中高年の転職!営業の仕事内容と採用担当者が欲しい人材とは?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

営業の仕事に転職しようと思ったことはありませんか?

企業の利益に直接関わる営業職は、会社の命運を左右する重要なポジションです。
簡単な仕事ではありませんが、やりがいがあり責任ある姿勢も求められる仕事です。

営業をやるにあたって必要な資格などはありませんが、40歳を超えての転職になると求められるスキルやアプローチ方法なども変わってきます。

そこで今回は、営業の仕事内容や待遇、採用時のアピールポイントや中高年に求められるスキルなどをご紹介します。

さらに40代・50代の中高年で未経験から挑戦する際のアプローチ方法などは必見です。
転職に役立てて下さい。


・たった5分で40代の営業職への転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

営業の仕事とは?

1484715491_86423.jpg

まず、実際の営業の仕事とはどのような内容なのか、具体的に見ていきましょう。

【仕事内容】
営業の仕事の基本は、企業が開発した製品やサービスを顧客に対して売り込み利益を確保することです。

大きく分けると営業の種類には下記の3つがあり、それぞれ特徴があります。

◆法人営業
自社で扱っている商品やサービスを法人へ売り込みます。

対象が個人よりも高額で継続的なものが多く、トラブルやメンテナンスの対応など、顧客と長く関わっていくことになります。
そのため、深いつながりと信頼関係が他の商品やサービスの売上げにつながります。

◆個人営業
自社で扱っている商品やサービスを個人へ売り込みます。

主な商品やサービスとして、化粧品や健康食品など個人に合わせたものが多いです。
個人情報保護の関係もあり、事前に顧客情報を得ることが困難なため、顧客からのインターネットサイトでの申し込みや来店などのアクションの後、営業を行うケースが増えてきています。

◆代理店営業
自社の商品やサービスを売ってもらえる企業(代理店)に対する営業です。
売り込み先の代理店に、自社の製品やサービスをすすめてもらえるようなプレゼンが重要になります。

【業界や勤務先】
営業には様々な業界で活躍の場があります。
その主な業界と特徴を見てみましょう。

◆IT、通信
お仕事の「困った」をシステムやソフトウェアで解決するお仕事になります。
自社商品の提案からシステム構築の企画・提案をします。

企業課題をヒアリングして解決策を提案するコンサルティングスキルが必要とされます。

◆金融
銀行と証券会社の営業が代表的なものです。
法人企業や団体に事業成長のための資金調達を提案します。

経営者や役員、財務責任者が顧客になるため、高度な金融知識が必要とされます。

◆メーカー
電気や化学製品、素材や医療品など自社の取り扱い製品を提案する仕事です。

多種多様な製品の中から自社の優位性や製品の特徴、利点などを把握するために自社製品に精通しプラス面を提案できる提案力やプレゼン力が求められます。

◆商社
専門商社や総合商社など、エネルギーや金属、インフラなど、海外や国内製品・サービスを輸出入する仕事になります。

様々な製品を扱うため、深い知識や情報収集力、提案力に加えグローバルな視野が求められます。

◆広告
マスメディアで活躍する仕事になります。
新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどを中心に広告を提案するほか、現在ではスマホなどを利用したweb広告などの新しい広告手法もあります。

多くの人に伝えたいことを伝える力、伝達力が求められます。

◆旅行関連
時代や流行などを先読みし、法人・個人に旅行の提案をする仕事です。

常に新しい形の旅行の提案をする情報力や先見性、提案力が求められます。

◆食品
食品や日用品などの自社商品を、問屋や卸売、小売業に販売する仕事です。

販売するだけではなく、自社商品のスペースを確保するためにコミュニケーションを取り、競合する他社商品との差別化を図るための展示なども行います。

消費者感覚をもって戦略を立てるスキルが求められます。

◆医療関係
小さなものから高価なものまで、様々な医療機器を取り扱う仕事です。

医療機器の特徴や使い方を正しく伝える必要性があります。高齢化を背景に市場拡大が見込まれる分野でもあり競合他社も多いため、シェア獲得のスキルが求められます。

◆建設関係
ゼネコン、デベロッパー、工務店、住宅メーカー、ビル・マンション管理会社などで住宅や商業施設、公共施設、公共建物などの建築や道路の開発に携わる仕事です。

商材やプロジェクトの規模が大きいため、提案から受注までの長期的な視野や予算を取り扱える提案力、課題解決力が求められます。

◆人材サービス
企業の積極的な人材投資に応えて、適切な人員を採用できるように提案する仕事です。

企業が求める人材とそれに合った個人をマッチングさせるため、高いヒアリング能力や交渉力などが求められます。
派遣会社などの場合は、入社後のアフターフォローも業務に入ってきます。

【魅力・やりがい】
営業の魅力ややりがいはどんなところにあるのかをご紹介します。

「未経験からでも経験を積んで、大きな契約を獲得できたとき」
「直接お客様から感謝の言葉を頂いたとき」
「50代で未経験で営業職に転職し、全国トップ営業マンに名を連ねたとき」
「40代でアパレル業界から営業に転職し、成果が給与に反映されたとき」 など

40代・50代の人も成果が給与に反映され自己成長を果たしたことへのやりがいを感じられる仕事です。

知っておきたい「待遇」のこと

1484715495_37151.jpg

では次に知っておきたい待遇についてみていきましょう。

【勤務形態】
・正社員
・契約社員
・派遣社員
・アルバイト・パート

【給与】
▼正社員の場合
月給18万~40万円 程度

▼契約社員の場合
月給18万~35万円 程度

▼派遣社員の場合
時給1,100円~1,900円程度

▼アルバイト・パート
時給900円~1,300円程度

【勤務時間】
一日の平均労働時間は、8時間勤務が一般的です。繁忙期には残業もあります。
※企業や業界によっても異なります。

【休日】
一般的な企業は土日祝日が休みになります。
不動産業界は火・水、食品業界は平日の休みが多いなど、業界によって異なる場合もあります。
また、繁忙期には休日出勤もあります。

