40代資格なしでも転職できる?転職成功のポイントを解説

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

40代で資格を持っていないと、転職できないと諦めていませんか?

資格がなくて未経験でも、40代から転職することは可能です。

今回は資格がなくて未経験でもチャレンジできる仕事や、転職成功のポイントを詳しく解説します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

そもそも40代の転職は遅すぎるのか?

40代からの転職は年代的に遅すぎるため、せめて資格があれば転職が有利になるのではないかと思っていませんか?

まずは40代の転職が本当に遅いのか、転職状況から見ていきましょう。

40代の転職市場の状況
厚生労働省による「年齢階級別転職入職率」によると、40~44歳の転職者は、男女合計で約980万人います。

35~39歳の転職率と比較すると、男性は1.4ポイント低く、女性は0.6ポイント高くなっており、あまり差はありません。

女性に関しては子育てが落ち着いてくる40代の方が転職率が上がっていると言えます。

この数字は非正規雇用の数も含まれているため、正社員だけに絞るともう少し低い数字になりますが、転職自体は不可能ではないということです。

40代が転職する理由
次に240代が転職する理由を見ていきましょう。

男性の転職理由の特徴としては「仕事の内容に興味が持てなかった」「給料等収入が少なかった」「会社都合」などの割合が高くなっています。

女性の特徴としては、「職場の人間関係が好ましくなかった」という理由が約18.4%と、他の世代と比べてもかなり高い割合です。

40歳という年齢は定年まであと20~30年あり、短いようで長く感じる人もいるでしょう。

不満を抱えたまま我慢するには、少し長すぎるため、転職を決意する人もいるようです。

また終身雇用や年功序列といったシステムがなくなりつつあり、現職にとどまってもこれから定年まで安定して働けるのか、退職金は支給されるのか、など不安を抱える人も多いでしょう。

40代という年齢から考えても、転職するラストチャンスと考える人も増えていると言えます。

40代の転職後の給与事情
転職を機に収入アップしやすいのは20代前半と言われていますが、40代でも収入は上がる傾向にあり、20代後半や30代よりも収入が上がりやすいとも言われています。

なぜなら、40代の転職は管理職などのマネジメントでの採用や、ハイクラス転職が多いので、転職に成功すれば他の年代に比べて給料が上がりやすいからです。

特に管理職不足に悩む中小企業では、若くてこれから育成していかなければいけない若手よりも、即戦力として、またマネジメントも任せられる40代を欲しがる場合があります。

転職に資格が重要視されない理由

何も資格を持っていないから転職できない、逆に資格があれば転職に有利なのか、判断が難しいところではないでしょうか。

ここでは、転職に資格がどう影響するかを見ていきましょう。

◆企業の多くは資格の有無を重視していない
リクルート就職みらい研究所の「就職白書2019」アンケートによると、資格を重要視している企業は全体の9.5%です。

業務に資格が必要な職種を除いて、ほとんどの企業で資格は採用に大きな影響を与えていないと考えられます。

◆資格はスキルや知識を有していることの証明
資格を持っていることは、その人が勉強してきたこと、ある程度の知識があることを証明してくれるため、持っていて損することはないでしょう。

資格に加えて、実際の業務で経験した具体的なエピソードをアピールすれば、より説得力を持たせることができるでしょう。

資格よりも実務経験を重視する企業は多く、実際に資格を持つ未経験者より、資格を持たない経験者の方が優遇される傾向にあります。

もちろん資格がすべて無意味なわけではありませんが、資格に頼る転職活動はしないように注意しましょう。

◆転職のためだけに資格を取る必要はない
アピールするべき特徴がないと思って、転職のために資格取得を目指すのは非効率的です。

資格取得する大きなメリットは、目標を立てて学習することで知識を深めることができるところにあります。

転職を有利にするためだけに資格を取得しても、実務経験が伴っていないため、効率がいいとは言えません。

◆資格がないと働けない職業は一部
「業務独占資格」という、資格を持っていなければできない仕事があり、医者、看護師、薬剤師、弁護士、公認会計士、税理士、弁理士、建築士、教員などがこれにあたります。

