40代転職の成否を左右する!面接での転職理由の考え方&伝え方

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

転職理由は、40代の転職活動の成否を左右する、重要な要素のひとつです。

どんなことを話せば納得してもらえるか、良い印象を与えられるかと、伝え方について心配なことは多いですよね。

今回は、40代転職者が面接で前向きな転職理由を話すための考え方と伝え方、注意点を解説していきます。

40代に多い転職理由も紹介していますので、選考の前に読んで、あなたの面接準備に役立ててくださいね。

目次

40代に多い転職理由4つ

それぞれの転職理由 イメージ

一般的な40代の転職者は、どのような理由で転職しているのでしょうか。

NIKKEI STYLEの「会社を辞めた40代課長3000人の「転職のリアル」」という記事によると、40代転職者の転職理由は、以下の4つに分類できます。

1:前職の評価制度に対して怒り、不満があったから
例)
・支社に異動になって成果を上げたが、いつまでも本社に戻れない
・毎年業績を上方更新しているのに、給与がまったく上がらない
・なんのミスもしていないのに、突然プロジェクトメンバーから外された  など

2:会社都合による、経営方針や労働環境の変化についていけなかったから
例)
・業績悪化により、給与などの待遇が著しく悪くなった
・会社が他社に統合されたが、統合先の経営方針にどうしても納得できない
・会社の業績悪化による異動と、顧客対応に耐えられなかった  など

3:自分や家族の健康状態の変化により、働き方を変える必要が出てきたから
例)
・親の介護のために、今まで通りの勤務形態で働くことが難しくなった
・事情により郊外の地元に帰らなければならず、都市部での仕事を続けられない
・心身の病気にかかって療養が必要になり、今までのように働けなくなった  など

4:働き方やキャリアプランに対する希望が変わり、前職が合わなくなったから
例)
・起業してキャリアチェンジしようと思った
・ベンチャー企業が掲げる理念に深く感銘を受けた
・地元に帰って、家業を継ぐことにした  など


参考:会社を辞めた40代課長3000人の「転職のリアル」

いずれも、長く社会人経験を積み、年齢を重ねた40代だからこその理由と言えますね。

40代の面接での「転職理由」の伝え方

転職面接に臨む40代女性

40代転職者に多い転職理由がわかったところで、ここからは、面接で話すための転職理由の考え方と、伝え方についてご説明していきます。

◆転職理由は「退職理由+転職先への希望」で考える
面接で伝えるべき転職理由は、前職を辞めた退職理由から導き出すことができます。

「退職理由」となり得る、自分が働く上で我慢できないことを分析し、解消する方法を考えることで、前向きな「転職理由」が見えてくるのです。

以下に、前項でご紹介した4つのケース別に、転職理由の例文を1つずつご紹介します。

◆転職理由の伝え方の例文
《評価制度に不満があって転職した場合》
希望するキャリアアップを実現できる場所で、働きたいと考えたためです。

前職では40歳までに管理職を経験することを目標に勤務し、毎月営業目標を超える売り上げを達成して成果をあげておりました。
しかし、社内に年功序列の風土が強く、50代の先輩方もいるなかで自分の昇進が認められることはありませんでした。

このため、実力主義の会社で働き、業績をあげて管理職への挑戦もしていくことができればと考え、転職を決意しました。

《会社の方針転換に伴って転職した場合》
お客様に寄り添った経営・営業方針の会社で、働きたいと考えたためです。

前職場では、数年前に会社の統廃合があったのを機に、経営方針が大きく変わり、営業として担当していた自分のお客様に負担を強いる機会が増えていきました。

どうしても、お客様に負担を強いらなければならないやり方に納得できず、転職を決意しました。

《家庭の事情により転職した場合》
母を介護する必要がでてきたことをきっかけに、働き方を変えたいと考えたためです。

前職では専門職としてやりがいをもって働いていましたが、社内の分野担当者が私だけだったこともあり、労働時間や休日出勤が多くなりがちな側面がありました。

そんな中、母が体調を壊したため、私も家族とともに介護に参加できる働き方に切り替えたいという理由から、転職を決意しました。

《働き方・キャリアプランの変更に伴って転職した場合》
今後は生まれ育ったこの地域に戻って、暮らしていきたいと考えたためです。

前職では東京の会社で20年働き、知識と経験を積んでまいりました。
しかしながら、地元に残していた両親が体調を壊したことをきっかけにキャリアへの考え方が変わり、自分が生まれ育った地域に貢献したい思いが強くなりました。

今後は、これまでに培った知識や経験を糧に、地元で働きながら地域に貢献して暮らしていきたいという思いから、この度の転職を決意しました。

【こちらも参考に】
ミドル世代の転職事情と履歴書への「転職理由」書き方のポイント
40代以上の転職面接に役立つ!よく聞かれる質問&15の回答例

40代必見!伝え方に注意が必要な転職理由2つ

転職理由の伝え方の注意点

最後に、たとえ事実であっても伝え方に注意が必要な転職理由を、2つご紹介します。

◆人間関係への不満
転職理由になりがちな人間関係のトラブルですが、伝え方には注意が必要です。

人間関係のトラブルはどこで働いても起こりうる問題なので、これを理由に転職したという事実は、応募先企業を不安にさせる可能性があるからです。

転職理由として説明するときは、年功序列や体育会系など「会社の社風が合わなかった」という風にアレンジして伝えるのがおすすめです。

◆仕事内容への不満
やりたい仕事をやらせてもらえなかったから、という転職理由の伝え方も要注意です。

そのまま伝えてしまうと「やりたいことしかやってくれない、すぐに辞めそうな人材」という印象を持たれかねません。

こういった場合は、応募先企業をやりたい仕事にかかわれそうな会社に絞ったうえで、退職理由とあわせてやりたいことへの熱意を転職理由として伝えましょう。

【こちらも参考に】
40代転職時に『面接』を成功させるには?面接前に知って得する6つの成功ポイント!

退職・転職の理由は、どうしても後ろ向きになりがちですが、ほとんどの人が転職先への希望を持って、転職活動をしているはずです。

この記事を参考に魅力的な転職理由を語って、採用を勝ち取ってくださいね。

Banner column01
Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new