40代から企画営業への転職!仕事内容や求められるスキルとは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

企画営業の仕事に興味はあるけど、一般的な営業と何が違うのか、仕事内容や求められるスキルとは何かなど、分からず悩んだことはありませんか?

不況が続いている現代、営業という従来のような画一的なアプローチだけでは需要が伸びず、新たなニーズが生まれ「企画営業」という職種を目にするようになりました。

今回は40代から企画営業への転職の参考になる、仕事内容やスキルをご紹介していきます。

また、どういう人に企画営業が向いているのかなど、重要なポイントもご紹介しますので、最後までしっかり読んで転職に役立て下さいね。


・たった5分で40代の営業職への転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

《40代からの転職》企画営業の仕事内容とは

企画営業の仕事をする人

まずは、企画営業の仕事内容から見ていきましょう。

・売るだけではない!
クライアントの課題をヒアリングし、それを解決するために自社の商品・技術・サービスを取り入れながら戦略を考え、企画・提案を行い成果へ結びつけるのが仕事です。

・営業と企画営業は違う!
営業は売上アップが主な業務ですが、企画営業は企画・提案が主な業務となります。
ただし、営業をサポートする立場の企画営業もあります。

また中小企業などでは企画提案から営業も行う企業も多く、会社によっても役割は異なります。

40代からの転職に求められるスキル

40代からの転職に求められるスキル

次に、企画営業に求められるスキルを見ていきましょう。

◆マーケティングのスキル
分析、戦略、プロモーションを視野に入れた提案が必要になります。
計画的・倫理的に業務を進めることで、成果へ繋がります。

◆長期的な提案力とアフターフォロー
企画営業の仕事は、売って終わるだけではありません。
提案後の長期的な戦略を考える必要があるため、長期的な責任も伴います。

◆発想力とプレゼン能力
課題に対する提案を生み出す発想力と、それを企画としてまとめ、説得力のある提案書作成やプレゼンする能力も求められます。

企画営業に向いている40代とは?

企画営業として働く40代

最後に、どういう人が企画営業に向いているのかを見ていきましょう。

・高いヒアリング能力を持っている人
クライアントごとに抱えている課題やニーズは異なります。
営業の中で、相手のニーズや課題を引き出す能力のある人は向いているでしょう。

・向上心のある人
目標やノルマがある場合も前向きに頑張れる、さらに上を目指したいと思える人は向いていると言えます。

・体力のある人
クライアントのところへ出向くことが多く、資料なども持ち歩くため、体力に自信のある人が向いています。

これまでの記事を参考にしながら、企画営業への転職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


▼合わせて読みたい!
40代で企画へ転職するには?仕事内容や役立つスキル&例文4選
40代から営業企画に転職!有利なスキルやアピールポイントを解説
中高年の転職!広告業界の仕事内容と採用担当が欲しい人材とは
中高年の転職!営業の仕事内容と採用担当者が欲しい人材とは?

[saleslink]
Banner column01
Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事