40歳で妊娠中の転職を成功させる秘訣とは?探し方のコツも必見!

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

妊娠中だけど転職したいと思うことはありませんか?
転職してもすぐに産休に入ってしまう妊婦での転職は、簡単ではありません。

ここでは、妊娠中の転職はできるのか、アピールポイントや求人探しのコツなどを詳しく解説していきます。

最後まで読み進めていただき今後の転職の参考にしてください。

目次

妊娠中の転職はできるのか?

妊娠中で転職を考えている女性

まずは、実際に妊娠中の転職活度は可能なのかどうかを見ていきましょう。

《転職は厳しいが、企業側の理解度は上がっている!》
妊娠中で転職のハードルが上がるのは事実です。

でも、最近では女性の労働力が重要視されています。
そのため、妊娠における企業の理解度は上がってきているのが現状です。

長い目で見て、優秀な人材を確保したいという企業はあります。
妊娠の有無ではなく、スキルや仕事への姿勢、キャリアプランを持っているかどうかなどが重要です。

妊娠中だからと諦めたり弱気になったりせず、自分のキャリアを信じて転職活動に臨みましょう。

40歳で妊娠中でも転職成功へ!アピールポイント4つ

40歳で妊娠中でも転職成功するポイント

では次に、妊娠中の転職を成功させるためにはどのようなアピールポイントが必要か見ていきましょう。

・勤務時間の最大範囲を提示する
自分がどのくらい働けるのかを具体的に伝えておきましょう。

マイナスになるかもしれないことを正直に伝えることで、逆に好印象を与えることもできます。

・周囲の協力体制を提示する
働く理由を家族とよく相談をして、家族や周りの方の協力体制があることを伝えておきましょう。

・キャリアプランを提示する
早い段階で会社の役に立てるように、どのようにスキルアップをしていくのか、具体的なプランを提示していきましょう。

・仕事の効率化やパフォーマンスの向上につとめて仕事をすることを伝える
残業などが制限されるぶん、効率的に仕事をこなせることをアピールしましょう。

40歳での転職先の探し方

転職先の探す妊娠中の女性

妊娠中の転職が無理ではないこと、アピールポイントがわかったところで、最後に転職先の探し方をご紹介します。

・求人サイトなどから探す
全国の幅広い情報が満載の求人サイトは広く情報を集めることもでき、自宅にいながら探すこともできるため、妊娠中の転職活動にもおすすめです。

・ハローワークを活用する
女性向けのマザーズハローワークなどを活用すれば、事情を理解してくれた上で転職の相談などに乗ってくれます。

・転職エージェントを利用する
妊娠中であれば、体調や通院など身軽に動けない場合もあります。

ひとりでの転職活動が難しいと思ったら、転職エージェントを活用し、アドバイスやサポートを受けるのも手段のひとつです。

妊娠中の転職活動は、体調管理が最優先です。

現職にとどまる道も選択肢に入れつつ、注意点を押さえたうえで効率よく無理のない転職活動を進めていきましょう。

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事