プロジェクトマネージャーの仕事って?40代に求められる役割とは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>「転職活動を検討される際は、転職エージェントの利用をおすすめしています。

転職エージェントはキャリアアドバイザーのサポートの質や求人情報の違いもあるためまずは大手媒体を数社、業界や部門に特化した媒体を登録するのがおすすめです。

まずは様々な業界の求人情報をチェックするために、dodaに登録してみましょう。
求人数は9万件以上あり、キャリアアドバイザーの質の高さも評判であり、初めて転職する方にもおすすめです。
多くの求人を比較したい、高い質のキャリアサポートを受けたい方はぜひ利用してみてください。

doda公式サイトで会員登録

システム開発などにおいて、メンバーをまとめ、責任者としてプロジェクトの進行管理を行う「プロジェクトマネージャー」の仕事に、興味はありませんか?

ここでは、似たようなイメージのある「プロジェクトリーダー」との違いとあわせて、プロジェクトマネージャーの具体的な仕事内容を解説します。

プロジェクトマネージャーを目指す40代が取得しておきたい資格についても紹介していますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

・たった5分で40代のエンジニア転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 「転職サイト」と「転職エージェント」の両方の求人が掲載されているの、求人数が圧倒的に多い
  • 色んな求人を見て働き先を探したい方
    におすすめ
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
全ての転職者
  • 20代向けの求人が多い
  • 中小企業やベンチャーを希望の方におすすめ

プロジェクトマネージャーの仕事・役割

プロジェクトマネージャーの仕事 イメージ

まずは、プロジェクトマネージャーの仕事と役割を確認していきましょう。

◆プロジェクトマネージャーとは
主にIT関係のプロジェクト進行において、複数のエンジニアなどのメンバーをまとめ、プロジェクトの進行管理を行う役割のことです。

プロジェクトマネージャーには、チームの責任者としてプロジェクトを円滑に運営し、期日までに成果物を完成させる能力が求められます。

◆具体的な仕事内容
プロジェクトの性質や規模によっても異なりますが、具体的には以下のような業務が、プロジェクトマネージャーの仕事とされています。
・プロジェクトの企画、立案
・予算と期間にあわせたメンバーの選定、手配
・プロジェクト全体のスケジューリング
・システム開発、テスト、調整と納品     など

上記のとおり、プロジェクトマネージャーの仕事内容は多岐にわたります。
予算や納期に関する各方面との調整や折衝も必要となるため、IT技術者としてだけでなく、管理者・リーダーとしても高い能力が必要とされる仕事です。

40代必見!プロジェクトのマネージャーとリーダーの違いは?

リーダーとマネージャーのちがい

プロジェクトマネージャーがどんな仕事か分かったところで、次は、似たイメージのある「プロジェクトリーダー」との違いをご説明していきます。

どちらもプロジェクトの成功に重要な役割を果たす管理職ですが、この2つの具体的な違いは、以下のとおりです。

◆現場の監督・責任者が「プロジェクトリーダー」
プロジェクトの目的を理解した上で進むべき方向性を決定し、現場のITエンジニアを導くのがプロジェクトリーダーの役割です。

変化の多い現場での判断力や、チームメンバーを統率するリーダーシップが求められます。

◆全体を見て管理するのが「プロジェクトマネージャー」
マネージャーは、プロジェクトにかかわる予算・時間・人員などを配分して、現場だけでなくプロジェクト全体の責任者として管理を行います。

専門的な技術力よりも、顧客とメンバーの間に立ち、プロジェクトの様々な要素をバランスよく調整することのできる人が求められるのです。

40代のプロジェクトマネージャーの仕事に役立つ資格3選

資格持ちのプロジェクトマネージャー

最後に、プロジェクトマネージャーを目指す40代の方に向けて、プロジェクトマネージャーの仕事に役立つ資格を3つご紹介します。

プロジェクトマネージャーに必須の資格はありませんが、スキルや熱意を証明するための1つの方法ですので、取得を検討してみてくださいね。

《1》基本情報技術者試験
経済産業省が実施する国家試験「情報処理技術者試験」の区分の1つで、IT技術者となるための基本的な知識を持ち、活用する能力があることを証明するものです。

プロジェクトマネージャーとして、必要最低限の知識が問われると考えていいでしょう。
試験時間は2時間程度、難易度も比較的やさしいとされています。

《2》プロジェクトマネージャー試験
「情報処理技術者試験」の中でも、最も難易度が高いとされる試験の1つです。
IT技術ではなく組織のマネジメントに関する設問が多いのが特徴で、試験時間も5時間にわたり、現場での経験がないとイメージしにくい問題も出題されます。

《3》ITストラテジスト試験
ITを戦略的に経営に活用したいと考える、企業のIT責任者やITコンサルタントに必要な知識・技術を問う試験です。

IT関連の知識に加え、経営戦略などのビジネスの素養を身につけることができ、プロジェクトマネージャーだけでなくコンサルタントを目指す人にも人気があります。

いかがでしたか?
この記事を参考に、経験を積んだ40代の今だからこそ、プロジェクトマネージャーのポジションを目指してみてくださいね。


▼合わせて読みたい!
40代向け転職サイト「ミドルの転職」の評判から見る賢い活用法
40代事務への転職!求人サイトの利用で希望の仕事さがしにチャレンジ
成功する40代女性の転職!失敗原因から紐解く成功方法&心構え3つ
【40代女性の転職】成功のための6つのステップ&最初の一歩

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事