タクシードライバーの働き方!正社員&バイトの待遇の違いとは?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーへの転職を考えているけど、労働時間や雇用形態、給与などでわからないことが多くて躊躇していませんか?

転職するなら、働き方などについて、できるだけたくさんの情報を持っておきたいですよね。

今回は、タクシードライバーの給与・待遇などの情報を、【正社員】と【バイト・パート】の2つの雇用形態別に分けてご紹介します。

最後まで読み、タクシードライバーの働き方への理解を深めてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

「タクシードライバー」の雇用形態は2パターン

1493620539_88533.jpg

タクシードライバーの雇用形態には、大きく分けて正社員(歩合制)と、パート・アルバイト(定時制)の2種類があります。

一般的なタクシードライバーの雇用形態は正社員であることがほとんどですが、限られた勤務時間内で働くことを望む人や、定年後のシニア世代はアルバイト・パートでの雇用の人もいます。

以下からは、正社員とアルバイトそれぞれの雇用形態でタクシードライバーとして働く場合の働き方や、給与体系についてご紹介していきます。

「タクシードライバー」正社員とバイト・パートの違いは?

1493620559_35306.jpg

まずは、正社員としてタクシードライバーになるケースについて見ていきましょう。

◆正社員の待遇・給与
《勤務体系》
昼日勤、夜日勤などさまざまな働き方がありますが、最も一般的なのは1昼夜乗務して1日休む「隔日勤務」です。

この場合、上記の明け番の休みの他に週当たり1~2日の公休日が加わるため、1か月あたり13乗務で残り17日ほどは休日という勤務体系になります。

《必要な資格・経験》
タクシードライバーとして勤務するためには、普通第二種免許の取得が必須です。

これは、一般的に運転免許と呼ばれる普通第一種免許を取得後3年以上が経過すると資格取得が発生するもので、お客を乗せて営業するために必要な運転免許になります。

二種免許は必ずしも入社時に持っている必要はなく、会社の定める条件を満たせば、取得にかかる費用などの補助を受けられる場合もあります。

また、営業する地域によっては、二種免許に加えて「地理試験」の取得が必要になることもあります。

《給与形態》
会社によりさまざまですが、近年多いのは「固定給+歩合給」というタイプです。
これは、売上金額にかかわらず支払われる固定給に加えて、一定の売上金額を超えた場合に発生する歩合給が支払われるというものです。

歩合給の一部を貯蓄し、賞与として支給される場合もあります。
ただし、企業により給与の算定基準は異なりますので、必ず応募前に確認しましょう。

《保障・福利厚生》
正社員の場合、基本的な社会保険(健康保険・雇用保険・年金など)が適用となります。また、各会社によって異なりますが、退職金制度、給与の固定給保障制度などがあります。

正社員雇用はこんな人におすすめ!
《1》自分のペースで仕事をしたい人
《2》自分の頑張りを稼ぎに直結させたい人
《3》長時間の運転が苦にならない人

◆アルバイト・パートの待遇・給与
《勤務体系》
正社員よりも短い乗務時間・日数で、限られた時間(定時制)で働くタクシードライバーは、アルバイト・パートでの雇用になります。

規定された時間数・乗務日数のなかで、昼日勤、夜日勤、隔日勤のいずれかの自分の都合の良い勤務体系で働くことになります。

《必要な資格・経験》
正社員と同じく、二種免許が必要になります。

《給与体系》
時給制や日給制がほとんどですが、会社によっては売上額に応じて支払われる給与金額が変動するというシステムの場合もあります。

《保障・福利厚生》
社会保険の適用については、月当たりの勤務時間や勤務日数により変わってきます。
短時間勤務の場合、社会保険・福利厚生の適用外になる場合もあります。

こんな人におすすめ!
《1》短時間のみ勤務したい人
《2》歩合ではなく時給や日給で稼ぎたい人
《3》まずは短い時間から運転手の仕事に挑戦したい人

「タクシードライバー」の求人に出会うには?

1493620586_14843.jpg

◆ハローワークで探す
まずはハローワークを利用してみましょう。タクシー業界の求人の動向や傾向を把握できます。窓口のほか、インターネットサイトでも求人情報を確認できます。

◆各タクシー会社のサイトを確認しよう
各会社の給与や待遇、会社の雰囲気をつかむことができます。

◆タクシードライバーに特化したサイトで探そう
タクシードライバーの求人に特化した以下のサイトで、各会社の求人を比較しながら検討することができます。
  
タクルート
転職道
タクQ

タクシードライバーの働き方や求人についてもっと知りたい方は、こちら もあわせてちぇくしてくださいね。

いかがでしたか。
雇用形態によるタクシードライバーの働き方の違いを理解して、あなたに合った働き方を選んでくださいね?

▼合わせて読みたい!
タクシードライバーは稼げるのか?平均年収と稼ぎ方のコツとは
注目度上昇中!ドライバー志望必見の介護&福祉タクシーの違い
意味も解説!タクシードライバー・運転手・乗務員の求人の探し方
徹底分析!タクシードライバーの仕事・待遇&求人情報の見つけ方

40代・50代以上の中高年の転職は【フロム40】&【フロム40neo】

1493619720_65056.jpg

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、ミドルの求人を探してみませんか?

東京都の求人  ◆大阪府の求人  ◆神奈川県の求人
埼玉県の求人  ◆愛知県の求人  ◆福岡県の求人

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

◆「タクシードライバー」についてもっと知りたい方はコチラ!
【仕事&待遇】徹底分析!タクシードライバーの仕事・待遇&求人情報の見つけ方
【女性ドライバー】40代へのニーズも上昇!女性タクシードライバーの実態と魅力
【採用条件&資格】必要な資格・採用の条件を解説!タクシードライバーになるには?
【平均年収】タクシードライバーは稼げるのか?平均年収と稼ぎ方のコツとは

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new