化した転職サイトの活用です。

40代や50代のミドル世代の求人が集まっているため、年齢ではなく実績やスキルでの転職活動が可能になります。

・たった5分で営業への転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

まとめ

いかがでしょうか。
商社営業職への転職は簡単ではありませんが、コツを押さえれば採用へ近づくことができます。

今回の記事を参考に、商社営業への転職を成功させてくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new

関連する記事