採用に一歩近づく!営業事務の仕事で求められるスキル&人材は?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

営業事務の仕事に転職を考えたことはありませんか?

営業事務は一般事務とは違い、求められるスキルや業務が幅広い仕事です。
もし転職を考えているなら、その違いを知り、必要なスキルを磨くことが採用への第一歩。

今回は営業事務の仕事に求められるスキルや、企業が欲しがる人の特徴をまとめてご紹介しています。

最後まで目を通して、転職成功への参考にしてくださいね。

目次

よく分かる!営業事務の仕事

営業事務の仕事をしている人

まずは営業事務の仕事の特徴を改めて確認しておきましょう。

《一般事務とは違う営業事務》
一般事務と大きく違っている点が、営業スタッフのサポート業務を行うことです。

受発注業務や商品の在庫管理、営業先へ送るデータや資料作成やスケジュールなどの管理やサポートはもちろん、営業不在の場合は問い合わせに対応する場合もあります。

急ぎでの対応や、複数の営業スタッフをサポートする場合もあります。

《突発的な残業が発生することもある》
社外の人とのやり取りにも関わる業務があるため、急な残業が発生する場合もあります。

自分ひとりでの仕事ではないため、業務量や締め切りなどから優先順位を決め、調整する必要があります。

《社内外の人と関わることが多い》
前述の通り、サポートする営業スタッフや他部署のスタッフ、取引先の人ともコミュニケーションを取ることが多い仕事です。

勤務先によっては営業に同行して取引先へ行くこともあります。

▼合わせて読みたい!
中高年の転職!営業事務の仕事内容と採用担当者が欲しい人材とは

営業事務の求められるスキル

営業事務の仕事をしているオフィス風景

次に、営業事務で求められるスキルを見ていきましょう。

◆パソコンスキル
資料作成などの業務上、基本的なパソコンスキルは必須と言えます。
WordやExcel、Powerpointを使う場合も多いため、実務経験があれば有利になります。

また最近ではクラウドを活用する企業も増えているため、使い方を習得しておくことをおすすめします。

◆臨機応変な対応力
クライアントからの問い合わせや、営業スタッフからの急な依頼にも対応しなければいけない場合もあり、臨機応変な対応力が求められます。

◆コミュニケーションスキル
社内外の人とのやり取りの多い職種のため、コミュニケーションスキルも必要です。

業務効率をよくするためにも、親しみやすさや要点を分かりやすく話すことなども求められます。

企業が欲しがるのはこんな人!

営業事務のスキルを持つ人

企業が採用したいと思っている人の特徴を押さえておきましょう。

・営業からの依頼に快く対応できる人
営業事務の一番の仕事は、営業をサポートすることです。

時には急な依頼や難しい資料作成などを頼まれることもあります。
そんな時でも快く引き受け、丁寧に仕事ができる人を企業は求めています。

・資料を正確かつ見やすく作成できる人
作成する資料は、取引先に提案する場合があるため、間違いがあってはいけません。
正確かつ見やすい資料作成ができる人は営業スタッフからの信頼を得ることができます。

・営業に何が必要かを自分で考えることができる人
ただ営業から頼まれる仕事をこなすだけではなく、必要な仕事を自分で考えることができる人は企業にとって貴重な人材と言えます。

営業が今どんな企業にどのような提案をしているのかを把握し、どんな資料があればいいのか、困っていることがあればすぐにサポートできる人は採用に近づける人材です。

▼合わせて読みたい!
営業事務で10年後も仕事を続ける!キャリアプランの築き方
営業事務への転職成功術はコレ!失敗しない求人探しのコツを解説
狭き門を突破せよ!40代向け事務求人探しにおすすめのサイト7選

まとめ

いかがでしょうか。

営業事務の仕事は、事務業務だけではなくコミュニケーション能力や臨機応変さなど、幅広いスキルが求められる職種です。

今回の記事を参考にして、本当に企業が求めている人材に近づき、採用を勝ち取ってくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new