40代なら要チェック!知らないと恥ずかしい総務の仕事内容とは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

総務は、20代~40代まで、幅広い世代に人気の高い仕事です。

でも、総務ってなんとなくオフィスワークのイメージだけがあって、具体的にどんな仕事をするのか理解していない、という方も多いのではないでしょうか。

今回は、40代ならきちんと理解しておきたい総務の仕事内容について、混同しがちな5つのオフィスワークとの違いを含めて解説していきます。

最後に、40代で総務への転職成功を目指す場合のポイントも紹介していますので、ぜひ最後まで読み、転職活動に役立ててくださいね。

・たった5分で40代の総務職への転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

解説!40代が知っておくべき「総務のお仕事」

総務担当者

「総務」がどんな仕事か、きちんと理解していますか?
まずは、知っているようで知らない総務の仕事内容について、改めて確認していきましょう。

◆総務は「会社全体のサポート役」
受付や来客応対、備品管理から他部署へのさまざまなサポート・雑務に至るまで、会社組織の運営に必要なあらゆる業務を請け負うのが総務の仕事です。

具体的には、以下のような業務を行います。

事務的な業務 書類・文書の作成、社内報の作成 など
接客関係 電話応対、受付、来客応対、お茶出し など
イベントの企画・運営 飲み会やお花見など、社内外イベントの企画・幹事
備品の管理 文房具、イス、飲み物など社内で使用する備品の管理・発注
その他雑務 冠婚葬祭発生時の対応、防犯・防災対策、個人情報の管理、内部監査 など


総務は、直接会社に利益をあげる営業職のような華やかさはないものの、円滑な会社組織の運営に欠かすことのできないポジションです。

人をサポートすることや、人から感謝されることに喜びを感じる、という方なら、やりがいを持って働ける仕事と言えるでしょう。

◆求められる能力・資格
部署の垣根を超えて、さまざまな業務を行う総務のお仕事。
総務として働く上で必要となる能力・資格には、以下のようなものがあります。

《総務に必要とされる能力の例》
・いろいろなタイプの人と良い関係を築けるコミュニケーション能力
・細かいところに気が付ける洞察力
・どの部署の業務も手伝える柔軟で臨機応変な対応力
・書類作成や計算業務が難なく行えるOAスキル  など


総務の仕事では、40代が年齢と共に培ってきたコミュニケーション能力が武器となります。

年齢ゆえの人生経験を活かせるという意味で、総務は40代に向いている仕事と言えるかもしれませんね。

【合わせて読みたい】
40代で総務への転職は未経験でも可能?適性とオススメ資格3選をご紹介

知ってる?総務と他のオフィスワークの違い

総務の仕事をする女性

総務の仕事がわかったら、次は、総務と混同しやすい他のオフィスワークとの違いについてもご説明していきます。

以下に、総務と混同しやすい5つのオフィスワークの仕事内容をまとめて解説しているので、確認してくださいね。

事務 会社全体ではなく、所属する特定の部門・部署の総務のみを専門に行う。
所属する部署によって営業事務、貿易事務などと呼び方が変わる。
一般事務 会社全体の事務作業を担当することが多く、総務と同意義で使われることが多い。
庶務などと呼ばれることもある。
法務 法律にのっとった企業活動を行えるよう、法律面で企業と従業員をサポートし、守る。
人事 採用や人事表など、社内で働く人・授業員に特化した業務のみを行う。
経理 会社にまつわるお金を記録・管理することを専門とする。

※あくまで一般的な区別です。会社の規定によって、職種と業務の範囲は異なります。

上記のようなオフィスワークは、まとめて「事務系職種」や「バックオフィス」などと呼ばれることもあります。

厳密な業務内容はそれぞれ異なりますが、会社よって定義はあいまいです。

総務の求人であっても仕事内容に法務や人事が含まれていることもあるので、求人に応募するときは、必ずしっかりと仕事内容を確認してください。

【合わせて読みたい】
【法務・総務への転職】激戦を勝ち抜きミドルが転職成功させるコツ

40代が総務の仕事への転職を成功させるための3つのポイント

3つのポイント イメージ

最後に、40代で総務の仕事を探している40代に向けて、転職成功のために知っておいてほしい3つのポイントをご説明していきます。

最後まで読み、心にとめておいてくださいね。

《成功ポイント1》総務転職は狭い門だと理解すること
デスクワーク中心で体力的な負担が少ない総務は、20代~40代以上まで、幅広い世代の女性に人気の仕事です。

厚生労働省発表の「一般職業紹介状況(平成29年6月分)」で総務を含む事務的職業の求人倍率が1倍を下回っていることからも、その人気ぶりがうかがえます。

若い世代をもライバルにすることになる総務の転職が狭き門であることは理解した上で、心して仕事探しを始めてください。

《成功ポイント2》経験と+αの強みをアピールしよう
40代転職者の武器は、年齢ゆえの人生経験です。

過去に総務としての職務経験がある人は、過去の経験・実績をできるだけ具体的に、数値化してアピールすると効果的です。

総務未経験の場合は、総務に近い事務系職種の経験や、何らかの管理職経験も+αの評価対象になり得ます。積極的にアピールしましょう。

《成功ポイント3》働き方、雇用形態の視野は広く持とう
40代が、総務の正社員だけに絞った転職活動を行うのは、得策とは言えません。

20代を含む若い世代をライバルとするなら、正社員だけでなく、バイトや派遣・在宅ワークなど幅広い雇用形態も視野にいれた仕事探しが転職成功のカギになります。

以下に、総務の仕事探しに役立つサイトをご案内しますので、活用してくださいね。

【合わせて読みたい】
40代も始めやすい在宅ワーク!魅力と自分に合う求人の見つけ方
採用確率が上がる!中高年におすすめのアルバイト&サイト4選
40代の派遣の仕事!メリット・デメリット&業界別おすすめ派遣会社20選

《40代以上歓迎の求人に強いサイト》
・FROM40
・FROM40ネオ

《幅広い雇用形態・年代向けの求人に強い大手サイト》
・リクナビNEXT
・DODA

【合わせて読みたい】
40代から挑戦する総務の求人!業務内容や向いている人の特徴は?
中高年の転職!総務の仕事内容と採用担当者が欲しい人材とは?

いかがでしたか?
この記事を参考に総務の仕事をよく理解し、あなたの転職活動に役立ててくださいね。

Banner column01
Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事