40代から営業職へ転職!知っておくべき種類と選び方のポイント

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

営業への転職を考えたことはありませんか?
転職する際に知っておきたいのが、営業の仕事の種類ではないでしょうか。

営業の仕事は多岐に渡っているため、選ぶ種類によってはスキルや知識も異なります。
今回は営業職の種類と仕事内容について、詳しく解説していきます。

さらに営業職の選び方についてもご紹介していますので、転職をする際の参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

営業職の種類と仕事内容

営業職の種類を検討する男性

まずは、営業職の種類とその仕事内容から見ていきましょう。

・一般営業職
不特定多数の個人を対象とした営業です。
顧客に合わせてアポが入ることが多いため、夜遅くや土日に出勤することもあります。

断られることも多い営業職のため、諦めない粘り強さが求められます。

・ルートセールス
特定の顧客を対象とした営業です。
顧客の要望や課題に合わせた提案力が必要になります。

法人向けの場合がほとんどのため、顧客管理や信頼関係が求められます。

・カウンターセールス
店舗に訪れた顧客に対して、自社製品やサービスを販売する仕事で、内勤営業と呼ばれる営業です。

短時間で顧客のニーズを把握して提案するスキルが必要で、自社製品やサービスに関する知識はもちろん、関連するサービスについてなど広範囲の知識も求められます。

・代理店営業職
自社製品やサービスを代行してくれる販売代理店を探し、契約を取る営業です。

契約後は代理店に対して販売支援や相談に乗るなど、アフターフォローも重要な業務の一つです。

・セールスエンジニア
技術的な知識を持った営業職です。
主にIT、電機、機械関連などのエンジニアとしての経験を生かせる職種です。

専門的な知識を、誰にでも分かりやすく伝えるスキルが必要です。

・海外営業職
自社製品やサービスを海外に向けて販売する仕事です。
語学力は必須で、販売先の国の価値観に合わせた提案力や高い交渉能力も求められます。

・医薬営業職
病院などの医療機関に出向き、医薬品や医療機器などの効果や使用方法などを医師に提案する、MRと呼ばれる営業です。

企業と医療従事者との橋渡しのような存在で、使用感や副作用などのフィードバックも行います。

40代からの転職に役立つ!営業職の選び方

営業職を選ぶ人

営業職の種類について理解できたところで、自分に合う営業職の選び方を見ていきましょう。

◆自分のタイプから選ぶ
《対人コミュニケーションに長けている》一般営業やカウンターセールス
《しっかりした信頼関係を築いて長い付き合いが得意》ルートセールスや代理店営業
《専門知識を身につけたい》セールスエンジニアや医薬営業職
《グローバルな仕事がしたい》海外営業職

上記のように、自分のタイプに合う種類を選ぶのもおすすめです。

◆興味のある業界を選ぶ
種類を絞らずに、まずは自分の興味のある業界から選ぶのも一つの方法です。
興味のあるものなら、どんなスタイルでもやりがいが生まれます。

営業職は、どんな種類を選んでも決して楽な仕事ではありません。

なぜ営業をやりたいのか、営業職に就いてどうなりたいのか、などキャリアプランを明確にして、自分に合う種類の営業を見極めてくださいね。

[saleslink]
年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事