転職にかかるスマホの通信費を簡単に節約する方法

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

今や、転職活動にもインターネットはもちろんスマホは欠かせません。

日頃はスマホで検索や動画を見ることが少なく、通信費をさほど使わないという人も、転職活動中となると、求人検索や応募した企業とのやり取り、Web面談などで通信費が高くなりがちです。

しかし今だけの転職活動において、コストはできる限り最小限に抑えておきたいところではないでしょうか。

今回は転職活動中の通信費を上手に節約できる、簡単な方法をご紹介します。

スマホの基本料から格安SIMの特徴やメリット・デメリットまで詳しく解説していますので、最後まで目を通して、通信費を抑えた転職活動を進めてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

スマホにかかっている料金

スマホと女性

まずはスマホにかかる料金について、詳しく把握しておきましょう。

どのような料金がかかっているのかを知ることで節約方法が明確になります。

◆基本料
スマホを契約する時に必ず支払う料金が、基本料です。

電話やメール、ネットなど各種サービスを利用するためには、基本プランへの加入が必須となります。

この基本プランの料金には、一定のデータ通信量が含まれていることがほとんどです。

そのため、電話をかけたり、W-Fi環境のある自宅かオフィスでネットをしたりする人は、基本プランのみで追加料金のかからない場合や基本料を設定していないキャリアもあります。

◆データ通信料
スマホ代の内訳で、もっとも高い割合を占めているのがデータ通信料です。

YouTubeなどの動画コンテンツはもちろん、音楽配信やゲームの際の通信費がすべてここに入ります。

転職活動中なら求人検索やメールでのやり取り、Web面談などでデータを使用するでしょう。

データ通信量は、料金プランの見直しや通信会社を変更することで、安く抑えることができる場合があります。

◆音声通話料
最近で電話をかけるという機会が減っている人も多いのではないでしょうか。

友人や知人とならLINEを使えば無料で会話ができ、SkypeやZOOMなどのサービスを使えば映像つきでやり取りが可能です。

こうした便利なコミュニケーションツールが無料で使えるため、音声通信量が月々の料金を占める割合が少なくなっています。

ただし音声通話の利用をゼロにしてしまうと、固定電話や電話番号しか知らない相手に電話をかけることができなくなるため、注意が必要です。

◆オプションサービス料
データや電話以外に、オプションサービス料もあり、大きくわけると以下の3つになります。

・安全・保障に関する料金
セキュリティをはじめ、スマホを快適に使うためのサービスです。

ウィルス対策や紛失した時の遠隔ロックや位置を検索できるサービス、水漏れや全損などのトラブル時の修理対応などがあります。

・通話に関する料金
国内通話が割引になるサービスや家族同士の通話が無料になるサービスなどがあります。

・データ通信に関する料金
駅やカフェなど人の多い場所でネット通信を無料で快適に使えるサービスや、海外でもWi-Fiが使えるサービスなどです。

複数のオプションサービスへの加入を条件にしている場合もあります。

これらのオプションの中で料金が発生しながらも普段はほとんど使っていないものもあるかもしれません。

これらを含めたスマホの利用料金は月5000円が平均と言われています。

◆スマホ端末の分割代金
またスマホ端末本体の分割料金が、毎月の料金に上乗せされていることがほとんどです。

ほとんどのキャリアでは2年間で分割された代金を支払い、全額支払い終える前に解約する場合は残りの端末代金が解約金に加算されます。

ただしSIMフリーの端末であれば、キャリアの乗り換えも比較的簡単です。

転職活動にかかる通信費は主に2種類

スマホを使って転職活動中の女性

スマホの基本的な料金がわかったところで、ここでは実際に転職活動にかかる通信費を細かく見ていきましょう。

◆アドバイザーや応募先との電話通信費
転職活動で転職エージェントを利用する場合は、登録の際の電話やWebでの面談に費用が発生します。

また書類選考に通って面接へ進む際には、応募先との面接日程の調整のため、やり取りが必要です。

面談や面接当日でも、時間に遅れる際や場所がわからない場合は直接電話をして伝えるなど、このように、転職活動では頻繁に電話通信費がかかることがわかります。

◆求人探しやWeb面接時のデータ通信費
求人サイトから求人検索をしたり、気になる求人を閲覧したり、応募しようと思った企業の公式サイトは必ずチェックしておくといいでしょう。

