40代が未経験の仕事で正社員に採用される方法とは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

40代で転職を考えるとき、「40代で未経験では正社員としてなかなか採用されない」、「40代の転職は無理なのではないだろうか」と思うことも少なくないでしょう。

実際に40代で未経験場合、正社員での採用は決まりづらい場合が多く、一般的には厳しいと言えます。

一方で、40代だからこそ未経験でも採用したいと考える業界があるのも事実です。

そこでこの記事では、40代ならではの強みとその強みをアピールするための対策について解説し、40代が正社員として採用されやすいおすすめの仕事を紹介します。



目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代が未経験の仕事で正社員になるのは厳しい

40代 未経験 正社員の画像

40代で業界未経験の社会人が正社員で採用されることは、かなり珍しい奇跡的なケースであることを念頭に置いておかなくてはいけません。

そのため「なぜ40代で未経験での正社員採用は難しいのか」という理由を知ることが40代で未経験のまま正社員になるには対策を立てることが必要不可欠となるでしょう。

ここでは、なぜ40代で未経験での正社員で採用は難しいのかについて説明します。

■伸びしろのある若い世代が最大のライバル

転職希望者が多い中で、最大のライバルとなるのは40代の自分たちより若い世代、具体的に言うと20~30代です。

一般的に企業は、20代~30代の若い世代を40代よりも優先的に採用する傾向があります。

20代~30代が優先的に採用される理由は、より年齢が若い人材のほうが採用する企業に長期的に貢献してくれることと、研修や仕事の業務などを若いうちから教えられる点です。

そのため、たとえ40代の人材に社会経験や豊富なスキルがあったとしても業界未経験である以上は、これから伸びしろがあり長期的に活躍が期待ができる20代~30代が優先的に採用されます。

■40代は経験者が優先して採用される

企業からすると、自社が採用したい職種において未経験の40代の人材を採用するのはリスクが高いと言えます。

なぜなら未経験の人材を採用するとなると、企業は研修が必要になるため、長期的に活躍してくれる20代~30代の若手の方が費用対効果が高いからです。

企業は40代には社員のマネージメント力を求めていることが少なくありません。

リーダーとして若い社員をまとめる役割を40代には期待している場合は、企業は40代であれば未経験者より経験者を優先して採用するのです。

もし40代で業界未経験なら、仕事内容をイチから学ぶ積極的な姿勢を持って、その意気込みや熱意を企業に伝えることが重要になります。

40代が未経験の仕事で正社員になるための対策

40代 未経験 正社員の画像

40代で未経験の場合、正社員で採用されるのは20代~30代と比べて難しい現状があるため「40代未経験でも採用されるための対策」をすることが必要不可欠です。

ここでは、40代で未経験でも正社員として採用されるための対策について、5のポイントを紹介します。

■企業がどのような人材を欲しているのか調べる

まず受けたい企業のホームページや採用サイトで企業理念ページ、社長からのメッセージ、採用ページを中心に企業が求めている人材に関する情報を集めます。

受けたい企業がどのような人材を求めているのか、採用においてどのような基準を設けているのか、人材の採用において何を重視しているのかを把握しましょう。

例えば「企業理念に共感できる」や「人物重視」、「チームワークや協調性」、「何ごとにもチャレンジする精神」などが未経験の仕事をイチから覚えていく熱意と若手社員を纏めるリーダー性をアピールする上で大切です。

自分が受けたい企業がどのようなマインドを選考基準として、どのような人材を求めているのか理解したうえで応募し面接に臨みましょう。

■自分の市場価値を知り強みをアピールする

企業が新たに人材を採用するとき、応募者について知りたいことの中に「応募者の価値」があります。

自分の「強み」は案外、自分で気づきにくいものです。

そのため、自分の強みを探すためにまず自身がこれまでにしてきた実績や経験をまとめて分析することが有効でしょう。

何かの業務を担当した経験やパソコンでどのようなソフトを使用していたのかなど細かな点だけでなく、仕事に対する自分の考えなど思いつく限りの自分の「仕事における歴史」を書き出すことをおすすめします。

