40代50代が転職時にアピールできる資格を厳選

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録
転職を意識したときに、有利な資格を取得したいと思ったことはありませんか?

現在、実施されている資格試験は星の数ほどあります。

その中から、転職に役立ちそうなものはどの資格か、選ぶのは難しいですよね。

今回は、希望する業界や職種で有利になる資格や検定を厳選して紹介します。

さらにその資格をキャリアアップに生かす方法も解説していますので、最後までよく読み参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代50代が転職のための資格取得前に知っておくべきこと

40代,50代,中高年,求人,資格,転職 イメージ

40代50代の転職では何よりも即戦力性が重視されるため、転職活動で最大の武器となるのはこれまでのキャリアから得た「経験と実績」です。

このため、資格の取得はあくまで過去の経験・実績を裏付けるための根拠、または、新しい仕事に挑戦するための即戦力性の高さをアピールする材料であると心得ましょう。

40代50代の転職を有利にしてくれる資格を取得するには、上記のことを心得たうえで、以下の3箇条を基準として、自分に必要な資格を選ぶ必要があると覚えておいてくださいね。

◆40代50代が転職を有利にする資格の選び方3箇条

《1》「アピール」ではなく「即戦力性」を示せるものを選べ
⇒40代50代の転職成功は、いかに即戦力性を示せるかどうかにかかっている!

《2》ニッチでマイナー、かつ実践的な資格を選べ
⇒メジャー資格を取っても、20代30代のライバルには勝てない!

《3》40代50代への需要が高い業界・職種の資格を選べ
⇒⇒特に新しい仕事に挑戦する場合、40代が求められる技能をつけるのが成功の近道!



【あわせて読みたい!】
40代転職で資格を取るならこれ!男女で違う適性とお勧め資格とは
40代女性の転職を有利にする資格10選と自分に合う資格の選び方

【職種・業界別】40代50代の転職が有利になる資格

40代,50代,中高年,求人,資格,転職 イメージ

まずは、職種別に有利になる資格をご紹介します。

◆職種・業界別の転職が有利になる資格
【事務系】
・MOS(Microsoft Office Specialist)
あらゆる業務に利用されるWord、Excel、PowerPointなどの利用スキルを証明する資格です。

