40代でコールセンターに転職・面接突破法、よくある質問と返答ポイント

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

コールセンターの面接で聞かれる質問はどんな内容なのでしょうか?
「こんな質問にはどんな風に答えればよいのだろう」といった、質問への回答も気になるところです。

大切なお客様に接する仕事なので、受け答えにおいて礼儀の基本ができているのか、面接官は厳しくチェックします。

今回は、コールセンターの面接でよく聞かれる質問と返答のポイントをまとめました。
面接に挑む際の服装や注意点についてもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

コールセンターの面接でよく聞かれる質問は?

1495699449_53668.jpg

コールセンターの面接では、どのようなことを聞かれるのでしょうか?
よくある質問とそれに対しての返答ポイント5選をご紹介します。

【コールセンターの面接でよく聞かれる質問と返答ポイント5選】
◆「志望動機を教えてください」
<返答例>
・これまでの接客や営業職で得たコミュニケーション力を活かせるからです。
・人と接したり、人の役に立つことにやりがいを感じるからです。

<ポイント>
単に「給料がいい」「シフトの融通がききやすい」という理由よりも、募集背景・業種に沿う志望動機を答えるようにしましょう。

◆「これまでどんな経験をしましたか?」
<返答例>
・事務の仕事で、データ入力の他に電話対応もしてまいりました。
・洋服の販売員で、接客や商品陳列、スタッフへの指導をしてまいりました。

<ポイント>
他業種であっても、お客様と接するという経験があるなら、その点をしっかり伝えましょう。

◆「シフトの希望はありますか?」
<返答例>
・小さな子どもがいるため、平日の週3日、1日5時間を希望します。
・土日を含めた週5日勤務が可能です。

<ポイント>
入社してから欠勤などで迷惑をかけないようにするため、希望シフトは正直に答えましょう。
土日も営業しているコールセンターであれば、土日勤務は歓迎される傾向があります。

◆「通勤経路や所要時間を教えてください」
<返答例>
・〇〇線○○駅から約40分です。
・〇〇バスに約15分乗車後、○○線○○駅から約20分です。

<ポイント>
この質問は通勤距離や交通費を知るためのものです。
あまりに遠方であれば、応募前に再考するのがオススメです。

◆「いつから勤務が可能ですか?」
<返答例>
・いつからでも可能です。
・現在の職場を今月末で退社しますので、来月から勤務が可能です。

<ポイント>
ベストはいつからでも可能という答えですが、在職中であれば可能な勤務時期を答えましょう。
人材不足から募集していることが多いので、早めの勤務開始が理想です。


【コールセンターの面接で逆質問してみましょう!】
面接の終盤に「何か質問はありますか?」と聞かれることがあります。
仕事への興味や熱意、質問力を試す意図もあるので、いくつか用意しておきましょう。

◆「最後に何か質問はありますか?」
<質問例>
・オペレーターのタイムスケジュールと、仕事の大まかな流れを教えてください。
・他部署などの手伝いが発生する場合は、どんな業務がありますか?
・コールセンターで役立つ資格や活かし方を教えてください。
・繁忙期の時期などありますか?

<ポイント>
逆質問で気を付けるポイントは、その会社のサービスや仕事内容に沿うことです。

的確な質問ができれば「意欲がある」とプラスに評価されますが、的外れな質問をしてしまうと「あまり調べていないな」とマイナスの評価になりかねません。

逆質問を考える時は、求人の内容はもちろん、会社のホームページも細かくチェックしてください。

コールセンターの面接での注意点とは?

1495699457_69581.jpg

面接では、「どんな服装で行くのか」「どんな言葉遣いが正しいのか」など、いろいろと気になることがありますね。

ここでは、コールセンターの面接で注意したいポイントをご紹介します。

【どんな服装や髪形で行けば良いの?】
・スーツが無難ですが、スーツがなくてもブラウスにジャケットを羽織るなど、フォーマルな印象になるよう心がけると良いでしょう。

なお、面接時にジーンズや生足などの、カジュアルすぎる服装で臨むのは避けましょう。

・長い髪の方は、顔がはっきり分かるように後ろでまとめるようにしましょう。
派手な色や巻き髪などは面接向きではありません。

【言葉遣いや振る舞いには細心の注意を!】
コールセンターでの仕事は、対面ではなく電話だけでの対応になるので、言葉遣いには細心の注意が必要です。

面接においても、基本的な敬語で失礼のない会話ができるよう意識しましょう。

積極性は大切ですが、聞かれていない事柄を話したり、既に採用されたような質問をするのはやめましょう。

あくまで、面接官に質問されたことと関連性のあることを簡潔に話すようにしてください。


コールセンターで働くというのは、会社にとって大切なお客様を任されるということです。
そのため面接官は、見た目や言葉遣いから、任せられる人物かどうか判断しなければなりません。

面接に挑む際は、清潔感のある服装と正しい言葉遣いに気を付けましょう。

その他の注意点も知っておこう!

1495699464_53479.jpg

会社によっては、一定の基準を満たすためのテストを行うことがあります。
以下のような内容が出題されることがあるので、確認しておいてくださいね。

◆一般常識
会社によって内容が異なりますが、簡単な計算問題や日本語問題など一般常識が問われます。

◆パソコンスキル
コールセンターの仕事は、データを入力する必要があり、パソコンスキルは必須です。
タイピングのスピードやパソコンの基本的な操作方法を見られることがあります。

◆計算速度
通販などのコールセンターでは、商品の受注を行うことが多く、その場で料金を算出する場合もあります。

もちろん計算機もありますが、簡単な計算は素早くできることが理想です。

「テスト」と聞くと身構えてしまいますが、一般常識レベルのものがほとんどです。
実施される場合は、焦らず落ち着いて挑むことが大切です。


いかがでしたか?

コールセンターの面接では、しっかりとした受け答えを意識しましょう。
何よりもコミュニケーション力が求められる仕事なので、面接官の質問意図を汲むことが大切です。

需要も高く、やりがいのある仕事なので、挑戦する方はぜひ参考にしてください!

▼合わせて読みたい!
40代の転職&再就職におすすめの求人!コールセンターの仕事&待遇は?
40代でコールセンターに転職するなら必読!よくわかるお仕事&待遇まとめ
40代でコールセンターに転職!正社員・派遣・パート・バイトの違い
40代に人気のコールセンター転職!気になる日払いの給料や時給相場は?

40代・50代以上の中高年の転職は【フロム40】&【フロム40neo】

1495690466_41769.jpg

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、ミドルの求人を探してみませんか?

東京都の求人  ◆大阪府の求人  ◆神奈川県の求人
埼玉県の求人  ◆愛知県の求人  ◆福岡県の求人

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

新着記事