40代50代で転職するなら好きなことを仕事に!今注目の「調理補助」業務とは?

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

食や料理に関わる仕事をしてみたいと思ったことはありませんか?

食に関する仕事はさまざまありますが、調理補助という職種をご存知でしょうか。

調理師と違って必要な資格がなく、未経験からでも始められる調理補助の仕事について詳しく紹介します。

具体的な仕事内容や勤務先、働き方などから、この仕事に向いている人材など、転職に役立つ情報が満載です。

飲食業界に特化した転職サイトの特徴も詳しく解説しています。

最後まで目を通して、好きなことを仕事にすることを検討してみてはいかがでしょうか。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

調理補助って何をするの?

1476240770_66664.jpg

その名の通り、調理補助の仕事は調理する人を補助する作業です。

まずは、その具体的な仕事内容を紹介します。

◆具体的な仕事内容
・食材準備
・調理器具や食器の準備
・下ごしらえなどの食材加工
・簡単な盛り付け など

ほとんどの場合は特殊な技能を必要とせず、資格なども不要です。
(職種や職場によっては、その限りではありません。)

どんなところで働くの?主な勤務先とは

1476240621_92584.jpg

調理補助を必要とする施設はどんなところがあるのでしょうか。主な勤務先を紹介します。

◆主な勤務先
・ホテル
・病院
・老人ホーム
・保育園
・スーパー
・百貨店 など

大規模な施設ならば作る料理も相当数が必要になりますし、ホテルなどなら仕上がりの見た目も重視される、というように規模や業種などの違いから、その仕事内容の差異が生じます。

調理補助の待遇とは?

1476243283_22465.jpg

次に、給与や待遇などについて見てみましょう。

◆雇用形態
アルバイトやパートが最も多く、派遣社員での求人もあります。

正社員となると、調理師や栄養士の資格保有者が求められることが多いようです。

【給与】
▼正社員の場合
調理・調理補助の平均年収は約300~350万円。

ただし、これはあくまで平均で、調理業務の人を含んでいるうえ、勤続年数や地域によっても差があります。

▼アルバイトの場合
調理補助、調理見習いの平均時給は下記の通りです。
関東圏:940円~1200円
関西圏:880円~1200円
東海圏:845円~1000円

例えば、関西地方のスーパーで、派遣社員としての調理補助は時給1200円+交通費支給というような求人が見られます。

ただしこれはあくまで一例で、実際は、地域、勤務内容、勤続年数などによりさまざまです。

【勤務時間】
給食を作る場合なら朝から午後の時間帯で、保育園や教育施設の休みに準じます。

ホテルならばシフト制が多くなりますが、勤務先によって違いますので、確認が必要です。

【休日】
休日も勤務時間同様、その施設の休みに準じるかシフト制となります。

【福利厚生】
まかないが付いているケースが多く、正社員なら社会保険や有給休暇なども整っています。

交通費も勤務先に準じますが、全額支給のところがほとんどです。

調理補助の魅力と厳しさ

1476241070_28190.jpg

仕事内容や待遇面などが分かったところで、調理補助の魅力や厳しさについて見ていきましょう。

◆仕事の魅力
・調理レベルがアップする!
補助ではあるものの、食材のカットや盛り付けなどを日々行うことで腕が磨かれます。

・「おいしい」がやりがいに!
作った料理を食べた人の「おいしい」のひと言を聞ければ、仕事のやりがいにもなります。

・ライフスタイルに合わせて働ける!
アルバイトからでも始められるので、自分のライフスタイルに合った働き方が選べます。

◆仕事の厳しさ
・清潔さと身だしなみが求められる!
食べ物に関する仕事なので、常に衛生面には気を使って清潔にしなければならず、爪や髪を始め、身だしなみには厳しいチェックがあります。

・暑さや寒さへの心構えが必要!
夏季でも高温の厨房内で作業をしなければなりませんし、冬季でも冷たい水を使うことが多いため、暑さ寒さには少なからず心構えが必要です。

・手荒れする可能性がある!
常に手を使う仕事なので手が荒れるため、ハンドケアが欠かせません。

調理補助に向いている人とは?

1476241077_52304.jpg

では、どんな人が調理補助の仕事に向いているのでしょうか?

