プロジェクトマネージャーに転職!40代に必要なスキル・資格は?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>40代のITエンジニア&デザイナー必見!業界スペシャリストがあなたの転職を徹底サポートしてくれます。

「専門的な知識やスキルを活かして転職したい」実務経験を重ねてきた40代のあなたにオススメなのが、ITエンジニア・デザイナーに特化した転職支援サービス『レバテックキャリア』です。

技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心ですね。

キャリアアップを目指す方や業界のプロの転職サポートを受けたい方は、今すぐ登録を!

レバテックキャリア公式サイトで無料登録

システム開発等のプロジェクトの企画・進行・管理を行う、プロジェクトマネージャーへの転職に興味はありませんか?

今回は、40代からプロジェクトマネージャーの転職を考えている人に向けて、この仕事の内容や転職状況をご紹介します。

あわせて、転職に役立つスキルや資格の例もご提案しているので、最後まで読んで参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

40代必見!プロジェクトマネージャーに転職するということ

プロジェクトマネージャーのイメージ

まずは、プロジェクトマネージャーとして働くとはどういうことかを理解するために、仕事内容を確認していきましょう。

◆プロジェクトマネージャーとは
主にIT業界において使われる言葉で、システム開発等のプロジェクト管理・運営の責任者のことを指します。

具体的には、そのプロジェクトを行うメンバーを選び、要件定義を行うところから、進捗管理など全般的な管理運営、納品までを行います。

◆ニーズは高いが、即戦力であることが必須
プロジェクトをしっかり管理・進行できるプロジェクトマネージャーは企業から常に求められており、職種としてのニーズは高いです。

ただし、即戦力かつ高い能力を持っていることを前提とした募集が多いので、特に未経験者にとって転職のハードルは高いと言えます。

40代でのプロジェクトマネージャー転職に必要なスキル

プロジェクトマネージャーに必要とされるスキル

プロジェクトマネージャーの仕事内容と転職事情がわかったところで、次は、その中で40代の転職希望者に求められるスキルを見ていきましょう。

大きく【プロジェクト進行で要求されるスキル】と【リーダーシップ】の2つに分けて解説していきます。

◆プロジェクト進行で要求されるスキル
《タイムマネジメントスキル》
プロジェクトマネージャーには、ゼロからプロジェクトを企画し、諸問題を解決しながら、期日までに成果物を作り上げることが求められます。

要件分析からテストまでを管理する工程では、必ずと言っていいほど、予定通りにいかないことが起きます。

それでも時間を管理しつつ納期に間に合わせられる能力が、プロジェクトマネージャーには必須です。

《ユーザーニーズをまとめるスキル》
担当したプロジェクトを成功させるには、成果物がいかにターゲットとするユーザーのニーズを反映できているかも重要な要素です。

プロジェクトマネージャーには、大局的にも局所的にもニーズを把握し、さらに取捨選択もできる感覚が要求されます。

《システム設計、運用者としてのスキル》
システムを設計・運用する前に、本当にそのシステムがパフォーマンスやコスト面において適しているか、判断できなければなりません。

責任者としてプロジェクトをすすめていくには、扱うシステムの論理的・物理的な構造を深く理解している必要があります。

◆チームを引っ張るリーダーシップ
プロジェクトには、各方面への調整が必要なことが数多くあります。
円滑に進行していくには、チームのメンバーや顧客との信頼関係構築が不可欠です。

チームメンバーのモチベーションコントロールや顧客との交渉などの場面では、対人スキルやリーダーシップが問われます。

プロジェクトマネージャーへの転職に有利な資格はある?

プロジェクトマネージャー試験の勉強

最後に、40代が未経験や経験が浅い状態からプロジェクトマネージャーを目指す場合に、助けになる資格をご紹介します。

◆本来は資格よりも経験・実力主義の世界
プロジェクトマネージャーは経験が重視される職種であり、求人の応募に特別な資格は必要ありません。

これまでにプロジェクトマネージャーの経験や、大きなプロジェクトを中心メンバーとして動かした経験があるなら、十分なアピールポイントになります。

ただし、未経験からプロジェクトマネージャーへの転職を目指すなら、「プロジェクトマネージャー試験」を受験するのもひとつの方法です。

◆「プロジェクトマネージャー試験」とは
国家資格である「情報処理技術者試験」の一つで、もっとも合格率が低い難関試験です。

試験では、IT開発の技術的な部分ではなく、主にチームマネジメントや速やかなプロジェクト進行のための思考力を問われます。

受験にあたっての条件はありませんが、現場での経験を積んでおかないとイメージしにくい項目もあります。

本来は実務を経験してから挑戦するのが効率的ですが、転職前に基礎知識をつける意味でも、試験に向けた勉強をしておくと良いでしょう。

いかがでしたか?
さまざまなスキルが要求されるプロジェクトマネージャーは、難しいからこそ、魅力的な転職先でもあります。

この記事を参考に自分の経験やスキルを棚卸して、転職活動に活かしてくださいね。

年収

新着記事

Ttl new

関連する記事