他にも面接に向かう場合、不慣れな場所であればスマホの地図アプリを使ったり、Web面接をしたりするなら会議アプリを起動させます。

外出先でも求人検索ができたり、応募や連絡ができたりするのは便利かもしれませんが、通信費は増えていく一方です。

◆通信費以外にかかってくる費用
前述の通信費以外にかかる費用としては、スマホの基本使用料、本体の購入代金、その他交通費などがあります。

一番増えるのは、通信費と通話料ではないでしょうか。

普段は電話をかけることがあまりないからと、通話無料の時間が少ないプランでは、転職活動で思いがけず通話が増えた月は、支払い金額がかなり多くなります。

通信費の節約には格安SIMを活用

スマホとSIMカード

次に通信費の節約に関して見ていきましょう。

通信費を節約するには、まず大手キャリアを利用しないことが大きなポイントです。

格安SIMを使用することで、簡単に通信費を節約することができます。

◆SIMカードって?
SIMカードは、スマホやタブレットなどの中に入っている、小さなICカードのことを指します。

4Gや5Gなどモバイル回線を使ってネットや通話、ショートメッセージの送受信をするのに不可欠なカードです。

SIMカードには契約者の電話番号や識別番号などの情報が記録されていて、どのスマホにも最初から入っています。

また格安SIMのサービスを提供している会社もあり、自社回線を持たず、他社のネットや通話の回線を借りてサービス提供をしている事業者のことで、Mobile Virtual Network Operator(MVNO)という名称です。

プロバイダーや家電量販店などが、この格安SIMカードを提供しています。

◆大手と格安SIMの違い
では次に、大手キャリアと格安SIMの違いを見ていきましょう。

《通信速度の安定性の違い》
格安SIMは大手キャリアの回線を借りてサービス提供をしているため、回線網に限りがある状態です。

そのため利用者の多い時間帯は通信が混雑しやすく、通信速度が遅くなるなど影響が出る場合があります。

《価格の違い》
MVNOは、回線基地局の維持や設備投資、実店舗を持たないことによる家賃や人件費などのコストが大幅に削減できます。

それらのコストが必要な大手キャリアに比べて、半分~1/3程度の料金で使えることがほとんどです。

《サポート体制の違い》
MVNOが実店舗を持たないことに対して、大手キャリアは各エリアに店舗があり、オンラインはもちろん店頭でのサポートが充実しています。

しかし最近では家電量販店に受付カウンターを設けることも増え、対面でのサポートも整ってきています。

《キャリアメールの有無》
MVNOは、「~@docomo.ne.jp」や「~@softbank.ne.jp」といった、いわゆるキャリアメールの提供をしていない場合がほとんどです。

キャリアメールを使用していた人が変更する場合は、メールをGmailやYahooなどのフリーメールで代用する必要があります。

◆格安SIMのメリットとデメリット
《メリット》
格安SIMの大きなメリットと言えば、月額料金の安さが挙げられます。

前述の通り、大手キャリアと比較すると半分~1/3程度の金額になることがほとんどです。

金額は安く抑えることができますが、インターネットや通話の品質は大手キャリアの回線を借りているため変わりなく使うことができます。

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)に対応しているため、現在使用している電話番号をそのまま引き継ぐことも可能です。

《デメリット》
大手キャリアの回線を借りているため通信などの品質は同じでも、回線網が限られているためたくさんの人が同時に使うと通信速度が不安定になるなどのデメリットがあります。

