40代事務のアルバイトで採用を目指す!選考突破のためのコツとは?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

事務のアルバイトに応募したいけど、選考に不安を感じていませんか?

この記事では、事務のアルバイトで採用をつかむために知っておきたい心得や、選考突破のためのコツをご紹介しています。

後半にはよく聞かれる質問&回答例も掲載していますので、事務アルバイトの選考前によく読んで、参考にしてくださいね。

目次

事務アルバイト応募3つの心得

1499135401_47163.jpg

実際に事務のアルバイト求人に応募する前に、まずは心得ておくべきポイントを確認しましょう。

◆下調べは入念に!
企業は、職種や仕事内容だけでなく、自社そのものにも魅力を感じてくれる人を積極的に雇用したいと考えています。

応募の前に、住所はもちろん方針や雰囲気に至るまで、応募先企業について情報収集をしておきましょう。

企業の魅力をしっかり理解していると面接での受け答えも変わってくるので、熱意が伝わり、採用の可能性が高くなります。

◆第一印象は大切!
転職活動において、第一印象は非常に重要です。
面接官に良い印象を持ってもらえるよう、以下のことに注意して臨みましょう。

・清潔感のある服装、髪型を心がける
・服と靴はビジネスの場にふさわしい落ち着いた印象のものを選ぶ
・相手の目を見て、ハキハキとあいさつする

◆遅刻は厳禁!面接当日は余裕を持った行動を!
たとえアルバイトでも、面接への遅刻は厳禁です。

約束に遅延することは大人として恥ずかしいばかりでなく、時間を取ってくれた面接官に対しても非常に失礼です。

面接当日は時間に余裕をもって行動するのがベストですが、万が一遅れそうな場合は、事前に電話連絡を入れておくだけで印象がかなり違ってきます。

事務アルバイトの「志望動機」は自己&会社分析で書く!

1499135416_68339.jpg

応募に必要な履歴書や職務経歴書の書き方で悩む人も、多いのではないでしょうか?

ここからは、事務のアルバイトへの求人応募で悩みがちな「志望動機」の考え方のヒントをご紹介していきます。

◆志望動機は「自分+応募先企業の情報」で考える
志望動機とは「なぜ自分が、その会社の事務のアルバイトとして入社したいのか」を具体的に表すものです。

どんなことを書けばいいか悩んだら、「事務としての自分の魅力」と「自分が応募先企業や事務という仕事に感じる魅力」を考えてみましょう。

《自分の魅力を洗い出す》
自分のこれまでの経歴やスキルなど、事務のアルバイトを探している企業にとって「魅力」になりそうなことを書き出してみましょう。

具体的には、過去に事務として働いていた経験や、簿記やMOSなどのパソコンスキルを証明する資格も魅力となります。

また、事務の仕事は来客応対や電話対応など多岐にわたるため、直接事務と関係がない職歴もアピールポイントになり得ます。

《応募先企業・仕事の魅力を洗い出す》
応募先の会社、業界、または事務の仕事そのものなど、自分が相手に対して魅力と感じているものを書き出してみましょう。

具体的には、憧れの会社で働きたい、夢見ていた業界で事務として活躍したい、事務なら自分のスキルを発揮できるから、などがありますね。

ここまでで考えた自分と企業の魅力を組み合わせることで、効果的な志望動機を作成することができます。以下に例文を1つご紹介しますので、参考にしてくださいね。

《例文》
私はこれまで、結婚前に接客業を数年、その後妊娠によって退職するまで3年間事務として勤務してまいりました。在職中は会社全体を多方面からサポートできる事務の仕事にやりがいを感じ、スキルアップのためにMOSを受験した経験もございます。
産休・育休の制度がなかったためやむなく退職いたしましたが、子育ても落ち着いたので、また事務として復職したいと考えております。
御社の立地が家庭との両立にも便利であること、また働く女性への支援を大きく掲げておられるところにも魅力を感じています。
御社にて、培ってきた接客と事務の経験を活かしながら、フルタイムのアルバイトとして貢献させていただきたいです。

事務アルバイトの面接でよく聞かれる質問&答え方例

1499135429_65153.jpg

最後に、事務のアルバイトの面接でよく聞かれる質問と回答例をいくつかご紹介します。

Q:事務の経験がありますか?どんな仕事をしていましたか?
この質問には事務の経験の有無と、経験のある仕事内容を具体的に説明しましょう。

《回答例》
はい、以前少しだけですが、正社員として事務の経験がございます。
そのときには主に書類作成と資料整理、来客への応対と、電話の多い会社でしたので1日あたり〇件程度の電話応対も行っていました。
月末と月初には経理の補佐として、経理処理のお手伝いもしていましたので、役割としては一般事務・経理事務・総務といった感じでした。

Q:業務に役立つ資格、スキルを持っていますか?
日商簿記検定2級やMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)など、事務として働くうえで役立つ資格の有無を答えます。

資格がなくても、これから取る意思があることをアピールすると好印象です。

《回答例》
短大在学中に日商簿記検定を取得しております。
MOSは取得していませんが、事務として数年勤務した経験があるため、ワードやエクセル・パワーポイントなどの基本的なパソコン操作は問題なく行えます。
今後はさらなるスキルアップのため、1年以内をめどにMOSへの挑戦も検討しています。

Q:臨機応変に接客対応もできますか?
会社への電話対応や、来訪者への対応も事務アルバイトの仕事の一つです。接客の経験や電話対応の経験があると有利になります。

《回答例》
学生時代に接客のアルバイト経験があります。
また、事務職として勤務していた頃も受付業務と兼務していたため、御社での来客やお電話にも臨機応変に対応できると思います。

いかがでしたか?
この記事を参考に、事務のアルバイトの採用をつかんでくださいね!

▼合わせて読みたい!
ミドル女性の転職は応募書類で勝つ!事務職に採用されるコツ3つ
401代で自分にぴったりの事務に転職!有利な資格や求人情報とは
中高年が事務へ転職!アプローチ法や採用担当者が欲しい人材とは?
解説!40代女性が事務系の仕事に転職する方法と成功のコツとは

40代・50代以上の中高年の転職は【フロム40】&【フロム40neo】

1499133143_47973.jpg

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、ミドルの求人を探してみませんか?

東京都の求人  ◆大阪府の求人  ◆神奈川県の求人
埼玉県の求人  ◆愛知県の求人  ◆福岡県の求人

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

新着記事