プリセールスの求人に転職したい人が知っておくべき基礎知識

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

高い専門知識やコミュニケーションスキルが求められる、プリセールスへの転職を考えたことはありませんか?

人と人との関わりが重要な職種のため、今後の需要拡大も見込まれている仕事です。
これから転職を検討するには、考えてみてもいい職種の一つと言えます。

今回は、プリセールスの役割や転職に有利なスキルをまとめてご紹介します。
転職の参考にしてみてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

プリセールスって?

プリ セールスの仕事をする人

まずはプリセールスの役割について、改めて確認しておきましょう。

プリセールスはセールスエンジニアとも呼ばれます。

ITの製品やシステム導入の際に営業担当者に同行し、技術的な説明や質問に答える役割を担っています。

《求められるスキル》
・製品やサービスの技術的な知識や使い方を分かりやすく伝える能力
製品やサービスを効果的に使う方法などを、クライアントに分かりやすく伝えなければいけません。

そのためには、高度な専門知識はもちろん、それを分かりやすく説明できる語彙力も必要です。

・クライアントの課題を聞き出すヒアリング能力
抱える課題はクライアントによって異なります。
その課題を聞き出すヒアリング能力やコミュニケーションスキルも必須と言えます。

・クライアントに適切なアドバイスができるコンサル能力
課題に対して適切なサービスの提案やアドバイスなどができる、幅広い視野とコンサル能力も求められます。

プリセールスへの転職に有利なスキル

さまざまなスキルを持つ人

次に、プリセールスへの転職に有利なスキルを見ていきましょう。

◆営業スキル
営業のサポート的な役割ではありますが、クライアントの課題を聞き出してアドバイスするためにはある程度の営業スキルは有利になります。

◆エンジニア経験
製品やサービスの基礎知識はもちろん、エンジニアとしての経験があれば有利になると言えます。

エンジニアから転職する人も多い職種です。

◆コミュニケーションスキル
前述の通り、ヒアリングスキルやコンサル能力も求められるため、高いコミュニケーションスキルがあれば強い武器になります。

◆語学力
業務拡大が見込まれる業界のため、海外展開している企業も増えています。
英語などの語学力があれば採用で有利になる可能性があります。

転職後のキャリアパス

プリセールスのキャリアパスを考える人

次に、プリセールスに転職後にはどんなキャリアパスがあるのか見てみましょう。
今後のキャリアを明確にしておくことで、採用の可能性も高めてくれます。

・管理職へのステップアップ
営業やエンジニアのチームをまとめ、進捗管理やスケジュール調整を行ったり人材育成に力を入れるマネジメントへのステップアップの可能性があります。

・ITコンサルタントへキャリアアップ
プリセールスとして実績を積み、課題解決能力や提案力などを磨き、コンサルタントへキャリアアップできる可能性もあり、将来的には独立の道もあります。

▼合わせて読みたい!
40代でIT業界に転職!求められている人材とは?求人事情と職種を解説
40代《エンジニアの求人》職種やスキル、キャリアアップの道とは?

まとめ

今ある仕事の中でも数年後にはコンピューターに代替されるものもありますが、プリセールスの仕事は人と人との関わりが重要になるため、代替しにくい職種と言われています。

そのため、今後も需要は拡大していく見込みと言えます。
これからの転職先の候補として、検討してみてはいかがでしょうか。

▼合わせて読みたい!
求人応募の前に要チェック!転職成功するミドル世代の共通点3つ
40歳の転職は無謀と言われる理由から見極める!転職成功ノウハウ

年収

新着記事

Ttl new