【福利厚生】
各種社会保険完備がほとんどです。
アルバイト・パートの場合は、勤務時間などによっては適用外の場合があります。

40代・50代に役立つ!同職種から営業への転職成功ポイント

1484715500_65252.jpg

仕事内容や待遇がわかったところで、中高年で同職種から営業職に転職する際に求められるスキルやアピール方法、採用担当者からのアドバイスを見ていきましょう。

【あれば有利なスキルや資格】
◆営業の経験
これまで経験してきた職種や具体的な業務、実績など営業の経験があれば転職に有利になります。

◆マネジメント経験
チームの統率を図り営業目標達成、行動計画を立て効率的な営業行動を管理、また決定した案件を効率よく遂行するための案件計画などマネジメント経験は転職に有利なスキルになります。

◆語学力
海外進出や海外拠点を設けるなど、グローバルな展開を試みる企業は増加しています。
商社に限らず語学力は転職に有利なスキルとなります。

【応募・面接時のアピール方法】
これまで経験してきた業務を具体的に簡潔に話しましょう。
マネジメント経験やヒアリングなどの経験があれば具体的に話せるようにしましょう。

コミュニケーション能力も重要なポイントです、「話し上手」、「聞き上手」の具体例もあげると良いです。

営業には体力も必要なため、体力や健康面もアピールしましょう。

【採用担当者からのアドバイス】
「経験もさることながら、年齢を重ねた方の持つコミュニケーション能力の高さや誠実さ、協調性などは採用する場合は重視しています」

「前職の経験がマッチしていたり、これまでの人生で培ってきた幅広い人脈を持っている40代・50代の方は魅力的ですね」

未経験の中高年が営業へ転職するには?

1484715504_77401.jpg

次に、未経験の40代・50代が営業職へ転職したい場合に役立つ、スキルやアピール方法を紹介します。

【あれば有利なスキルや資格】
◆コミュニケーション能力
毎日たくさんの人とコミュニケーションを取ることを求められるのが営業職です。
40代以上のコミュニケーション能力は有利になります。

◆ヒアリング力
プレゼンテーション能力なども必要ですが、相手の要望や課題を聞き出すヒアリング力は、特に重要視されます。

◆情報収集能力
常に最新の情報やトレンド、社会情勢や経済動向など幅広い知識が重要な業種です。

物事を比較して情報を集める力もアピールしておきたいスキルです。

◆好印象なビジネスマナー
営業職において相手を不快にさせないビジネスマナーは必須です。

社会経験の長い40代以上のビジネスパーソンは、すでにビジネスマナーが身に付いているため、有利になるポイントです。

◆語学力
中小企業の海外進出動向調査(帝国データバンク調べ)によると、52.5%の企業が海外事業を拡大していく方針だというアンケート結果があります。
そんな今の企業にとって、英語や中国語などの語学力は魅力的なスキルです。

【応募・面接時のアピール方法】
◆素直に学ぶ姿勢があること
今までの経験を生かしつつ、謙虚な姿勢をもって新しい仕事に対して学んでいく姿勢をアピールしましょう。

また、面接官の話に耳を傾けて相槌や復唱をするのも好印象です。

◆目的意識の高さ
営業職は、目標を達成する力がどれだけあるのかが重要なポイントになります。

過去の経験から目標を達成した事例を細かく達成までの過程を踏まえながら、具体的にアピールしていきましょう。

◆プレゼン能力の高さ
営業では、提案力やプレゼン能力も求められます。

分かりやすい話し方や読みやすく魅力的な資料作りなど、これまでの経験を盛り込んでアピールしましょう。

【採用担当者からのアドバイス】
「若い世代にはない、顧客の希望を聞けるヒアリング力は特に重視しています」
「見やすい資料作りやプレゼン能力の高さも必要になるため、未経験でもそこが得意な方は採用の可能性が高いですね」

いかがでしたか。

未経験であっても、幅広い職種からでも、営業職に転職する道はあります。

長い社会経験で培ってきたスキルを生かして、営業への転職を成功させましょう。

▼合わせて読みたい!
営業志望の40代必見!おすすめ転職サイト10選&タイプ別探し方
【40代で法人営業】仕事内容と魅力と将来性&転職先のルート
40代・未経験から営業へ!狙い目の業界&知っておきたい転職の秘訣
40代で目指す営業!知っておきたい求人現況と転職サイト3選!

【40代50代歓迎の求人特集】中高年に人気の求人を探す!

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、中高年向けの求人を探してみませんか?

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

▼40代・50代にお役立ち!転職のコツとは?
【40代・50代転職のコツシリーズ】転職先は、どこで探す?~前編
【40代・50代転職のコツシリーズ】転職先は、どこで探す?~後編

【必読!40代・50代の中高年のための就職成功道】
◆気になる中高年女性の仕事探しの現状とは?
中高年女性の仕事探しや転職・・・ホントのトコロはどうなってるの?!

◆知っておくべき基礎知識
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方

◆知って得する「就職成功のための6ステップ」!
1 自己分析で成功率をアップさせよう!
2 インターネットを活用する者が勝者となる!
3 千里の道も、応募から
4 面接までの準備期間が勝負のキメ手!
5 面接は、第一印象がポイント!
6 結果とは、新たな一歩の始まりである

[saleslink]
Banner column01
Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事