「自分の仕事の歴史」を書きだしたら次は、自分が今後将来的にやりたいことと自らが描くキャリアプランとの結びつきを考えることが大切です。

自分がこれまで積み重ねてきた経験やスキルと今後したいことを結びつけた結果に説得力があれば、面接の際に大きなアピールポイントになるでしょう。

自己分析が難しいと感じたり確認したくなったりした場合には、積極的に転職エージェントを活用するのもひとつの方法です。

転職エージェントとの面談を通して、自らの市場価値を測ってもらい自分が受ける会社の仕事内容と自分のキャリアプラントの結びつきを確認してもらいましょう。

■自身が企業に貢献できるポイントを整理する

企業が新たな人材を採用するにあたって重要視することのひとつは、応募者がどのように自社で活躍し、貢献できる人材かを具体的にイメージできるかどうかです。

実際に採用したとき、応募者に合う部署や業務があるか、どの部署なら実力を発揮できそうかを履歴書や職務経歴書などの書類や面接で判断しなければなりません。

そのため自分が応募した企業に入社したあと、どのような場面で活躍できるのか、どのような状況だと実力が発揮できるのか明確し、伝えることが大切になります。

自分が応募した企業でどう貢献できるかは必ず具体的に整理しておいてください。

まず自分の強みやアピールできるポイントを「箇条書きにして紙に書きとめ」ましょう。

例えば「前社にてプロジェクトリーダーとして7~8人をまとめあげ、会社の事業に貢献した経験」「前社にて部署移動で、人事部に移動した際にも別分野の業務をイチから学んだ」など自分にはこれまで培ったどのような能力やスキルがあるのか把握します。

そして、自身の能力やスキルが応募した企業で従事するであろう業務でどのように活用できるのか、なぜ貢献できると考えるのかをわかりやすく伝えられるように準備しましょう。

伝え方のポイントは、応募した企業が自身のスキルや能力を「自社で生かせるケースを具体的にイメージできること」です。

■全く未経験の業界や職種は避ける

これまでの仕事とは業種や職種も含めてまったくの未経験となると、40代で採用されるのは厳しいと考えられるため、これまで経験してきた仕事とまったくの未経験の業界や職種は避けた方が良いでしょう。

企業からすると40代でまったくの未経験の人を研修や講習などで育てていくのはリスクがあり、費用対効果が低いためです。

また自分にとっても仕事をまったく知らない状態からひとつずつ仕事を覚え、慣れる必要があります。

また実際に携わった経験がないと面接で質問の際に、自分がどう仕事で貢献できるのかを説明するのが難しくなる可能性もあります。

そのため、確実に正社員として採用されることをゴールとするのなら、これまでの職歴に少しでも関連のある業界、職種の企業や仕事に応募するのが得策といえるのです。

ちなみに業種と職種のそれぞれを整理すると、業種は仕事の「業界の種類」であり、例としては、教育業界、やIT業界、ホテル業界、外食業界などが挙げられます。

一方で職種は「職業の種類」であり、企画や営業、人事、経理、フロントスタッフ、調理などです。

まず業界や職種が何なのかを理解し、自分のこれまでの職歴をしっかりと把握したうえで、まったくの未経験の業界や職種を避けつつ、少しでも携わった業界や職種を探しましょう。

■コミュニケーション能力を鍛える

40代となると、企業はチーム内でのリーダーやまとめ役といった役割を期待しているため、コミュニケーション能力は求められる重要な要素です。

考え方をポジティブに変えれば、コミュニケーション能力が高ければ、業界や職種が未経験だとしても、リーダー的なポジションとして即戦力になり得ると感じてもらえ、採用の可能性を上げることにつながると言えます。

逆に言うとコミュニケーション能力があまりないと、会社でのリーダーとしての役割を任せられされるか企業側としては不安要素となるため、正社員として採用されるのは厳しいです。

そのため、コミュニケーション能力に自信がなくても、面接の際には相手の質問の意図を理解し、それに対する簡潔でわかりやすい回答ができれば、コミュニケーション能力があることをアピールできるでしょう。

