40代転職の必勝法!面接でよくある質問と自己紹介の回答例とコツ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類選考、面接、筆記試験…。求人に応募した企業の採用内定を勝ち取るまでには、いくつかの関門をクリアしなければなりません。

その本番で戸惑わないためにも、実際にどんな試験が行われ、面接ではどんなことが問われるのかを知っておくことが大切です。

今回は就職試験に欠かせない、面接でよくある質問と回答例、自己紹介のポイントなどを詳しく解説しています。

ぜひもう一度ここで予習しておき、転職活動に生かしてくださいね。

目次

就職の試験内容とポイント

1490687791_47915.jpg

まずは、採用までの試験や選考過程の一般的な流れを見ていきましょう。

《採用までの流れ》
書類選考(履歴書・職務経歴書による選考)
 ↓
筆記試験・一次面接(主に現場で求められる能力の確認)
 ↓
二次面接(希望する部署の責任者や役員などによる面接)
 ↓
内定

《書類選考のポイント》
企業はまず、履歴書や職務経歴書を見て、自社の求めにマッチする人材であるかどうかを判断します。

応募先の企業のニーズを正確に読み取ることが肝心です。

それを踏まえて、これまでの実績やスキルがいかに即戦力になり得るか、書類の中にわかりやすく落とし込んでアピールするのがポイントです。

《筆記試験のポイント》
筆記試験は大きく分けると「性格適性検査」「能力適性検査」の2つがあり、そのいずれか、もしくは両方実施される場合があります。

・性格適性検査
自分の性格や行動パターンがテストされます。

ここでは同じ意味のことを、表現を変えて何度も質問されることがありますが、回答によって矛盾が生じると信用度がダウンしてしまいます。

自分を飾り立て過ぎず、正直に回答していくことをおすすめします。

・能力適性検査
一般常識や計算力、論理的な思考力など知的能力の検査です。
この検査は集中力を持って、迅速かつ正確に回答するのがポイントです。

問題集やWEBテストが受けられるサイトなどもあるので、予習しておくとよいでしょう。

《面接のポイント》
面接は、一次・二次に分けて行われるケースが多々あります。

一次面接では採用担当者や現場の社員、二次面接では志望する部署の責任者、時には経営者や役員が加わることもあります。

一次・二次で同じ質問をされることもありますが、回答にブレが生じないようにすること、これまでの成果や仕事への意欲を明確に伝えることが重要です。

面接でよくある質問

1490687798_11141.jpg

次に、面接でよく聞かれる質問と、回答のポイントを解説していきます。
しっかり答えてアピールできるよう、十分にシミュレーションしておきましょう。

・自分の長所・短所
応募先の企業や職種にとって、即戦力となる長所をピックアップし、さらに経験を積んだ中高年ならではの強みをアピールしましょう。

逆に、その企業・職種にとって致命的と思われる短所は避けつつ、自分のウィークポイントをどう克服してきたか、前向きな姿勢を示すこともポイントになります。

・退職理由
「目指す方向性の違い」や「家庭の事情」など、この質問には正直に答えるのが基本です。
その上で「自分はこの企業でこう働きたい」と、ポジティブに締めくくると、印象が違ってきます。

