40代から営業アシスタントに転職!求められるスキルや特徴とは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

営業アシスタントへの転職を考えているけれど、実際の仕事内容や必要なスキルが分からず、困っていませんか?

今回は、営業アシスタントの仕事について、詳しくご紹介します。

具体的な業務内容のほか、40代で転職する時に求められるスキル、営業アシスタントが向いているタイプなど転職時に気になる情報をお届けしています。

似ている職種「営業事務」との違いも、この機会にしっかり確かめてくださいね。


・たった5分で40代の営業職への転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

《40代からの転職》営業アシスタントの仕事

営業アシスタントとして働く人

営業スタッフをサポートする営業アシスタントの仕事は、営業や営業事務と重なる業務もありますが、あくまで別物です。

具体的な業務内容を確かめ、仕事の範囲を正しく把握しておきましょう。

◆主な業務は、営業の後方支援
営業アシスタントは外回りの営業スタッフに代わり、事務作業やスケジュール管理、資料作成、クライアントとの連絡などを担当します。

場合によっては、営業先に同行したり、顧客と直に対応したりすることもあります。

また、営業から指示された仕事をするだけではありません。

事前に必要な準備を整えたり、先を見越して営業スタッフに提案したり、時には営業スタッフの背中を押すことも必要です。

◆営業事務と営業アシスタントの違いは?
営業スタッフをサポートする職種には、営業アシスタントの他に営業事務もあります。

営業事務は事務的なサポートがメインとなり、クライアントへの連絡や営業の同行は業務外となることがほとんどです。

この点が、営業アシスタントとの大きな違いになります。

40代からの転職で求められるスキル

40代から営業アシスタントへの転職で必要なスキル

40代で営業アシスタントに転職する場合、主に4つのスキルが求められます。
自分に足りないスキルを確かめ、スキルアップしておくことをおすすめします。

◆基本的なパソコンスキル
エクセルやワード、パワーポイントなどのスキルと、実際の使用経験が求められることが多いです。

特にエクセルでは、関数を使ってどんな資料が作れるのかなど、企業によって「ここまでのスキルがほしい」と明示されることもあります。

パワーポイントのスキルは必須とは限りませんが、使えると有利になる場合もあります。

◆臨機応変の対応力
営業活動は、急な予定変更やトラブルが発生することもあります。
いざという時は営業スタッフに代わってクライアントの対応をする場合もあります。

どんな状況にあっても常に冷静で、臨機応変に対応できる力が必要です。

◆調整能力
営業成績は優秀でも、スケジュール管理や事務作業は苦手という営業スタッフもいます。

そのため、営業アシスタントは営業スタッフが営業活動に専念できるように、これらの作業を代行したり調整したりすることが多いです。

それぞれの締切などを確かめながら作業の優先順位をつけ、進行できるようサポートする調整能力も求められます。

◆ワンランク上のビジネスマナー
営業アシスタントは営業スタッフに代わり、顧客に対して電話やメール、手紙、訪問などの対応をする場合があります。

相手への失礼がないことはもちろん、営業スタッフや会社に対する好感度を上げることを意識して、よりハイレベルなビジネスマナーを発揮できる人が必要とされます。

営業アシスタントに向いている40代とは?

営業アシスタントに向いている人

営業アシスタントの仕事内容や求められるスキルが分かったところで、向いている人を見ていきましょう。

・事務経験のある人
営業事務はもちろん、パソコンを使った一般事務の経験も生かせます。
データをもとにしたグラフや表の作成、ビジネス文書作成などの経験も役立ちます。

・営業経験のある人
営業経験がある人は営業活動の流れを理解しているため、イレギュラーな事案が発生した場合も、的確な判断や対応が可能です。

さらに営業スタッフが必要な資料や求めるサポートなども分かるため、さまざまな面での活躍が期待されやすいです。

・気配りのできる人
営業スタッフや顧客の心情まで考慮するなど、細やかな気配りができる人も営業アシスタントに向いています。

営業活動をスムーズにする上では、さりげないサポートも確実に役立ち、現場の雰囲気を良くすることにもつながります。

・営業の背中を押せる人
必要に応じて的確なアドバイスを示し、時にははっきりとした言葉や態度で背中を押せるタイプの人も喜ばれます。

営業スタッフの頼りになる相棒として、大きく活躍することができます。

いかがでしたか?
事務や管理などのサポート業務で営業成績アップに貢献できるのが営業アシスタントです。

さまざまなシーンで活躍できる営業アシスタントに挑戦し、幅広いスキルアップを目指してはいかがでしょうか?

[saleslink]
年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事