・日商簿記検定2級
財務諸表を読み解く高度な商業簿記、工業簿記の知識が修得できます。

2級以上は企業の財務や経理担当に役立つ資格のひとつです。

【医療系事務】
・医療事務
医療保険や医療費計算などの知識を認定する資格で、通信講座・在宅受験もできます。

・調剤薬局事務
調剤報酬明細書(レセプト)の作成を中心に、調剤薬局における事務の基本知識を認定する資格です。

医療事務と同じく通信講座・在宅受験が可能です。

・歯科助手
歯科医院でのレセプト作成や、基礎的な歯科用語などを自宅で学び、受験できます。

【金融業界】
・ファイナンシャルプランナー(FP)
収支や資産・負債、保証などを分析し、多角的にアドバイスする力量を認定する資格です。

国家資格の「FP技能検定」と日本FP協会による「AFP」「CFP(R)」があります。

・中小企業診断士
中小企業の財務状況から経営を診断し、適切な助言やサポートをするスキルが身につく、幅広い業種で役立つ国家資格です。

・証券アナリスト
証券投資における高度な知識、分析技術を有する資格です。

金融業界のみならず、財務部門などへの転職にも生かせます。

【不動産業界】
・宅地建物取引士
不動産会社が行う不動産売買や賃貸契約などの取引の際に、法に定められた事務を行う国家資格です。

一般的には「宅建士(たっけんし)」と呼ばれています。

・不動産鑑定士
不動産の鑑定評価に関する国家資格であり、不動産の経済価値に関する高度な専門家です。

試験合格後に実務修習が行われ、これを修了した人が、不動産鑑定士として登録されます。

・マンション管理士
建物構造の問題から管理組合の運営に至るまで、マンションに関する法律・専門知識が求められる国家資格です。

【医療・介護職】
・介護初任者研修
介護の基礎知識や技術を身につけるための資格です。

介護資格制度の変更に伴い、従来の「ホームヘルパー2級」に代わって設けられた資格になります。

【メーカー・建築業界】
・CAD利用技術者試験
パソコンで設計・製図を行うCADの操作技術水準を評価・認定します。

建築業界や各種製造業への転職に有利です。

・危険物取扱者
ガソリンスタンドから化学系のメーカーまで、一定量以上の危険物を取り扱う企業に求められる資格です。

【観光業界】
・旅程管理主任者
旅行会社のツアーや団体旅行の添乗員になるのに必要な資格です。

国内のみ、国内・海外ともに添乗できるものの2種類があります。

【WEB・IT業界】
・ITパスポート
ネットワークに関する知識からセキュリティ、システム開発・運用まで、IT関連職に求められる情報技術の基礎知識を認定します。

・ウェブ解析士
アクセス解析による情報の分析や計算、課題の発見、改善手段など、ウェブ解析を成果につなげる人材育成のために設定された資格です。

・Googleアナリティクス個人認定資格
Googleが提供するアクセス解析ツールであるアナリティクスの習熟度を認定する資格です。

試験対策として無料のオンラインコースが利用できます。

・Google広告認定資格
Googleのインターネット広告サービス、Google広告の実務能力を認定します。

資格保持者はオンライン広告のエキスパートとして有利になる場合があります。

◆全業種の転職が有利になる資格
ここでは、業種や職種問わず全般的に有利となる資格を見ていきましょう。

・TOEIC/TOEFL
今や多くの企業で必要とされる語学力が客観的に評価されやすい検定です。

TOEICは主にビジネスに生かせる実践的な英語力、TOEFLはアカデミックな英語力を評価する特徴があります。

・MOS(Microsoft Office Specialist)
前述の通り、事務系はもとより多種多様な業界・職種に生かせる資格です。

・中小企業診断士
経営について多面的に学び、合格難易度も高いこの資格は、さまざまな業種への転職に活かせるでしょう。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

【男女別】40代50代の転職が有利になる資格

40代,50代,中高年,求人,資格,転職 イメージ

ここからは、40代50代の転職が有利になる資格を具体的に見ていきましょう。

男女別のおすすめ資格を6つあげているため、それぞれの特徴も含めて確認してくださいね。

40代50代男性向け!転職を有利にしてくれる資格6つ!

電気工事士 ・ビル、工場、商店、住宅などの電気工事を安全に行うための国家資格
・第一種電気工事士、第二種電気工事士の他、上位資格には電気主任技術者もある
危険物取扱者 ・石油や薬品などの危険物を安全に取り扱い、保管するために必要な国家資格
・乙種、甲種、丙種の3種類あるが、人気は「危険物取扱者乙種4類」


《上記の資格の特徴》
・ニッチな業界で実践的、未経験でも資格取得で即戦力になれる
・年齢に関係なく、仕事が見つかりやすい専門職

【あわせて読みたい!】
40代転職でオススメの資格!危険物取扱者乙種第4類の資格とは



社会保険労務士 ・企業の労務管理や社会保険に関する専門の国家資格
・受験には一定の条件を満たす必要があるが、将来的な開業も可能
中小企業診断士 ・ビジネスに関する幅広い知識の証明となる国家資格
・経営コンサルタントとして、企業の経営状況などについての診断、助言を行える


《上記の資格の特徴》
・過去の勤務経験を活かしつつ、ビジネスパーソンとしての能力の証明となる
・経営者、管理職に必要なお金や人に関する知識を得られる

【あわせて読みたい!】
40代転職に有利な資格&検定!厳選21選とキャリアアップに活かす方法

ITパスポート ・ネットワーク、セキュリティ、システムなどの知識を問われる専門資格
・IT関連職に転職するうえで、ITに関する基礎知識を有する証明となる
基本情報技術者 ・IT関係の知識とチームマネジメントの知識を証明する専門資格
・IT業界や、エンジニアへの転職を狙うなら有意義な資格となる


《上記の資格の特徴》
・40代50代以上にも需要の高いIT業界への転職に役立つ

【あわせて読みたい!】
40代でIT業界に転職!求められている人材とは?求人事情と職種を解説
40代でIT業界への転職!やっておくべきこと&おすすめサイト5選

◆40代50代の女性向け!転職を有利にしてくれる資格

ファイナンシャルプランナー ・税金や保険など、暮らしのなかのお金の専門資格
・国家資格と認定資格の両方があり、幅広い業界で需要が高い
生命保険募集人 ・生命保険の営業や販売に必要な認定資格
・段階を踏んで受験する必要があるが、取得すれば年齢を問わず独立開業も可能