・志望動機
これまでの経歴や人脈など、即戦力となる可能性をアピールしつつ、その企業・その職種を志した明確な答えを、自身の言葉で話せるよう準備しておきましょう。

・経験・スキルの生かし方
「経歴やスキルを、転職後にどう生かしたいか」もよく問われます。

これにはまず、これまでの実績や努力、独自の取り組みなどを伝え、その力をどう生かすか、あくまで現実可能な方法を答えるようにしてください。

面接での質疑応答については、こちらを参考にしてみてくださいね。

《ケース別》自己紹介の回答例とポイント

1490687805_36274.jpg

次に、面接での自己紹介例をケースごとにご紹介していきます。

◆未経験の職種に応募する場合
《ポイント》
「できること」と「できないこと」を明確にしておきましょう。

その上で、できないことは真摯に学ぶ姿勢、あるいは現在勉強中であるなど、前向きな意欲を示すことが大切です。

また、なぜ未経験なのに応募したのか、面接官を納得させられる理由も明確にしましょう。

《回答例》
「前職では広告営業をしておりましたが、担当するお客様との会話の中で、仕事に関する課題のほかにも、ライフプランのお悩みを聞く機会が多々ありました。誰かの人生に関わる仕事に興味を持ち、保険営業を通して人生のサポートができるのではないかと思い、応募いたしました。現在、ファイナンシャルプランナーの資格取得に向けて勉強をしております。前職で培った営業スキルと人脈、さらに目標達成する意欲を武器に、御社で活躍したいと考えております」

◆転職回数が多い場合
《ポイント》
転職理由や退職回数は職務経歴書にも記載されているので、自己紹介ではあえて触れなくても構いません。

経歴のすべてではなく、アピールしたいものをピックアップし、それを基にキャリアプランをどう描いているかを盛り込んで話します。

やむを得ず退職した場合などは、その理由もはっきり伝えるようにしてください。

《回答例》
「○○会社では営業のチームリーダーを任せていただき、新人の指導もしながら、営業に同行するなどチーム一丸となって目標達成することができました。やりがいも感じておりましたが、父の介護の関係で転勤辞令に応じるのが難しく、いろいろ話し合った結果、退職することになりました。現在は介護施設に入所して落ち着いており、私の家族をはじめ、近くに住む兄家族とともに対応できますので、業務に支障をきたすことはありません。これまでの経験を生かして、一日も早く御社に貢献したいと思っております」

◆ブランクがある場合
《ポイント》
ブランクが6か月以上に及ぶと、「どの企業からも採用されなかった」という印象を与えかねません。

「本当に希望に合う応募先を見つけたかった」など、できるだけマイナスイメージを与えないように心がけたいところです。

またブランク期間を資格取得に向けての勉強などに充てていた場合は、その旨を伝えてアピールしましょう。

《回答例》
「前職では広報部の一員として、主に社内報の制作や社内イベントの運営、またコンプライアンスへの意識向上などの業務に携わっておりました。退職後7か月のブランクがありますが、その間は知人の会社に協力して、広報やコンプライアンスへの意識改革推進などのアドバイスをさせていただいておりました。これまでの経験や人脈を生かして、御社に貢献したいと思っております」

さらに詳しい自己紹介対策は、こちらも参考にしてください。

試験の流れ、面接で想定される質問、自己紹介のポイントは把握できましたか? 
これら転職成功のキーファクターをしっかり押さえて試験に臨み、最良の結果へと結びつけてください!

40代・50代以上の中高年の転職は【フロム40】&【フロム40neo】

1490680754_27026.jpg

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、ミドルの求人を探してみませんか?

▼合わせて読みたい!
40代のための転職ガイド!諦める前に知りたい成功のコツと注意点
営業へ転職する40代は必読!狙い目の業界&キャリアアップの道
40代女性の転職に役立つ!成功事例と進め方のポイント&心得3つ
40代転職成功のコツ!面接当日の受付・挨拶のマナーを解説

東京都の求人  ◆大阪府の求人  ◆神奈川県の求人
埼玉県の求人  ◆愛知県の求人  ◆福岡県の求人

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

◆「面接」についてもっと知りたい方はコチラ!
【事前準備】中高年が転職の面接前に読んでおくべき《事前準備のポイント》
【回答例】転職の面接にお役立ち!面接で聞かれる質問&使える15の回答例
【ポイント】】そうなんだ!40代50代『面接』を成功させる6つのポイント!
【裏ワザ】転職に役立つテクニック!面接官がアッと驚く質問術
【パート】50代でパート採用されるには?受かる履歴書の書き方&面接のコツ
【対策】突破のカギ!中高年が最終面接前に対策しておくべきこととは?

新着記事