40代で企画の営業!転職前に知りたい仕事内容と適性&やりがい

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

企画営業という営業職があるのをご存知ですか?
今回は、これから企画営業に転職を考えている方にとって役立つ情報をまとめました。

企画営業ってどんな仕事なのか、向いている人とはどんな人なのか、仕事の大変さからやりがいまで、くわしくご紹介します。


・たった5分で40代の営業職への転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代で企画営業に転職!くわしい仕事内容とは?

企画営業の仕事現場

企画営業とは、いったいどんな仕事なのでしょうか?
一般の営業職とはどこが違うのか、そもそも何をする仕事なのか、くわしくご紹介します。

《企画営業の仕事とは》
企画営業は、顧客や市場のニーズをリサーチし、その結果に見合った情報や商品を提案し、届ける仕事です。

主な仕事としては下記のようなものが挙げられます。
・市場やニーズの調査
・商品やプロジェクトの企画
・PR
・顧客への提案、販売

マーケティングの視点を持った職業で、調査した結果を営業に反映して活動します。
競合の情報収集や戦略の立案など、企画と販促、プロモーションなど一連の業務を分業せずにこなすことも多いです。

《企画営業と一般営業職の違い》
企業にもよりますが、一般的な営業職が商品を売ることを目的として活動するのに対し、企画営業は販促のための計画を立案するのが主な仕事です。

どちらも販促という面では共通ですが、物などの商品そのものを売るのか、それを売るための戦略をつくるかで違いがあります。

営業は自主性の高い仕事であり、自分でリサーチやターゲット絞りなどを行うのが普通ですが、企画営の場合はさらに広い視野で販促計画を練っていく必要があり、物事を見る広い視野が必要です。

40代の企画営業!向いている人物像&転職で重要なアピールポイント

企画営業の転職ポイント

企画営業に転職を考えているものの、自分は適性があるのか、また何をアピールすれば効果的なのか、知っておけば転職活動にも役立ちます。

ここでは、企画営業に向いている人物像と、おすすめのアピールポイントについてご紹介します。

《企画営業に向いているのはこんな人》
◆自主的に行動できる
待っていても情報は得られません。
企画の営業は、常に新しい情報を自分で得ようとする貪欲さが求められます。

競合他社に勝つには、他社が考えないようなアイデアやプランを出したりすることも必要でしょう。
指示された仕事をこなすのではなく、自分で必要性を判断し、動けることが大切です。

◆提案・プレゼンテーション慣れしている
考えたアイデアや計画を世に出すためには、それを発表しなければなりません。
どんなに素晴らしいアイデアも、プレゼンの仕方次第で伝わり方が違ってきます。
企画営業の仕事をする上で、対案力やプレゼン能力が高いことは大きなアドバンテージです。

◆客観的な視点を持っている
企画営業の仕事で大切なのが、他者の視点に立ったものの考え方です。
自分主体で物事を考えがちなものですが、広い視野を持ってさまざまな視点から見ることのできる能力は企画営業にとって大切なスキルです。

《企画営業への転職にオススメのアピールポイント》
◆フットワークの軽さや行動力
過去にしていた活動など、必ずしも前職での経験に限らない部分もアピールすると良いでしょう。
社外活動でチームリーダーをしていたり、率先して行動したことで挙げた成果など、行動力のアピールは企画営業において有効です。

◆パソコンスキルやプレゼンテーションの経験
プレゼンテーションに欠かせないパワーポイントを含めたパソコンスキルも欠かせないポイントです。
それに合わせたプレゼンテーションの経験などを具体的にアピールすることで、PR力や提案、発表力をアピールできます。

40代でチャレンジする企画営業への道!やりがい&大変さとは

企画営業のやりがい

仕事をする上で大切なことは人それぞれですが、やりがいや大変さも判断基準の一つですね。
ここでは、企画営業への転職を迷っている方へ、やりがいと大変さについてご紹介します。

《企画営業のやりがい》
◆自分の立案したプランで成果を挙げる
企画営業にとって、自分が手掛けた企画で成果を出すことは一番の喜びです。
リサーチから企画として動き出すにはある程度長い時間とコストをかけることもあります。

それが形となって実った時は、何よりのやりがいを感じるでしょう。

◆多くの人との繋がりの中で成長できる
企画営業は、社内外にかかわらず多くの人と関わります。
業種もさまざまに、同業他社の方を話す機会もあるでしょう。

企画が形になるまでには、多くの人の協力が必要です。
たくさんの人と接する中で、自然と自分も成長でき、コミュニケーション能力を磨くことができます。

《企画営業の大変さ》
◆自分の企画への賛同者が少ない場合はつらい
リサーチして仕上げた企画でも、社内で賛同を得られないと辛いこともあります。
企画営業の仕事では、アイデアの質はもちろんですが、数も大切です。

企画が通らなくても次のアイデアを考えるめげない精神が求められます。

◆アイデアが枯渇する
企画営業の中で辛いのが、アイデアが出てこない時です。
プロジェクト1つに対して企画営業が出すアイデアは1つではありません。
ものによっては何10個ものアイデアを出して全部ボツになることもあります。

一番ニーズに近いものを導き出すには、多くのアイデアの中で消去や追加を繰り返し、より精度の高いものにしていく作業が必要です。

いかがでしたか?

企画営業の仕事は、会社全体のプロジェクトに関わることのできるやりがいの大きな仕事です。
営業やコミュニケーションスキルを磨く上でも、ぜひチャレンジしてくださいね。


[saleslink]
年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事