40代ネットワークエンジニアへの転職!監視の仕事内容と転職状況

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

ネットワークエンジニアとは、パソコンやスマホなどが利用する「ネットワーク」に特化したエンジニアです。

専門のエンジニアとして、ネットワークの設計や構築、監視・保守、運用など、さまざまな業務に対応します。

ネットワークエンジニアとして成功するには上記すべての業務に対応できる必要がありますが、今回はその中でも「監視・保守」の仕事内容をご紹介します。

さらに、ネットワークエンジニアへの転職を検討している40代の方向けに、この仕事の将来性や、未経験からの転職活動のポイントも解説しています。

ぜひ最後まで読み、参考にしてくださいね。

目次

「ネットワーク監視・保守」の仕事とは

ネットワーク監視のイメージ

ここではまず、ネットワークエンジニアの「監視・保守」の仕事内容について、ご説明していきます。

◆「ネットワーク機器を監視し、トラブルに対応」する
保守・監視とは、ネットワークと周辺機器に障害が起きないように見守り、何かトラブルが発生したときには速やかに対応するのが仕事です。

サーバーの移行などによるさまざまな異常や、バグの発生など、起きている障害から原因を見極め、適切に対処できる知識と技術が必要になります。

ネットワークエンジニアの将来性

エンジニアの将来について考える男性

ネットワークエンジニアの「監視・保守」の業務内容がわかったところで、次は、この仕事の需要について考えていきましょう。

◆ネットワークエンジニアの需要は高い
近年、ほとんどの企業でコンピューターが使われ、モノ同士の通信であるIoTの普及もあり、ネットワークエンジニアの需要は高まっています。

新しく構築するネットワークはもちろん、既存のネットワークも長期的な監視・保守は不可欠です。

この現状から、今後もネットワークエンジニアの需要は一定あり、仕事がなくなる可能性はかなり低いと考えられます。

◆将来性はバツグン!でも継続的な勉強は必須
今後も需要の高まりが見込めることから、ネットワークエンジニアは将来性のある仕事と言えます。

ただし、移り変わりの早いITの世界で生き残っていくには、技術や働き方の変化に柔軟に適応できる臨機応変さと、勤勉さが必要です。

つい先日まで最先端だった技術や働き方が、今日には古くなっている、ということも起こり得ます。

状況の変化にいつでも対応できるよう、常に最新の技術や知識習得の努力は欠かさないようにしましょう。

40代が未経験からネットワーク監視に転職したいなら

ネットワークエンジニアへの転職 イメージ

ネットワーク監視の仕事内容や、ネットワークエンジニアの仕事について、理解できましたか?

最後に、40代の未経験からネットワークエンジニアへの転職を目指す場合のポイントをご紹介します。

◆未経験でも挑戦できる!
ネットワークエンジニアには「未経験可」の求人も多数見受けられます。

パソコンを問題なく操作できる程度のスキルがあることは前提ですが、実務経験がなくても、独学で基礎知識を学んでいれば、採用の可能性は十分あります。

勉強内容などを話して、未経験の分野で貪欲に学び、働いていきたいという熱意をアピールすると効果的です。

◆実践から学び、ステップアップをめざそう
エンジニアは、実力主義の世界です。
基本的な知識を習得したと思ったら、あとは実践のなかから学び、実力をつけていきましょう。

一定期間の実務経験を積めば、さらに良い条件の企業への転職や、フリーランスとして活躍する道も見えてきます。

いかがでしたか?
この記事を読んでネットワークエンジニアへの理解を深め、転職活動にお役立てくださいね。

Banner neo column 01

新着記事

関連する記事