50代が転職を成功させるおすすめ方法4選

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代 転職 おすすめの画像


一般的に50代の転職は難しいとされます。


「50代で転職などできるのだろうか?」「50代におすすめの転職先や資格は?」といった悩みを持っている方もいるでしょう。


この記事では、転職をしたい50代の方におすすめの資格や、仕事・転職サイト・エージェントサービスについて詳しく紹介します。


目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代の転職におすすめの資格

50代 転職 おすすめの画像


50代の方が転職する際は、自分に一定のスキルや知識があることを証明してくれるさまざまな資格を持っていると有利です。


まずは50代で転職するときに取得しておくとよい、おすすめの資格を5つ紹介します。



◆第二種電気工事士資格


第二種電気工事士資格は、建物や設備の電気を扱う工事で必要となる国家資格です。


電気関係の仕事は、店舗や住宅などの電気工事といった現場で重宝されるため、50代で資格を取得したとしても即戦力として働くことができます。


また転職後も現場経験を重ね、職長や複数の現場を掛け持ちしていくことで徐々に年収を上げることができ、定年以降も安定して働くことができるのも魅力のひとつです。


ただし、筆記試験と技能試験それぞれで合格しなければならず、暗記が求められる筆記試験の合格率は約60%と低いため、資格取得の難易度は決して低くありません。


過去問題をベースとした内容が毎年出題されているため、事前に入念な対策をしてから試験に挑みましょう。


(参考:ECEE 一般財団法人電気技術者試験センター



◆宅地建物取引主任者資格


「宅地建物取引主任者」とは、住宅や建物など不動産関連の取り引きを主に行う専門家のことです。


不動産会社は事務所や案内所に一定人数以上の宅地建物取引主任者を置くことが法律で義務付けられており、有資格者は主に不動産売買に関する説明業務を行います。


よって不動産会社に転職したい方は、「宅地建物取引主任者資格」を取得するのがよいでしょう。


宅地建物取引主任者資格を持っているだけで、不動産会社の管理職といったハイクラス求人にも応募することが可能です。


ホワイトカラーの仕事に就きたい方におすすめの資格だといえます。



◆フォークリフト運転免許資格


フォークリフトとは、工場や倉庫・貨物ターミナルなどで利用されている動力付き荷役運搬車両のことを指します。


フォークリフトを運転するために必要な資格が「フォークリフト運転免許資格」です。


国土交通省の「物流を取り巻く現状」では、業界全体の物流量が減少しているのに対し、宅配便の個数が増えていることが示されています。


物流業界は慢性的な人手不足に陥っているため、この資格を持っていると転職活動において有利になります。


フォークリフト運転免許の講習時間は最大で35時間であるため、5日以内に資格を取得することが可能です(フォークリフト技能講習 - コマツ教習所より)。


教習所によって異なるものの、資格を得るために必要な費用は約4万円と言われています。


試験の難易度も低く比較的簡単に資格を取得できるうえに、時給1,200円以上の求人が多数あるため、コストパフォーマンスが高いおすすめの資格のひとつといえるでしょう。


(参考:フォークリフト免許の取得費用・最短日数・試験合格点の取り方は?


手軽に高給な求人に応募したい50代の方は、まずはフォークリフト運転免許資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。



◆簿記1級資格


簿記は、企業の経営状況を記録・計算・整理する経理事務において必須とされている技能です。


簿記1級は全部で4つの科目に分かれており、計算問題だけでなく文章・資料問題もあるため、理論の本質的な理解が求められる試験になります。


簿記2級に比べてさらに1級は難易度が高く、経理の部長クラスでも2級までしか取得していないことが多いため、取得しがいのある資格です。


合格するには相当な努力が求められますが、取得してしまえば経理業務への転職はしやすくなるでしょう。


実際、50代以上の方に向けた求人の中で簿記1級資格の所有が必須となっている求人は少なくないため、取得する価値が高い資格といえます。



◆税理士資格


税理士資格も簿記1級と同様に、経理関係の仕事に就職する際に有利となる資格のひとつです。


税理士試験は科目合格制で、数年かけて合格科目をそろえることも可能な仕組みになっているため、働きながら試験対策ができる反面、計画的に勉強して着実に合格することが求められます。


超難関資格といわれるほど取得が困難な資格ではありますが、税理士資格を所持していれば採用ハードルが高い50代の転職において大きな武器となりうるのです。


税理士試験の受験者で最も多い年齢層は「41歳以上」であり、税理士の平均年齢も60歳以上といわれているため、同世代の人が活躍しているという点ではハードルの低い職業であるといえるでしょう。


