【40代で目指すMR募集】おすすめ転職ルート&仕事の探し方

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

MRは専門性があり、社会貢献度の高い職業です。
経験者のみが転職できると思われがちですが、実は未経験からMRを目指すことも可能です。

今回は、未経験からMRになるための転職ルートや求人の探し方など、MRを目指す方に役立つ情報をご紹介します!

ブランクのある方や再チャレンジしたい方も、ぜひ最後までお読みください。

目次

40代、MR募集は未経験で挑戦可能?オススメ転職ルート3選

MRとして働く女性

MRの仕事は、自社の医薬品と情報を医療機関に提供することです。
資格がなくてもチャレンジできますが、医薬品の知識や情報が必要なため、ほとんどの方が資格を取得して働いています。

◆未経験からMR募集にチャレンジするルート
【1】製薬会社のMR
有名な大手製薬会社や外資系製薬会社では、多くのMRが活躍しています。
ただし、昨今では未経験を対象にした中途採用はほとんどない状況です。
販売委託を受けている会社のMRとして経験を積んだ後であれば、転職も可能です。

【2】ジェネリック医薬品メーカーのMR
特許切れをした医薬品(有効成分・効能・効果は同じ)を扱う、ジェネリック医薬品メーカーのMRは、専門性よりもビジネス性の高い仕事です。

同じ効果のある医薬品を安く提供できるというメリットや市場の成長に魅力を感じる方にはオススメです。

【2】コントラクトMR
製薬会社から販売委託を受けている会社のMRです。
未経験者を対象とした募集もあり、資格取得に向けて教育も充実していることから、応募者数が増えています。 コントラクトMRで経験を積めば、新薬メーカーのMRとして飛躍することも可能です。

上記のように、MRを目指すにはさまざまなルートがあります。
それぞれの特徴を踏まえた上で、自分に合う方法を選んでください。

40代でMRの募集に挑戦!転職先の探し方とは?

MRの転職先探しのポイント

専門的な職種であることから、一般的な求人サイトにはあまり掲載されていません。
できるだけ数多くの求人に出会うためにも、オススメの探し方をご紹介します!

●ハローワークで探す
地域に密着した求人数が多く、職員のサポートが受けられるのもメリットです。
求人内容の気になること、聞いてほしいこと、面接の調整なども職員に任せられます。

ハローワークに出向く時間がないという方は、「ハローワークインターネットサービス」をご活用ください。

●MR特化型の求人サイトで探す
・MR-WALKER
MR専門のコンサルタントが、転職の要望を丁寧にヒアリングします。
マッチングする製薬会社と強いパイプを持つメディカル専門の紹介会社を選定し、高い転職率を実現しています。

・MR Biz
業界トップクラスの求人数と情報数を誇り、応募書類の書き方からレクチャーします。

自分では言い出しづらいことも、専任のコンサルタントが交渉して解決してくれるので、条件アップの実績も多数あります。

MRになるには、紹介やつながりが有力になることもあります。
ハローワークやMR特化型の求人サイトは、職員やコンサルタントのサポートが受けられるので、転職活動では心強い存在になります。

【MRの募集】40代で転職してからのやりがい&大変さとは?

MRの男性とドクター

MRは、人々の健康を支える一端を担っています。
40代で転職してからは、どんなやりがいや大変さが待ち受けているのでしょうか?

《MRのやりがい》
◆社会的貢献度が高い
医療の進歩は、病気に苦しむ患者を助けてきました。
これまで完治は難しいとされてきた病気も、新薬の開発によって一変したものもあります。
MRによる医薬品の普及活動が、その一役を担ってきたのは明白です。

◆高い専門性がある
MRとして活躍するには、高度な医療知識と情報収集力が必要です。
医療現場の実情やニーズをキャッチしながら、医師に対して製品の提案や説明を行わなければなりません。
常に最新の知識を習得し続けるMRは、高い専門性をもった職業のひとつです。

◆多くの人から感謝される
自社の医薬品によって、患者の病気が完治・改善するのは、MRにとって一番の喜びです。
患者に感謝されることは医師の喜びであって、その糸口を作ったMRは医師に感謝されることが多々あります。
多くの人の「ありがとう」が、MRが最も感じるやりがいです。

《MRの大変さ》
◆転職後も勉強が必要
製薬会社は、常に新薬の開発に勤めています。
その種類は数えきれないほど多いですが、MRは担当分野の医薬品をすべて網羅しなければなりません。
その為に、転職後も医薬品や医療の勉強をし続ける必要があります。

◆責任が大きい
MRの仕事で最も大切なのは、医薬品の情報を正しく伝えることです。
適正に使用すれば、病気や怪我の完治・改善に効果を発揮しますが、誤った使用をすれば健康被害をもたらす可能性があります。

人の命にもかかわる責任問題なので、分かりやすく正確に伝えることに注力しなければなりません。

MRは医師ではありませんが、治療に使用する医薬品を提供するという意味では、大きな役割と責任が生じます。
日々の勉強と努力を惜しまず、責任感を持って仕事をすることで、大変さをやりがいに変えられます。

いかがでしたか?

ある程度のステップを踏めば、未経験でもMRに転職することは可能です。

身に着けなければならない知識やスキルはたくさんありますが、「病気から誰かを助ける仕事がしたい!」という方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?



▼合わせて読みたい!
40代向け転職サイト「ミドルの転職」の評判から見る賢い活用法
40代事務への転職!求人サイトの利用で希望の仕事さがしにチャレンジ
成功する40代女性の転職!失敗原因から紐解く成功方法&心構え3つ
【40代女性の転職】成功のための6つのステップ&最初の一歩

新着記事