40代ネットワークエンジニアへの転職!運用の仕事内容と転職状況

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットワークエンジニアとは、パソコンやスマホのネットワークなどを中心に、近年Iotでも注目される「ネットワークに特化したエンジニア」のことです。

専門のエンジニアとして、ネットワークの設計・構築・保守・運用など、さまざまな業務に対応します。

ネットワークエンジニアとして成功するには上記すべての業務に対応できる必要がありますが、今回はその中でも「運用」の仕事内容をご紹介します。

さらに、転職を検討している40代向けに、ネットワークエンジニアの待遇や、転職活動のポイントも掲載しています。

ぜひ最後まで読んで、参考にしてくださいね。

目次

「ネットワーク運用」の仕事とは

ネットワークの運用 イメージ

ここではまず、ネットワークエンジニアの「運用」の仕事内容について、ご説明していきます。

◆想定外の事態を「発見、調整」する
ネットワークは、クライアントの希望に基づいて設計・構築されています。

しかし、実際にシステムを動かしてみると、設計時には想定していなかった事態や、トラブルに見舞われることも少なくありません。

運用は、ネットワークと周辺機器を動かし、監視しながら、必要に応じてシステムを変更・増設し、正しく運用していけるように調整する仕事です。

クライアントに損失が出ないよう、速やかな問題発見と、問題解決能力が求められます。

40代ネットワークエンジニアの待遇

ネットワークエンジニアの給与と待遇 イメージ

ネットワークエンジニアの「運用」の業務内容がわかったところで、次は、この仕事の一般的な給与や待遇についてご紹介します。

◆雇用されて働くなら年収300~600万円が目安
エンジニア業界は実力主義の世界です。

ネットワークエンジニア全体の平均年収は500万円前後ですが、未経験なら300万円~、難しい資格の保持者なら1,000万円以上を稼ぐことも可能です。

勤務先の規定にもよりますが、実務経験を積んだり、ネットワークに関する技術証明である「シスコ技術者認定資格」の取得することで昇給が狙えます。

ただ、一般的にIT業界は残業が多くなりがちなため、高い金額の給与を得ていても「給与に労働時間が見合わない」という事態に陥るケースはあります。

◆高収入を得たいなら、独立の道もアリ
スキルやクライアントからの信頼を勝ち取ることができれば、フリーランスとして独立する道も見えてきます。

もちろん、金銭面や健康上のリスクはありますが、実力主義の業界だからこそ、技術さえあれば会社員の何倍もの高収入を得ることも可能です。

40代が未経験からネットワーク運用に転職したいなら

ネットワークエンジニアへの転職 イメージ

最後に、40代の未経験からネットワークエンジニアへの転職を目指す方に向けて、転職活動が有利になるポイントをご紹介します。

◆独学で知識を得ておく
パソコンの操作やシステム開発、ネットワークの運用などについての基本知識を持っていれば、実務未経験でも採用の可能性は高くなります。

未経験だからとあきらめず、転職活動では独学での学習実績から熱意をアピールしましょう。

◆資格取得から目指すのもひとつの方法
パソコンやIT技術に関して知識があることの客観的な証明として、資格を取得するのもおすすめです。

取得まで至らなくても、以下のような関連資格取得に向けての勉強をしていることを具体的に説明できれば、効果的な自己ピールになります。

《ネットワークエンジニアの転職に歓迎される資格》
・シスコ技術者認定
ネットワーク機器の大手Cisco Systems社が実施する技術認定資格です。
何度によってCCENT、CCNA、CCNP、CCIEの4段階あります。

・LPIC(Linux技術者認定試験)
IT、ネットワーク機器のOSとして使われるLinuxの取り扱いに関する技術認定資格です。難易度により、試験は3段階に分かれています。

・ネットワークスペシャリスト試験
経済産業省が実施する国家試験の一種です。
正確には「情報技術者試験」のうちの1区で、ネットワーク関連の資格のなかでは最高レベルの難易度です。

独学での資格取得はかなり難しいと言われており、スクールで口座を受けてから受験する人もいます。

いかがでしたか?
この記事を読んでネットワークエンジニアへの理解を深め、転職活動にお役立てくださいね。