中高年の転職!経理の仕事内容と採用担当者が欲しい人材とは?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

経理の仕事に転職したいと思ったことはありませんか?
企業のお金の出入りを記録し、会社の経営を支える経理は、会社の中でも重要なポジションです。

経理には資格は必要ありませんが、40歳を超えてから転職するとなると求められるスキルやアプローチ法なども変わってきます。

そこで今回は、経理の仕事内容や待遇、採用時のアピールポイントや中高年に求められるスキルなどを詳しくご紹介します。

さらに40代・50代の中高年で未経験から挑戦する際のアプローチ法は必見です。
ぜひ転職に役立ててくださいね。


・たった5分で40代の経理職への転職を成功させるなら、絶対利用しておきたい求人サービス

目次

経理の仕事とは?

1483493641_79865.jpg

まずは、実際に経理の仕事はどんなものなのか、仕事内容や勤務先、やりがいなどを具体的に見ていきましょう。

◆仕事内容
経理の仕事の基本は、日々の現金や預金などの出し入れを記録し、会社の財務状態を報告することです。
大まかに分けると、下記4つの業務があります。

【日常業務】
・現金・預金の出納や取引を入力
・請求書の発行
・入金確認
・支払い業務 など

【月次業務】
・総勘定元帳に記録された勘定科目を整理し、試算表を作成
・資産台帳の管理
・給与計算
・源泉所得税や住民税の支払い など

【年次業務】
・決算書の作成
・各種税金の申告や納税
・年末調整 など

【その他の業務】
・賞与計算
・社会保険の算定
・労働保険の申告
・金融機関との折衝
・資金繰り表の作成
・予算案の作成 など

◆業界や勤務先
経理は会社にとってなくてはならない仕事です。
会社の規模や業種を問わず、勤務先は幅広く選択可能です。

◆魅力・やりがい
経理担当者500名に大調査!経理のココが大変なんです…本音レポートを公開!(経理プラス調べ)によると、経理担当者のやりがいについてこんなアンケート結果があります。

【仕事のやりがい】
「計画より数字が上回ったとき」(40代/部長)
「経費削減目標が達成できたとき」(40代/課長)
「減税対策が上手くいったとき」(50代/部長代理)
「自分が誰かの役に立ったと実感できたとき」(40代/主任)
「営業の仕事を支えていると感じられるとき」(50代/主任)
「経営層に自分の意見が認められるとき」(40代/課長) など

経理の仕事は数字を扱うため、ミスが許されません。
そんな厳しい仕事の中でも、会社やほかの人の役に立てる大切な仕事と言えます。

知っておきたい「待遇」のこと

1483493649_99049.jpg

では次に、知っておきたい待遇について見ていきましょう。

【勤務形態】
・正社員
・契約社員
・派遣社員
・アルバイト・パート

【給与】
▼正社員の場合
月給18万円~40万円 程度

▼契約社員の場合
月給18万円~35万円 程度

▼派遣社員の場合
時給1200円~1500円 程度

▼アルバイト・パート
時給900円~1200円 程度


【勤務時間】
1日の平均労度時間は、8時間が目安です。
繁忙期などは残業もあります。

【休日】
会社の休みに準じます。

【福利厚生】
各種社会保険は完備されているところがほとんどです。
ただし、週3日などのアルバイト・パートの場合は適用外の場合があります。

40代・50代に役立つ!同職種から経理への転職成功ポイント

1483493654_54532.jpg

仕事内容や待遇が分かったところで、中高年で同職種から経理へ転職する際に求められるスキルやアピール方法、採用担当者からのアドバイスを見ていきましょう。

【あれば有利なスキルや資格】
◆経理の経験
これまで経験してきた業務を具体的に説明し、今後のキャリアアップにどう生かしたいかなどを伝えましょう。

◆マネジメント経験
同職種でのマネジメント経験があれば、大きなアピールになります。

◆簿記検定2級以上
必須ではありませんが、簿記検定を取得しておくと有利です。
以前資格を取得した方は、転職に向けて改めて勉強し直すと即戦力としてのアピールができます。

【応募・面接時のアピール方法】
◆経理に関わる経験や会計ソフトの使用経験
これまでの経理に関わる業務経験を簡潔に伝えましょう。
また、会計ソフトを使用した経験があればそれも伝えると良いでしょう。

【採用担当者からのアドバイス】
「中小企業の場合は経理業務に限らず、総務業務などを含め一人で幅広い業務をこなす場合もあるため、40代や50代ならではの広い視野や豊富な経験を持っている人に来てほしいですね」(採用担当者)

「さまざまな部署の人とのやり取りが必要なので、中高年の方なら豊富な人生経験を生かした高いコミュニケーション能力も重視しています」(採用担当者)

▼登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる▼
【FROM40neo】

未経験の中高年が経理へ転職するには?