・食に興味のある人
食べること、作ることに興味のある人が向いていると言えます。

・協調性のある人
調理補助という仕事は、チームワークが大切です。

・先回りして考えることができる人
次に何が必要かを先回りして考えることのできる人は、現場で重宝されます。

・将来料理人を目指す人
調理補助経験をステップアップの場としてとらえられる人です。

その場合はホテルなどハイレベルな施設へのキャリアアップを目指すと良いでしょう。

・主婦
短時間勤務を選べば、空いた時間で日頃から慣れた料理に関する仕事をしつつ、家事や育児との両立もしやすいです。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

調理補助の転職におすすめの転職サイト

調理補助の転職におすすめの転職サイト

調理補助の仕事について、働き方や雇用形態などは把握できたでしょうか。

次に、効率良く仕事を探すためにおすすめしたい、転職サイトを見ておきましょう。

◆クックビズ
飲食業界に特化した転職エージェントのサイトです。

キャリアアドバイザーが希望やキャリアをヒアリングし、求人を紹介してくれます。

書類送付や面接のセッティング、採用後のアフターフォローも手厚く、安心して転職活動を進めることが可能です。

また会員登録してWebの履歴書を作成すると、企業や店舗から直接スカウトが受けられるサービスもあり、現職が忙しくて求人を探す時間がない人にもおすすめと言えます。

一般的な転職サイトやエージェントサイトでは、登録するとすぐに面談日の連絡がくることがほとんどですが、クックビズは登録後に自分で支援サービスを申し込むシステムです。

最短1週間での勤務スタートも可能で、急いで仕事を探したい人にも便利なサイトになっています。

まだ転職活動に迷っている人や、とりあえず求人情報が見たいだけの人にも向いているでしょう。

飲食業界のさまざまな職種が掲載されているため、調理補助の仕事を探すあなたにもぴったりの求人が見つかる可能性が高いと言えます。

◆調理師求人ドットコム
調理師の仕事をメインにした求人サイトです。

ホテルでの調理スタッフやパティシエなどの求人が多く掲載されており、全国のホテルの求人を探すことができます。

自分で求人を探して応募するほか、Web上でPRレジュメを作成して企業からスカウトを受けることができる「調理スカウトシステム」のサービスを利用することが可能です。

転職活動に割く時間があまりないという人は、まずこのレジュメをしっかり作成しておくことで、スカウトを待つ転職活動ができます。

ただしスカウトを受けるために、スキルや希望条件はできる限り細かく入力するなど、レジュメを丁寧に作っておくことが必要です。

また一度作ればいいというわけではなく、定期的に情報を更新しておくことで企業の目にとまりやすくなります。

面接のセッティングや応募書類の添削といったサポートはありませんが、求人に応募すると採否に関する回答が原則7日以内にやり取りが行われるため、スピーディに転職活動を進めたい人にはおすすめです。

◆プラスナビクック
調理師や栄養士の求人に特化した転職サイトです。

勤務先はさまざまで、ホテルやレストランのほか、病院や介護施設、保育園などの求人が多く掲載されています。

登録すれば専任のアドバイザーが希望条件やスキルをヒアリングし、求人の紹介から応募、面接日のセッティングなどのサポートを受けることが可能です。

応募書類のチェックや面接対策などのサポートもあるため、転職活動に不安がある人にはおすすめと言えます。

応募先から採用の連絡があった後でも、「やっぱり辞退したい」と思った場合はアドバイザーに相談して断ることもでき、無理に転職を進められることもありません。

経験の有無に関係なく登録が可能で、新たに食に関する仕事でキャリアを築きたい人はアドバイザーに相談することもできます。

調理職に関するコラムも掲載されており、事前に情報収集もできる便利なサイトです。

◆エフジョブ
飲食業界に特化した転職サイトです。

飲食業界出身のコンサルタントが応募書類のチェックや求人の紹介、面接のセッティングや同席まで、手厚いサポートを受けることができます。

面接後に企業から提示される採用条件の合意をもって内定になりますが、年収の交渉などもしてくれるため、入社後のトラブルなども防ぐことが可能です。

独自のネットワークを持ち、他社の転職エージェントやサイトにはない求人情報が豊富にあるのも特徴のひとつと言えるでしょう。

自分ひとりでは探すことができない、貴重な求人に出会う可能性も多いサイトです。

サイトを通して転職に成功した人の「転職者インタビュー」も多数掲載されており、どのような経緯で転職に至ったのか、成功のポイントなどを知ることができます。

他の人の成功事例は非常に参考になるため、求人検索と一緒にチェックしておくと良いでしょう。

転職はもちろん、ワークライフバランスを充実させたい、年収をアップさせたいといった相談や、将来の独立を視野に入れた転職まで幅広い相談にも対応してくれます。

まとめ

まとめ

調理補助の仕事について、把握できたでしょうか。

食に関わる仕事は、あなたの作った料理で人を笑顔にできるやりがいも感じることができます。

自分の好きな分野に携わるため、日々充実感も得ることができるでしょう。

また、今は働き方もさまざまあり、自分の希望やライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

あなたらしく働ける仕事を見つけることが可能です。

40代・50代から転職するなら、好きなことを仕事にし、好きな働き方で仕事を見つけることを検討してみてもいいのではないでしょうか。

あなたの転職が成功することを祈っています。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new