40代で秘書を目指す!求人の有益情報と【オススメサイト3選】

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>管理部向け求人多数アリ。丁寧なサポートで目指す仕事への転職成功を!

人事、経理、財務、総務職など管理部への転職を目指す方にオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

経験豊富なキャリアアドバイザーが、管理部人材を求める多くの求人からあなたに最適な求人を厳選して紹介。提出書類の添削から円満退社のためのアドバイスまで、充実のサポートも魅力です。
安心・安全の遠隔サポートもうれしいですね。転職が初めての方や忙しい方にもピッタリな「転職のプロ」による無料サポートを希望する方は、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

秘書というと、どんな仕事を想像しますか?
社長や上役のスケジュール管理など、いわばサポート役というイメージを抱く人は多いでしょう。

今回は、秘書の仕事の種類、秘書の求人に応募する際に歓迎されるスキルのほか、弊社厳選の求人サイトをご紹介します。

ぜひ参考にしてください!

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 経験豊富なコーチがキャリアプランの設計や選考対策を行ってくれる
  • 1on1のオンライン面談
  • サービス満足度92%の実績あり
  • 性格診断やキャリアの棚卸しから始めるので、ズレのない理想のキャリアへの具体的なアクションが可能
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
正社員で働きたい方
  • 正社員、契約社員求人多数
  • 転職すると最大10万円の祝い金がもらえる
  • 運営会社の株式会社リブセンスは東証一部上場企業で安心
  • 独自AIによる最適なマッチングによりスムーズに転職活動ができる

40代からの求人応募!知っておきたい秘書求人の種類

秘書として働く女性

秘書と一口にいっても、さまざまな種類があります。
業務内容は事務的な作業が主ですが、職場のパターンはさまざまです。

ここでは秘書の種類と、それぞれの特徴についてご紹介します。

◆個人につく場合
(例)社長秘書や専務秘書などの役付き秘書
文字通り企業の上役に付く秘書ですが、仕事内容は企業の規模や業種によって違います。
大企業など企業規模が大きい場合は、一人に対して複数の秘書がつく場合もあります。

スケジュール管理や、事務補佐、などの仕事がメインです。

◆組織につく場合
(例)秘書室秘書
大手企業になると、各部署に秘書室が設けられている場合があり、個人につくのではなく各部署ごとの組織につきます。

会社全体の運営に関わる補佐的な仕事や、行事の運営、各部署に設置されている秘書室の指導やフォローを行います。

◆兼務秘書
個人について秘書業務を行いながら、その部署の仕事も兼務します。
部署の“なんでも屋”のような位置づけになるので、忙しい部署だと秘書業との両立が大変な場合もあります。

このように、秘書にもさまざなパターンがあります。
秘書の求人に応募する際は、どんな環境で働きたいのか、部署や種類を吟味しましょう。

40代未経験で秘書求人に挑戦するのに大切なスキル5選

秘書への応募に役立つスキル

ここでは、秘書として働く上で、役立つスキルをご紹介します。
秘書の求人に応募する際にもアピールできるスキルですので、自分の経験やスキル確認の参考にしてください。

◆ビジネスマナー
上司や取引先へのアポイントなどは秘書を通して行うケースが多いため、社内外に通用する最低限のビジネスマナーを備えている必要があります。
先方に失礼のないよう、礼儀や気遣いができることが大切です。

◆スケジュール管理
常に最新の状態にしておくことや、ダブルブッキングなどのミスがないか確認、調整するスキルです。
正確性と几帳面さが求められます。

◆パソコンスキル
事務作業の一環として、文書や表の作成をするのも仕事の一つです。
一通りのオフィスソフトを使えることが望ましいですが、ワードやエクセル、メーリングソフトなどは活用できることが前提です。

◆語学力
外資系の企業などでは必須になるスキルの一つで、代表的なものだと英語、中国語です。
海外の人とスムーズに会話ができる、メールが打てる語学力スキルがあると、求人の幅も広がります。

◆イレギュラーへの対応力
慶弔にかかわる対応や、予測しない事態ての対応力もまた大切なスキルです。
関係の深い企業との付き合い方や、恒例行事などの対応も把握しておく必要があります。

急な弔事の場合など素早い対応が求められるシーンもあるので、迅速な対応力が求められます。

40代から探す秘書の求人さがしにオススメのサイト3選!

秘書求人の検索におすすめのサイト

ここでは、秘書への転職活動で使えるオススメのサイト3つを、それぞれの特徴別にご紹介します。

ぜひ、転職活動の参考として役立ててくださいね。

◆MS-Japan
業界ごとに経験豊富なアドバイザーがいて、転職活動のさまざまな場面でサポートしてくれるエージェントサービスがあります。

求人内容も、求められるスキルや具体的にどのような仕事をするのかが詳細に記載されているので、検索の時点で詳しい求人内容を知ることができます。

◆日経キャリアNET
スカウトサービスのある求人サイトです。
スカウトサービスでは、無料の会員登録をすることで、マッチした求人を紹介してくれます。忙しくて求人を探す時間のない人に向いているサイトです。

◆Bishoku
秘書や受付などの、主に女性の仕事に特化した求人サイトです。
ビジネスマナーやビジネスシーンに合ったヘアメイクの研修など、女性にうれしいサービスもあります。


いかがでしたか?

より自分の希望に合う秘書求人に出会うには、自分のもつスキルと応募先の働き方・仕事内容を照らし合わせてみるのがおすすめです。
この記事を読んで、憧れの秘書求人にぜひチャレンジしてくださいね。


▼合わせて読みたい!
秘書の仕事を徹底解説!40代からの転職成功のコツと待遇とは
40代で他業種から秘書に転職!知っておきたい採用後の雇用や待遇を解説
40代50代の老後の年金・・・マネー不安を払拭したい中高年のための豆知識!
40代転職時に『面接』を成功させるには?面接前に知って得する6つの成功ポイント!

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事