キャリアメールの提供がないため使用できないほか、SIMカードのセットやネットワークなど、初期設定を自身で行わなければいけません。

◆格安SIMの選び方
次に格安SIMの選び方について、見ていきましょう。

《SIMの種類を選ぶ》
今多くの格安SIMがあるため、プランも多種多様です。

そのため、どんな使い方が多いかで種類を選ぶと良いでしょう。

例えば通話やネットをメインで使う場合は音声通話SIM、タブレットなどでネットをメインに使う場合はデータ専用SIMといった種類があります。

転職活動で通話が増える可能性がある場合は、あらかじめ定額通話プランやオプションを選んでおくと良いでしょう。

《通信回線の種類を選ぶ》
格安SIMは大手キャリアの回線を借りているため、docomo回線、au回線、Softbank回線の3種類があります。

基本的に購入した端末のキャリア回線を利用することができますが、SIMロックがかかっている場合は解除しなければ利用できません。

またSIMフリー端末では、どの回線も利用可能ですが、組み合わせによって使えないものもあるため、事前に確認しておきましょう。

《利用するデータ量を決める》
格安SIMも大手キャリアと同様、毎月使用するデータ量によってプランが異なります。

現在のデータ量を目安にして、利用するデータ量を決めると良いでしょう。

転職活動で使用するデータ量が多くなる場合は、多い月だけデータ量を追加するのも、一つの方法です。

契約したデータ量を超えてもスマホが利用できなくなることはありませんが、通信が遅くなったり、地図の表示に時間がかかったりするため、注意しましょう。

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

おすすめの格安SIMブランド

スマホを比べる女性

格安SIMと大手キャリアとの違いなどを見てきました。

では実際に、どの格安SIMを購入すれば通信費の節約ができるのか、ここではおすすめの格安SIMのブランドの特徴などを詳しく見ていきましょう。

◆楽天モバイル
安い料金設定や楽天ポイントが溜められるなどで人気の楽天モバイルは、月額3278円(税込)で使い放題というお得さも特徴の一つです。

プラン変更をすることなく、使った容量に合わせて自動的に料金が変更になるから便利でお得な料金設定と言えます。

ただし使い放題のエリアは首都圏や大阪、名古屋、京都などエリアが限定されています。

それ以外のエリアでは毎月5GBは使えるため、事前に確認しておきましょう。

使い放題のエリアを考慮しつつ、忙しい転職活動でプラン変更の手続きなく料金を安く抑えたいという人におすすめです。

◆J:COM
J:COMモバイルの料金設定は4プランあり、データ量によって設定されています。

小容量の1GBから20GBでも2728円とこちらも料金を抑えることができるでしょう。

データ容量は翌月まで自動で繰り越して使えるから、余らず使い切りができるのも利用者にとっては魅力のひとつです。

またJ:COMは最低利用期間がなく、いつでも無料で解約できます。

MNP転出手数料も無料だから、他社へ乗り換えても費用はかかりません。

格安SIMの欠点の1つでもある通信速度が遅くなるケースですが、昼から夕方にかけての速度が遅いと言われています。

転職活動において、企業とのやり取りはできる限りタイムロスなく連絡することで印象も良くなるため、時間に関係なく送受信をスムーズにしておきたい人には不向きかもしれません。

快適に使いたい人にはストレスがかかります。

▼合わせて読みたい!
解説!面接官の第一印象がアップする40代の転職面接に適した服装とは?
40代転職の成否を左右する!?好印象な応募メールのつくり方
解説!40代の転職成功を助ける、面接にふさわしいバッグの条件
40代転職者が知っておくべき面接での長所&短所の答え方とは?

まとめ

スマホ通信費節約のまとめ

転職活動を進める上で、電話やネット環境などスマホの環境は不可欠です。

外出先からも連絡を取ったりメールを確認したりでき、よりスピーディな転職活動を可能にしてくれます。

しかし転職活動にはこうした通信費を含めて、面接に行く際の交通費、現在勤めている場合は休みを取るなど、さまざまな出費や負担を伴うでしょう。

普段は気にしなかった通信費も、格安SIMの特徴を把握して賢く使えばコストを削減できる場合があります。

転職活動を円滑に進めるためにも、一度スマホのプランやキャリアを見直してみてはいかがでしょうか。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new