40代が転職することで味わう地獄と地獄を回避する方法とは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

40代から転職を検討したことはありますか?

転職して収入や役職をアップさせることが当たり前になった今、40代でも転職を目指す人は増えています。

もちろん企業側も、経験ある中堅層の人材は貴重なため、転職市場で40代はまだまだ引く手あまたと言えるでしょう。

しかし一方で40代の転職は、20代や30代と比べて成功率が低く、転職できたとしても新しい職場になじめないなど、地獄が待っていることも少なくありません。

今回は40代の転職が地獄と言われる理由と、その回避法を詳しく解説します。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代の転職が地獄の理由「書類選考に通らない」

40代の転職では、20代や30代と比べると書類選考の通過率が低くなる傾向にあります。

まずは、書類選考に通らない原因から見ていきましょう。

◆年齢がハードルになってしまっている
企業が人材を募集する際は、採用したい年代はあらかじめ決まっていることがほとんどです。

高い実績やスキルを持つ40代であっても、企業が欲しい年代とマッチしていなければ、書類選考を通ることも難しいでしょう。

40代という年齢が転職のハードルを上げている可能性があります。

求人で年齢や性別を記載することは基本的にはできませんが、前職での経験を問わない募集であれば「39歳以下」など年齢制限をかけることができるため、注意が必要です。

◆退職されるのではないかという不安
働き盛りとも言える40代という年齢で転職する人は、落ち着きがなく、採用してもすぐ転職してしまうのではないかという印象を企業側に与えかねません。

特に転職回数が3回以上ある人や、前職を短期で退職している人は注意が必要です。

それまでの経験を活かして、どれくらい会社に貢献できるか、説得力のあるアピールができなければ、書類選考通過は厳しくなるでしょう。

◆企業と求職者のアンマッチ
40代の求職者が希望する年収や仕事内容と、企業が求める人材にミスマッチがある場合も、書類選考を通らない大きな理由のひとつです。

せっかくのキャリアやスキルも、アピール方法を誤ると年齢の割にスキルが低いと判断されてしまいかねません。

自分のアピールポイントを伝えきれず、残念な結果になってしまいます。

◆普通に書いた応募書類では通らない
40代であれば、新卒の時のように年齢や学歴だけで採用の判断をされることはまずありません。

履歴書はその人の基本情報程度で、重要視されるのはスキルやキャリアがわかる職務経歴書です。

だからこそ、どの企業にも出せるような汎用的な応募書類では書類選考を通過する可能性は低いでしょう。

応募する企業が求める人材像を見極め、マッチするスキルをアピールできる応募書類にしなければいけません。

また、最近では手書きではなくパソコンで作成した応募書類でも問題ありませんが、誤字脱字や文章の読みやすさにも注意が必要です。

40代の転職が地獄の理由「面接で落とされやすい」

書類選考を通過しても、40代は面接でさらに厳しく審査されるでしょう。

40代が面接で落とされてしまう理由と、合格のコツを紹介します。

◆謙虚さと素直な姿勢を失っていないか?
それまである程度地位のあるポジションについていた人であれば、謙虚になることを忘れてしまっている可能性があります。

面接官が明らかに自分より年下の場合、丁寧な口調であったとしても、謙虚さを失っているかもしれません。

上の立場なのは現職だからということを忘れ、転職活動でも気が付かないうちに自分の能力を過信してしまう人が多いのも事実です。

謙虚で素直な姿勢がなければ、新しい会社でうまくやっていくことなどできません。

◆よくある駄目な受け答えとは
次に、面接でやってはいけない受け答えをチェックしておきましょう。

まず、今勤めている企業の不満を口にしてしまうのはNGです。

もちろん何かしらの不満があって転職活動をしているわけですが、会社への不満ではなく、こんなキャリアを築きたいから転職したい、という前向きな姿勢を全面に出しましょう。