1483493659_34143.jpg

次に、未経験の40代・50代が経理へ転職したい場合に役立つ、スキルやアピール方法、アプローチ法などを紹介します。

【あれば有利なスキルや資格】
◆最低限のパソコンスキル
今や帳簿はパソコン上ですので、パソコンスキルは必須です。
また、数字での報告をまとめるため、表計算ソフトなどのスキルも求められます。

◆数字に強い
細かい数字を扱うため、計算が得意な人や注意深く几帳面な人が求められます。

◆コミュニケーション能力
他部署の社員とやり取りしながら行う業務が多いので、40代で人生経験の豊富なコミュニケーション能力も求められます。

◆簿記検定2級以上
特に実務経験がない場合には、簿記検定を取得しておくと有利です。
また、転職に向けて勉強中であってもアピールしておくとよいでしょう。

【応募・面接時のアピール方法】
◆経理の勉強をしている
まだ簿記の資格は取っていなくても、試験に向けて勉強中であればアピールします。その際、
「何の資格の勉強か」
「いつからはじめているか」
「勉強方法(独学、通信教育、学校に通っている など)」
「試験を受ける予定時期」
など具体的な事柄を合わせて伝えてください。

◆多岐に渡る興味
経理は専門職になるため、志望動機として視野が狭くなりがちですが、実際に入社すればさまざまな仕事を任されます。

経理を軸とした仕事を希望しているなど、これまでの経験や視野の広さをアピールしましょう。

【採用担当者からのアドバイス】
「実務経験がなくても資格取得のため勉強しているなら、アピールした方が良いです」(経理担当)

「お金を扱う仕事なので、大雑把な人よりは慎重な人や責任感の強い人を希望しています。その点では、お金の管理がきっちりできる主婦の女性も魅力的ですね」(採用担当者)

【アプローチ法】
経理の求人数は少ないため、40代・50代で未経験からの転職は難しいのが現状です。
ここでは正社員での転職ではなく、別のアプローチ法をご紹介します。

1 アルバイト・パートから転職
未経験の場合、正社員での転職は狭き門ですが、アルバイトなら未経験でも採用の可能性は上がります。
まずはアルバイトなどからスタートし、正社員を狙う道もあります。

2 税理士事務所や会計事務所で経験を積む
税理士事務所などでは、中小企業の経理業務や税務業務を請け負っているため、経理としての実務経験を積むことができます。

3年以上の経験があれば、優遇されるようです。

3 営業などほかの職種から異動を狙う
前職で経験のある職種で入社し、入社後に異動を狙うのもひとつの手段です。
その場合、会社のことをよく分かっているため、経理の部署でも仕事をスムーズに進めることができます。


いかがでしたか?
40代・50代の中高年で転職は厳しいと言われる経理の仕事ですが、経験の有無に関わらず、持っているスキルや経験に合わせたアプローチ法があります。

ぜひ転職に生かしてくださいね。

▼合わせて読みたい!
40代こそ知っておきたい!身近な【経理のお仕事】の基本知識
40代で経理の求人に未経験で挑戦!仕事内容と転職サイト3選!
40代【経理の転職】成功させるために知っておくべき3つのコツとは!
40代女性が未経験から転職するには?おすすめ職種&資格17選

40代・50代以上の中高年の転職は【フロム40】&【フロム40neo】

1489662084_99896.jpg

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、中高年向けの求人を探してみませんか?

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

▼40代・50代にお役立ち!転職のコツとは?
【40代・50代転職のコツシリーズ】転職先は、どこで探す?~前編
【40代・50代転職のコツシリーズ】転職先は、どこで探す?~後編

【必読!40代・50代の中高年のための就職成功道】
◆気になる中高年女性の仕事探しの現状とは?
中高年女性の仕事探しや転職・・・ホントのトコロはどうなってるの?!

◆知っておくべき基礎知識
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方

◆知って得する「就職成功のための6ステップ」!
1 自己分析で成功率をアップさせよう!
2 インターネットを活用する者が勝者となる!
3 千里の道も、応募から
4 面接までの準備期間が勝負のキメ手!
5 面接は、第一印象がポイント!
6 結果とは、新たな一歩の始まりである

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new

関連する記事