《上記の資格の特徴》
・取得しておけば、40代50代以上年齢を重ねても働きやすい
・資格取得により、即戦力としての転職成功が期待できる

【あわせて読みたい!】
40代で自分にぴったりの事務に転職!有利な資格や求人情報とは
40代女性の転職を成功に導く!転職後の目的別おすすめ資格11選

マイクロオフィススペシャリスト(MOS) ・マイクロソフト社公認のPCスキルを証明する認定資格
・オフィス関係ソフトを使った、高い事務スキルを行えることの証明となる
医療事務 ・病院での受付、会計業務などに関する専門知識が身に付く認定資格
・メジャーな資格だが、事務と医療療法の知識を持つことの証明となり得る


《上記の資格の特徴》
・過去に経験・仕事能力の証明となり、即戦力性を示せる

【あわせて読みたい!】
40代で自分にぴったりの事務に転職!有利な資格や求人情報とは
医療事務の資格とは?資格取得における受験のノウハウを徹底解説

介護職員初任者研修 ・旧ホームヘルパー2級にあたる、介護職の初心者向け資格(実務研修)
・介護業界への就職、また介護福祉士など介護業界の高度資格の受験に必要
保育士 ・公的機関や教育機関、託児所などでの子供の保育に必要な国家資格
・取得に年齢制限がなく、条件を満たしていれば各都道府県の試験合格で取得可能


《上記の資格の特徴》
・40代50代への需要の高い介護業界への転職が有利になる

【あわせて読みたい!】
40代で転職を成功させるなら、とっておきたい介護職員初任者研修
要確認!40代、保育士求人応募時の「保育士資格」について

過去の経験や即戦力性が重視される40代50代での転職では、転職が有利になる資格の傾向が、20代30代の頃とは変わってきます。

40代50代の転職に合った資格を取得することで、転職をより有利に進められるため、自分に必要な資格をしっかり見極めましょう

資格の生かし方

40代,50代,中高年,求人,資格,転職 イメージ

資格を取得すれば、それだけですぐに仕事が見つかるわけではありません。

ここでは、資格を将来のキャリアに生かすためのポイントを見ていきましょう。

◆これまでの経験と掛け合わせる
取得した資格を単体で生かそうと思っても難しい場合もあります。

それまでの自分の経験と合わせたキャリアアップを目指す方法を検討してみましょう。

資格を取得してからの経験はなくても、それまでのキャリアと組み合わせれば新たな転職先が見つかる可能性があります。

◆資格はアピールポイントのひとつと心得る
実績の伴わない資格は、いくら難易度が高くてもそれだけで転職が有利になるとは限りません。

あくまでアピール材料として使いましょう。

資格の有無よりも、転職先を見据えて勉強して知識を得たことや、そこから企業の市場価値など視野の広い考え方をアピールすることをおすすめします。

◆将来を見据えた生かし方を考える
転職後すぐに役立たなくても、その先の独立や再就職などを見据えたキャリアプランを検討してみることもおすすめです。

こんな効果も?!資格取得のメリット

40代,50代,中高年,求人,資格,転職 イメージ

ここまでは転職に直接つながる資格を見てきましたが、直接有利にならなくても意外な効果をもたらしてくれることもあります。

ここでは資格取得のメリットを見ていきましょう。

《自信がつく》
資格を取得するためには、多かれ少なかれ勉強が必要になります。

そのための時間を作り、資格によっては受験料なども払い、専門的な知識を身につけることで自信がつきます。

自信がつけば自ずと転職活動も前向きになり、よい結果へと動く可能性もあります

《新しい仕事に出会える可能性がある》
直接転職に関係がないと思っていたような資格が、それまで思ってもいなかった仕事に出会うきっかけになる場合もあります。

仕事から資格を選ぶのではなく、資格から仕事を探してみるのも自分に合う仕事選びの方法になるかもしれません

いかがでしょうか。

中高年からの転職で、資格が役立つ場合もそうでない場合もあり、どのような転職を望んでいるのかによっても、取得しておくべき資格は異なってきます。

転職に直接生かすことができなくても、資格取得で身につけた専門的な知識は、決して無駄になることはありません

勉強して新たな知識を求めることは前向きである証拠でもあります。

自分に合う資格と転職の道を探してみてくださいね。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new