50代女性の転職の分かれ道とは?転職成功する人の共通点3つ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>女性活躍中企業&女性が働きやすい求人アリ◎きめ細やかなサポートで望む転職成功を叶えよう!

自分らしい転職を成功させたい女性にオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの強みやライフスタイルを考慮し、希望に合う求人を厳選して紹介。遠隔サポートで安全に活動できるのも魅力です。
サポート内容は提出書類の添削から円満退社のアドバイスまで幅広く、初めて転職する方や忙しい方でも安心♪転職のプロによる充実の無料サポートを希望する方は、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代女性で転職は難しそうだと諦めていませんか?
簡単ではありませんが、ポイントさえ押さえれば決して不可能ではありません。

今回は転職に向いている人と向いていない人を見分けるポイントや、転職できる人の共通点を詳しく解説しています。

最後まで目を通して、転職を成功させてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

50代女性の転職が難しい理由

50代転職できた女性

まずは50代女性の転職が難しいと言われている理由を、詳しく見ていきましょう。

◆年上の部下は扱いづらいと思われるから
50代から転職するとなると、上司が年下になる場合が多いことを覚悟しておきましょう。
扱いづらいと思われては採用されにくくなります。

年齢に関係なく、誰にでも親しみやすい印象を与えることが重要です。

◆平均給与が高めの場合が多いから
50代の平均給与は高い場合が多いため、企業側としても採用には慎重になります。

あらかじめ低めの給与を希望しておくか、高くてもそれに見合った人材であることをアピールできるかどうかがカギになります。

◆職場になじめるかどうかリスクが高いから
30代や40代の人が多い職場では、50代でなじめるかどうかも懸念材料になります。

既存社員といい人間関係が築けるかどうか、コミュニケーションが取れるかどうかというリスクがあるため、人柄も重視されます。

▼合わせて読みたい!
50代の転職!成功のために知っておきたい考え方や心構えとは
40代50代女性の転職!成功のために意識すべきポイントとは?

50代で転職する?しない?分かれ道はココ!

50代で転職先を探す人

50代からの転職は求人も少なく条件も厳しくなるため、場合によっては転職しない方がいいこともあります。

ここでは50代で転職するべきか現職にとどまるべきか、その分かれ道を見極めるポイントを見ていきましょう。

【転職に向いている人】
・どうしても現職にいられない理由がある
現職でリストラの対象に入っていたり、会社が業績不振だったり、親の介護で転職せざるを得ないなどの理由がある人は、転職をおすすめします。

やむを得ない事情があれば、企業にも転職理由や志望動機を説明しやすく、転職活動も進めやすい場合があります。

・役職や資格がある
企業側からすればその人の実績を図る分かりやすい目安になるため、役職や資格は転職に有利になります。

勤務年数や実績を交えてアピールすれば、強力な武器になります。
役職や資格を持って働いていた人は転職に向いている人と言えます。

【転職を再検討した方がいい人】
・新しい仕事を覚える自信がない人
経験を生かした業界や職種を選んでも、転職すればその会社のルールや進め方があり、新たに覚えなければいけないことも多々あります。

そんな新しいことを覚えようという前向きな姿勢が持てない人は、転職は思いとどまった方がいいかもしれません。

・今より年収ややりがいをアップさせたい人
50代から転職して、年収や仕事のやりがいをアップさせるのは至難の業です。
転職して何を変えたいのか、じっくり考えて明確にしてから転職活動に臨みましょう。

50代女性で転職できる人の共通点3つ

転職成功した50代女性

ここでは、50代女性で転職成功する人の共通点を詳しく見ていきましょう。

◆積極的に行動できる
転職活動は情報収集や応募、面接など自分からのアプローチがなければ成功しません。

また、求人の中には「30代から40代が活躍中」などの求人広告があり、年齢で応募すらできない場合もあります。

でももしその仕事内容や企業に魅力を感じたら、ダメ元でも応募してみるくらいの積極性は必要です。

それだけ熱意を持って応募してきてくれたのなら、と面接してくれる企業もあるかもしれません。

転職エージェントなどを活用しながら、自分から積極的に行動できる人は転職成功への道のりも遠くないでしょう。

◆希望条件を低めに設定している
50代からの転職では、給与や仕事内容、役職などの条件が今より下がる場合があることを覚悟しておきましょう。

その上で優先順位を決めておき、譲れるところは希望条件を低めに設定しておくことをおすすめします。

第一希望を軸に絞りこみ、転職先を探せる人は採用の可能性も高くなります。

◆50代に強い転職サイトを活用している
20代や30代の若い世代が利用する転職サイトばかりではなく、40代や50代といったミドル世代に特化したサイトを活用することも、50代の転職を成功させるコツです。

広く情報を集め、絞り込むためにミドル世代に強いサイトを活用していきましょう。

▼合わせて読みたい!
50代女性の求人が増えているって本当?採用されるコツ3つ
50代で再就職を目指す!年齢の壁を越え希望の会社に入るには?

50代女性の転職活動の参考になったでしょうか?

転職するべきか現職にとどまるべきかを見極めて、自分に合った転職先を探してくださいね。

年収

新着記事

Ttl new

関連する記事