【40代女性】不動産営業へ転職を目指す!仕事内容とやりがい

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産営業というと、一般に男性のイメージがあるかもしれませんが、最近はライフワークとして選択する女性も増えており、これから転職を考えている女性に人気の職業の一つです。

今回は、やりがいある不動産営業の仕事の大変さや転職の現況、キャリアアップのパターンなど幅広くご紹介します!


・たった5分で40代の営業職への転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代女性の不動産営業職の実態!求人数や男女比は?

不動産営業の40代サラリーマン

ライフスタイルに変化の多い女性にとって、忙しい営業の男女比率や不動産営業の転職現状は気になるところ。

ここでは、不動産営業の転職における実態についてご紹介します。

◆不動産営業の男女比率は?
不動産業界における男女の比率は、男性の割合の方が多いのが現状です。
女性の場合は、賃貸紹介や事務として不動産業界で働くパターンが多いものの、中には不動産事務として働く女性が営業を兼務する場合もあり、一概に女性の比率が極端に少ないと言い切れない部分もあります。

営業職の経験がある女性が、経験を生かして転職するケースもあります。

◆不動産営業の需要の今と将来性は?
不動産営業の転職市場は、人口の減少などで縮小傾向にあると見られています。
しかしその一方で、リフォームなど既存の物件を生かした方向へ業務の幅は拡がっていることから、求人需要は常にある状態です。

今後は、外国人移住者や、女性の単身者向けなど、ニーズごとに特化した物件の提供に力を入れる業者も増えており、今後も需要があると予想されます。

https://www.from-40.jp/wpcolumn/wp-admin/post.php?post=3967&action=edit#

40代女性の不動産営業!仕事内容や大変さとやりがいとは?

不動産営業のやりがい

ここでは、女性が不動産営業として働く上で気になる仕事内容や大変さ、やりがいについて具体的にご紹介します。

《不動産営業の仕事内容》
不動産営業の主な仕事は下記の3つです。

・販売
・賃貸
・管理

具体的な業務内容としては、電話での売り込みや物件のリサーチ、契約関連の確認や打ち合わせなどの事務作業を行います。

物件のリサーチなどは、事務の人が代行する場合も多いです。

《不動産営業の大変さ》
◆休日出勤が多い
顧客は主に土日に来訪するため、不動産営業にとっては休日が忙しくなります。
物件の見学なども土日に集中することは多く、休みを取りにくい職業であるといえます。

◆ノルマがある
月ごとの目標売上件数や利益が掲げられ、それを目指して業務に取り組むことが多く、人によってはプレッシャーを重く感じるでしょう。

《不動産営業のやりがい》
◆やった分だけ給料に反映される
不動産営業は、歩合制(インセンティブ)をとっている場合が多く、単価の高い不動産の取引なので成果を挙げれば反映も大きいです。
この部分も、出来高主義の人に人気の理由です。
◆誰かの人生の一部に関わる仕事である
人はさまざまな理由で物件を借りたり買ったりします。
人生の変化に伴って家を購入したり、また手放す人など毎日多くの人と接する仕事です。

そこに寄り添い、より顧客の希望に沿うことができれば大きな喜びとなります。

不動産営業からのキャリアアップは可能?40代女性が目指すその先とは

不動産営業からのキャリアアップ

不動産営業としての経験を積むと、その後のキャリアチェンジはどのようにしていけばいいのでしょうか?

ここでは、不動産営業からの転身の例を一部ご紹介します。

◆他業種の営業へ転職する
不動産営業で培った経験を生かしての転職例です。
競合他社の調査やデータの集積や顧客への提案など、営業に必要なスキルをダイレクトに生かすことができます。

ハウスメーカーなど、近似の業界へ営業として転職するパターンもあります。

◆コンサルティングとして転職する
不動産営業として膨大な量のデータをリサーチ、調査してきた経験は、コンサルティングに生かすことができます。

物事を広い視野から見る能力が必要なコンサルティングの求人は業界も幅広く、昨今躍進の続くITや広告業界においての需要も高まっています。

このほかにも、不動産営業時代に培った知識やノウハウを元に、より時代にのっとった不動産会社を新たに立ち上げる人もいます。

いかがでしたか?

不動産営業は大変な仕事ですが、経験を積めば次に生かせる可能性の高く、ライフワークとしての転職を目指す人にもおすすめの職業です。

これから不動産営業を目指す人の参考になれば幸いです。



▼合わせて読みたい!
40代から不動産営業に転職!やりがい&キャリアアップに役立つ資格
不動産業界への転職を目指す!有利な資格や求人の探し方を解説
40代で目指す営業!知っておきたい求人現況と転職サイト3選!
40代で不動産営業に転職する!気になる仕事内容と給料&大変さ

[saleslink]
年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事