コミュニケーション能力があると思わせるコツのひとつは、何かの質問に答える際に必ず「結論から先に述べる」ことです。

具体的には、まず質問の答えを述べ、次にその理由を補足していく流れになります。

▼あわせて読みたい
中高年が未経験で転職成功するには?知っておくべき5つの心得

40代未経験でも正社員で採用されやすい男性におすすめの仕事

40代 未経験 正社員の画像

「40代で未経験でも正社員として採用される仕事なんて本当にあるのだろうか?」といった疑問を持つ人もいるでしょう。

40代で未経験でも正社員として採用される可能性がある仕事は、実際にあります。

ここからは、特に男性におすすめしたい40代で未経験でも採用されやすい職業を4つ紹介しましょう。

■工場勤務

工場勤務の仕事の内容はさまざまあります。

食品、電化製品、ガラス、金属、機械系など業種は幅広く、仕事の工程も、検品・検査、放送、組み立てから事務と多岐にわたるのが特徴です。

例えば、理系の方や普段から自動車やバイクを修理したりなど機械に得意な方であれば自分に合う工場が見つかるかもしれません。

自動車やバイクの製造工場は、溶接・塗装や車体組立などの仕事が向いていると言えるでしょう。

さらに未経験からでも働くことができるうえ、学歴に関係なく採用されやすいのもポイントです。

また長く務めることで資格の取得ができるケースもあり、スキルを高めることができることも魅力と言えます。

40代で体力がないと思っていても、働いているうちに体力がついてくるかもしれません。

自分の趣味が高じたために、未経験ながら仕事に生かせるスキルがあることや働く意欲を伝えることで、正社員として採用される見込みがある仕事です。

自分の趣味を生かせる会社が見つかることもあるため、機械やものづくりなどに興味のある人におすすめの仕事といえます。

■タクシー運転手

タクシー業界では未経験者を歓迎している会社も多く、研修制度が整っていることがほとんどです。

そのため、たとえタクシー業界未経験であったとしても、安心して働くことができるでしょう。

タクシー運転手の仕事の良いところは、法人タクシーであれば歩合制であることが多く、コンスタントにお客さんを乗せられれば稼げる点です。

また、法人タクシーの場合は「隔日勤務」という勤務形態を取っていることが多く、「隔日勤務」では1日おきに休みになるため1か月の半分以上が休みになります。

1日当たりの勤務時間は最大で21時間と長くなるときもありますが、夜間の割増料金や乗客の多い時間などに合わせて休憩時間を調整しながら自分の好きなタイミングで柔軟に効率良く稼ぐことも可能です。

ただしタクシー運転手として勤務するためには、あらかじめ普通自動車第一種運転免許(一般的な運転免許)を所得して、3年以上が経過している必要があります。

なぜならタクシー運転手としてお客さんを乗せる仕事をするためにはタクシーを運転する第二種運転免許を取得してから勤務を開始する必要があり、第二種運転免許を取得するためには、普通自動車第一種免許を取得してから3年以上経過していることが必要条件になるからです。

そのためタクシー運転手を目指す場合は、前もって必ず第一種運転免許を取得しておきましょう。

■警備員

警備員の仕事は主に工場や倉庫などの施設を巡回し、不審者や不審物がないかをチェックすることです。

基本的には1人で仕事を行うことが多く、コミュニケーションが苦手な人や人と会話することに不安を感じる人でも、始めることができるのが最大の特徴だと言えます。

警備員の仕事は、シフト制である場合がほとんどです。

昼夜の勤務と夜間の勤務があり、とりわけ夜間の勤務では深夜の手当がつくため、昼間の勤務より多く稼ぐことができます。

警備員の仕事においては、規律や挨拶、立ち振る舞いなどが重視されるため、研修制度が充実しているケースが多く、基本的なマナーや礼儀、仕事内容を学べるでしょう。

さらに警備員としてキャリアアップを目指すことも可能なのも魅力で、例えば「警備員検定」に合格すれば、1級あるいは2級の「検定合格警備員」となることができます。

「警備員検定」は空港での勤務の「空港保安警備業務」や道路での交通誘導の「交通誘導警備業務」など、6種類の従事する仕事内容によって分かれているため、資格をとることで自分が目指す将来のキャリアプランを立てることができるでしょう。

■介護職

高齢化社会が深刻化するにつれて需要が増すと同時に、働き手の不足が続いているため、介護職は未経験でも積極的に採用されやすいと言えます。

また介護職は、清掃や食事の用意、デイサービスのドライバーなどさまざまな仕事があるため、特別な資格がなくても正社員として働き始められることが少なくありません。

介護の仕事では、「高齢者の自立を助ける意義のある仕事」で、人生の先輩であるの高齢者の方に直接感謝をもらえることもあるため、自分の努力次第でやりがいを感じることができるでしょう。