また、自分の希望の年収や待遇ばかりを伝えるのも、企業側にとってメリットのある人材と感じられなくなってしまいます。

自分自身のキャリアと企業側が求めるスキルがいかにマッチしているかを意識することが大切です。

◆面接に受かるために必要なこと
人の第一印象は3秒で決まるとも言われています。

もちろん面接が3秒で判断されることはありませんが、これまでの経歴に加えて、第一印象や質問の受け答え、話し方なども非常に重要な要素です。

前向きな姿勢や、これからも成長し続けたいという意欲を伝えられる具体的な内容を事前に考えておいてください。

また、若手に比べて40代は順応性に欠けていると思われがちのため、どんな環境にも順応できることをしっかりアピールするように心がけましょう。

40代の転職が地獄の理由「入社後も地獄が続く」

転職が成功したからといって、地獄が終わるわけではありません。

転職後も、職場環境によっては地獄が続く可能性もあります。

その理由を見ていきましょう。

◆年下の上司や先輩ばかりになる
いかに経験があっても、転職先の会社のルールややり方などがあるため、どうしても入社当初は教えてもらうことが出てきます。

その時の教育を担当してくれる社員が、あなたと同じ40代とは限りません。

20代や30代といった、10歳以上年の離れた年下の先輩や上司に教えてもらうこともあるでしょう。

転職してきた以上は、そういう状況も仕方がないことです。

相手が年下でも決して嫌な顔をせず、丁寧で真摯な態度で必要なことを教えてもらい、早く仕事を覚えていくしかありません。

◆実績や功績が過去のものになる
まずは社内の仕事の進め方やルールなどを覚えることが先決です。

前職と同じやり方はほとんど通用しないと思っておいた方がいいでしょう。

それまでの実績を評価されて採用されたものの、それは過去のものでしかありません。

転職先の企業で実績を残して、初めてあなたの価値を認めてもらえるからです。

◆できて当たり前、知っていて当たり前になる
転職先では、周囲の社員もあなたがどれくらいのスキルや知識を持っているのかわかりません。

40代ならこれくらいできて当たり前ではないかと試されたり、あえて細かい部分を教えずに、まずは自由にやらせて様子を見たりする、なんてこともあるかもしれません。

知らないこと、わからないことは、その都度確認していきましょう。

そうやってコツコツと目の前の業務をこなし、職場の雰囲気や仕事のルール、人間関係に慣れていくようにしてください。

◆下っ端という意識を持つ必要がある
40代で年齢的には自分より年下の社員がいても、転職当初は自分が一番下っ端だという気概がなければ、なかなか周囲から受け入れてもらえません。

新卒入社のころにしてきたような細かな気遣いを見せる必要があります。

これまで培ってきた輝かしいキャリアやスキルに裏打ちされたプライドはいったん捨てて、一からやり直す気持ちで仕事に邁進しましょう。

そうして会社に貢献できれば、周囲の評価も少しずつ上がっていくはずです。

特に人間関係は一朝一夕で築けるものではありません。

小さな信頼を積み重ねていくことで、働きやすい環境を作っていけるでしょう。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

地獄になるのを回避するポイント

転職先が地獄になるのをできるだけ防ぐには、求職者と雇用者とのアンマッチを埋める必要があります。

ここでは、企業とのアンマッチが起こりにくい方法を見ていきましょう。

◆即戦力になれるスキルや経験があるか
採用担当者が求職者の応募書類や面接で確認することは、転職して即戦力になれるかどうかです。

20代や30代のように、ポテンシャルで採用されることはほとんどありません。

すぐに活躍できるか、どういった利益を出してくれるのか、という点でしか判断されないことを理解しておいてください。

そのため40代にとって転職当初は、一番頑張って結果を出さなければいけない時期です。

最初にある程度結果を出しておけば、その後の仕事もぐっと進めやすくなるでしょう。

◆長く働ける継続性があるか
中途採用で企業が気にするのは、即戦力に加えて長く働いてくれるかどうかです。

前職の退職理由がどの会社にも当てはまるような理由であれば、「またすぐに辞めてしまうのではないか」と思われかねません。

中小企業でも、ひとりあたりの採用に100万円近く経費をかけている場合があります。

短期間で辞められてしまってはせっかくの採用コストも時間も無駄になってしまうため、長く働いてくれる人を採用したいと考えるものです。

面接では「最後の転職だと思っている」くらいの強い気持ちをアピールすると良いでしょう。

◆年収がマッチしているかどうか
前職での評価は市場価値ではなく、実績ベースの社内での価値が年収につながっています。

しかし長年勤務していた会社を出れば、その業界でどれくらいの市場価値があるのかで、最初の年収が判断されるでしょう。

自分の市場価値を見極めることで、年収のアンマッチは回避することができます

◆希望条件にあっているか
自分の希望する収入、仕事内容かどうかはもちろん、ポジションや企業規模など転職先に求める条件を一つひとつ洗い出しておきましょう。

その中から、どうしても譲れない条件を決めておくことをおすすめします。

すべての希望を叶えるのは困難のため、優先順位をつけておき、ここから先は希望条件が叶うかどうかで判断するなど、明確にしておくと迷うことはありません。

また40代であれば家族のいる人もいるため、希望条件は家族と相談して決めることも大切です。

◆年下の上司や同僚を尊敬できるか
転職先では年下の先輩や上司ができるのは当たり前のことです。

年下の上司の指示にも素直に従い、仕事を教えてもらうことがどうしてもできない人は、残念ながら転職に向いていません。

うまく転職に成功できても、その環境は合わないでしょう。

また、最初からいきなり意見や提案をするのも印象を悪くしてしまいます。

まずは仕事に慣れてから少しずつ自分が働きやすいように状況を変えていくのが賢いやり方でしょう。

まとめ

40代からの転職は、いいことばかりではありません。

転職活動の段階から、地獄を味わう可能性があるからです。

しかし40代転職の厳しい現実を知り、対策をすれば回避することができます。

今回の記事を参考にして、40代からの転職活動を成功させてください。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new