これらの職業を目指している人は、資格を取らなければ、その職業に就くことはできません。

しかし、それ以外の仕事であれば資格に左右されるのではなく、どんな経験を積んでどんなスキルを身につけてきたのかを効果的にアピールすることをおすすめします。

また働きながらスキルアップのために資格取得ができる企業も増えているため、転職を理由に資格取得を目指すよりも、スキルや経験を活かせる転職先を探すと良いでしょう。

40代で資格がなくても転職しやすい職種とは

40代で資格がなくても転職しやすい仕事はあります。

ここでは、おすすめの職種とその理由を詳しく見ていきましょう。

◆営業職
営業はどの業種でも必要とされる職種です。

営業に不可欠な提案力やヒアリング能力などは、職種に関係なくスキルとして持ち合わせている人も多く、未経験でもチャレンジしやすいでしょう。

業界によって専門知識が必要なこともあり、その専門知識を持った人が別の職種から営業に転職することもあります。

ノルマやインセンティブの有無が企業によって異なりますが、インセンティブがもらえる企業では成果に応じて収入を上げることが可能です。

また、コミュニケーション能力や語学力、マネジメント能力など、さまざまなスキルが武器になります。

長年築いてきたスキルを活かして40代から転職しやすい職種のひとつと言えるでしょう。

◆コンサルタント業
企業が抱える課題を解決するための方法を考え、改善のアドバイスするのがコンサルタントの仕事です。

40代は若手と比べると業界の専門知識や経験が豊富なため、今までの経験やスキルを生かしたコンサルタント業に向いていると言えます。

コンサルティング業務自体が商品のため、コンサルティングに対して報酬が支払われる仕組みです。

資格がなくてもできる仕事ですが、未経験からチャレンジするなら中小企業診断士などの資格を取得すれば強い武器になるでしょう。

1ヵ月や1年などの単位で報酬をもらうことができるため、人脈やスキルを身につければ独立して稼ぐこともできます。

◆IT系エンジニア職
業界全体で経験あるエンジニアが不足しているため、ITエンジニア職は40代でも重宝される職種です。

実際に40代以降の転職事例は年々増加傾向にあり、50代や60代のエンジニアを採用した企業もあります。

プロジェクトのリーダー経験や上流工程に関わった経験がある場合は、有利になるでしょう。

それまでに培ってきた技術力にマネジメントスキルを合わせることで、転職を有利に進めることができます。

◆介護職
介護業界は深刻な人手不足と言われており、高齢化が進んで今後はさらに需要が高くなるでしょう。

50代、60代、70代でも現場で活躍する人がいるため、40代なら「若手」と言われることもあります。

高齢者に安心・安全なケアを提供するために、資格の有無よりも人柄や適性などを重視する事業所がほとんどです。

また働きながら上位の資格を目指すこともできるため、一からスタートしてキャリアアップできる業界でもあります。

◆看護助手
看護助手は「看護補助者」とも呼ばれ、資格がなくても働ける看護職です。

その主な仕事は看護師の補助や入院患者のサポート、書類作成がメインで、医療行為は行うことはできません。

どの病院でも需要が高く、医療機関はどの地域にもあるため、職場を選びやすいのも嬉しいポイントです。

◆保育補助
保育補助は、認可保育所や託児所などで保育士をサポートする、資格がなくてもできる仕事です。

子どもの着替えや食事の手伝い、片付けや清掃などが主な仕事になります。

育児経験があれば即戦力として重宝されるため、小さな子供の育児を経験した40代にはぴったりの職種と言えるでしょう。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代資格なし未経験でも転職を成功させるポイント

ここでは、40代で資格なし、さらに未経験でも転職を成功させるために、押さえておきたいポイントを見ておきましょう。

◆企業が求めている経験やスキルをアピールする
企業が40代の求職者に求めているスキルは、即戦力としての実務スキルやマネジメントスキルです。

そこで、転職の際には具体的な数字を元にした実績や、新規のプロジェクトでリーダーを務めた経験、部下や後輩の教育やマネジメント経験をしっかりアピールしましょう。

また前職で培った人脈も強い武器になります。

企業が40代に求めているスキルを持っているか見極め、的確に伝えることで転職を有利に進めることができるでしょう。

◆良好な人間関係を築ける人柄をアピールする
40代の転職は経験やスキルはもちろん、人柄も採用の大きなポイントになります。

転職先では、新しいルールに順応したり、初対面の人と信頼関係を築かなければならないため、前職での仕事の進め方やルールに固執しすぎる人は、転職に向いていません。

特に年下の上司の下で働く場合は、年齢に関係なく上司として尊敬して働けることをアピールしておくと良いでしょう。

転職先の社風に順応できることもしっかり伝えることが、転職成功のカギになります。

◆転職を決断する前に情報をしっかりと精査する
40代の転職は難しいという思いから、内定をもらったら条件面や待遇面をしっかり確認せず入社してしまい、後悔する事例が多くあります。

本当はもっと良い条件で転職できたにも関わらず、満足できる待遇でなければ長続きできません。

自分の市場価値をしっかり見極めるためにも、より多くの求人情報をチェックすることをおすすめします。

そこでより良い条件の企業を見つけたり、あなたのスキルが強い武器になる企業が見つかったりすることがあるでしょう。

40代の転職は人生の大きな転機となります。

焦らず、あなたに合った企業を探すことを心がけてください。

まとめ

40代で何の資格もない場合、転職は難しいと考える人が多いかもしれません。

しかし実は企業側が40代に求めるポイントは資格の有無ではなく、経験やスキルです。

即戦力となって活躍してくれるか、マネジメントを任せられるかなどの方が資格よりはるかに重要視されます。

資格が無意味とは言いませんが、転職を有利にするために勉強するのは非効率的です。

資格に頼ることなく、企業にアピールできるスキルや経験があるかどうかを把握し、アピールする方が転職を有利にしてくれるでしょう。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new