介護職はキャリアアップも目指せる仕事です。

例えば多くの企業で「介護職員初任者研修」の資格の取得にかかる費用を負担、もしくは一部補助する制度があり、資格を取得すれば給料があがることも期待できます。

さらに「介護福祉士」「ケアマネジャー」などの資格があり、取得すれば給料アップやキャリアアップも目指せるのも魅力です。

▼あわせて読みたい
40歳から未経験職種に転職したい!成功しやすい職種&資格リスト

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代未経験でも正社員で採用されやすい女性におすすめの仕事

40代 未経験 正社員の画像

ここからは、特に女性におすすめしたい40代で未経験でも採用されやすい職業について4つ紹介し、それぞれ解説します。

■保険営業

保険の営業職は、特別な資格や経験がなくても就くことができます。

営業職であるため、会社から設定されたノルマを達成する必要がありますが、営業職ならではの社内外のやり取りを通してコミュニケーション能力や忍耐力、ビジネスマナーなどを身に着けたり経験したりできます。

40代ならではの、これまでに培ってきた人生経験や実体験を交えながら会話ができれば、言葉に説得力が増して契約も取りやすくなるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの資格を取ると話に説得力が増し、営業の成績を伸ばすことが期待できます。

一般的にファイナンシャルプランナーの資格は2級以上で認められることが多いため、2級以上の取得がおすすめです。

■セラピスト

セラピストは一般的に特別な資格や経験がなくてもなれるため、未経験でも始められます。

基本的にセラピストの仕事は主に顧客に対して、癒しを提供することです。

そのため、

職種としては幅広く、マッサージ師からボディセラピスト、リラクゼーションセラピスト、アロマテラピスト、気功師、心理カウンセラーなどがあります。

自分が担当した顧客に直接喜んでもらえたり、リピートや指名などがもらえると成果ややりがいを感じられるでしょう。

未経験からでも少しずつ経験と実績を積み重ね、ノウハウやリピーターなどを得ることが大切です。

将来的には自身で店舗を開業するといった、独立を目指すことも十分可能でしょう。

■保育士

近年では、子供のお世話をする保育士は人手が足りていない状態であるため、未経験からでも始めることができる、おすすめの仕事になります。

保育士は未経験からでもスタートすることができる仕事ではありますが、注意点しないといけないのが、保育士資格が必要になることです。

さらに保育士として仕事をするには、保育士資格を取った後に「保育士登録」をすることが必須になります。

ただし保育士資格は一度取得してしまえば更新もないため、年齢を問わず仕事をすることができ、一生使える資格であるため、取得する価値は十分あると言えるでしょう。

万が一保育士資格取得をしていない場合でも、保育補助から働くことが可能です。

またすでに自身に育児の経験があれば、子供への接し方も慣れているため、子育ての経験を活かし、仕事への入りもスムーズにできるでしょう。

特に子育ての経験のある人にはおすすめの仕事です。

■セレモニースタッフ

セレモニースタッフも未経験でも始めることが可能な仕事であるため、転職しやすいのが特徴です。

セレモニースタッフとしての仕事は、主に結婚式やお葬式といった冠婚葬祭で会場にて進行を取り仕切ることになります。

また、お客さんの気持ちに寄り添うことのできるホスピタリティーが求められる仕事です。

結婚式場では「ブライダルスタッフ」と呼ばれることも多く、仕事内容は結婚式の準備や運営などになります。

お葬式のセレモニースタッフの仕事は、主にお葬式での仕事内容は祭壇の撤収や会場の設定から清掃、会場への案内などです。

冠婚葬祭の仕事の依頼は平日だけでなく、土日も含まれ、勤務時間も早朝や深夜まで幅広いため、シフト制にしている会社が多い傾向にあります。

また、会社の研修では場面に応じた礼儀作法やマナーについて厳しく指導されるため、相手に不快感を与えないようなふるまい方やマナーが身につくでしょう。

お葬式のセレモニースタッフのキャリアアップに関しては、「葬祭ディレクター技能審査」という資格があります。

受給するには2年以上の実務経験が必要にはなりますが、2級以上を目指せば周世のアップが見込めるでしょう。

▼あわせて読みたい
40代女性が未経験から転職するには?おすすめ職種&資格17選

まとめ

40代 未経験 正社員の画像

40代で未経験の仕事で正社員として採用されるのは、実際に難しいことが多いのも事実です。

しかし決して不可能な話ではありません。

確かに20代~30代と言った若い世代の方が有利ですが、積極的に仕事を学ぶ姿勢や40代ならではのこれまでの経験や強みを活かせることもあるため、面接の際にはもれなくアピールし、活躍できるイメージを企業に持ってもらえる対策することが大切です。

また、この記事で紹介した男女別の未経験でも正社員として採用されやすい仕事も実際にあるため、参考にして仕事選びのヒントにしましょう。

この記事を参考にして、40代で未経験の仕事で正社員での採用を目指す方法や対策、そして仕事を定めるのに役立ててください。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事