(参考:税理士実態調査報告書から《概要》 - 人材紹介アイ国税庁『令和2年度(第70回)税理士試験結果』



あわせて読みたい:
自分に合う資格が見つかる!50代からの転職に生かせる資格7選



50代の転職先におすすめの仕事

50代 転職 おすすめの画像


資格を持っておらず、未経験の仕事に就きたい場合は、人手不足の仕事や50代が活躍している仕事を選ぶのがおすすめです。


ここからは、50代の転職先としておすすめの仕事を4つ紹介します。



◆介護福祉


少子高齢化が進行したことにより、介護福祉職の需要は年々増加傾向にあります。


介護福祉職は、慢性的な人手不足が続いているため、50代でも採用率が比較的高いことから、50代以降の転職先としておすすめです。


転職する際に必要となる資格がないのも魅力ですが、業務に必要な資格取得が推奨されている職場もあるため、転職前に確認しておきましょう。


もし資格を取得する余裕がある場合は、国家資格である「介護福祉士資格」を取得することで介護福祉士として働くことができるため、転職する際に有利です。


コロナ禍で需要が急増した介護福祉サービスとして「訪問介護」が挙げられますが、訪問介護事業で働くには「介護初任者研修」以上の資格が必要となります。


この「介護初任者研修資格」は1か月程度の対策で取得することも可能なため、50代で介護福祉職に転職したい方は狙ってみるのもよいかもしれません。



◆運転手


タクシーやバス・トラックの運転手は、50代が活躍している仕事のひとつです。


特に20代・30代の深刻なドライバー不足により、運転手の高齢化がますます進んでいるため、運転手の求人数は年々増加傾向にあります。


同世代が活躍していることもあり、比較的転職しやすい仕事だといえるでしょう。


タクシーの運転手であれば、自分の裁量で高給を狙うこともできます。


また、トラックやトレーラーの運転手は需要が高まっているうえに人手不足であるため、転職先としておすすめです。


大型免許を持っている方であれば、積極的にトラックやトレーラーの運転手の求人を狙ってみるのもよいかもしれません。



◆警備員


警備員の平均年齢は比較的高く、50代以上の方が多く活躍しています。


警備員の求人は未経験でも歓迎されていることが多く、50代以上の方に人気が高い仕事です。


人手不足でかつ50代以上の方でも採用されやすいため、50代の転職におすすめの仕事だといえます。


交通誘導や施設警備などさまざまな仕事内容があり、たとえば巡回や入退館管理などの施設警備であれば、そこまで体力を使うことなく仕事ができるでしょう。


自分に合った警備員の業務を選ぶことが重要です。


もし資格を取得する余裕があれば「警備業務検定」という試験に合格することで、警備計画書の作成を行う管理職などの、より高給の警備員の求人で採用されやすくなるため、チャレンジしてみましょう。



◆営業


営業の仕事も50代以上が積極的に採用されており、50代の転職におすすめの仕事といえます。


営業というと新規の飛び込みや電話での仕事を想像しがちですが、以前に取引をしたことのある企業を訪問してニーズを聞き取るルート営業の求人もあり、業務内容は様々です。


営業やマネジメントの経験がある方なら、これまでのノウハウを活かすことで即戦力として働くことができるでしょう。

特に、コミュニケーション能力や語学力に自信のある方は採用される確率が高くなります。



あわせて読みたい:
50代が未経験から転職できる仕事はコレ!男女別おすすめ職種4選



50代におすすめの転職サイト

50代 転職 おすすめの画像


「転職したいけど、何からすればいいかわからない」「自分に合った職場を探したい」という50代の方は、まずは転職サイトを参考にしましょう。


ここからは、50代の方が参考にしたいおすすめの転職サイト4選をご紹介します。



マイナビミドルシニア


50代 転職 おすすめの画像


マイナビミドルシニアは、40代〜60代の中高年・主婦の方向けの求人が多数掲載されている転職サイトです。


50代の方におすすめの求人が多く掲載されているほか、「どのように転職活動を進めればよいかわからない」方に向けたお悩みQ&Aや、内定までの流れでおさえておくべきポイントなどの情報が多く、サポートが充実しています。


また、「求人数」や「最低賃金」など転職のトレンド情報も知ることができるため、50代でも転職しやすい仕事を選ぶ際の参考になるでしょう。



リクナビNEXT


50代 転職 おすすめの画像


リクナビNEXTは、株式会社リクルートが運営する社会人のための転職サイトです。


膨大な求人データベースからそれぞれのユーザーのおすすめの求人が表示される仕組みになっているため、自分の気になる求人を見つけやすいことが大きな特徴といえます。


豊富な転職ノウハウを備えたプロのエージェントによる転職支援サービスがあるため、50代の方が転職する際に不安に感じやすい点をサポートしてくれるのも魅力のひとつです。



doda


50代 転職 おすすめの画像


dodaは株式会社パーソルキャリアが運営する転職サイトで、正社員の求人掲載を中心に数多くの転職・求人サービスを展開しています。


IT・マーケティング・ものづくり系の求人に強く、このような仕事に転職したいと考えている50代の方におすすめです。


転職ノウハウの掲載やエージェントサービスはもちろん、「転職タイプ診断」や「レジュメビルダー」などの診断・書類作成ツールも充実しており、転職活動においてつまずきやすいポイントをサポートしてくれます。



FROM40


50代 転職 おすすめの画像


FROM40は、株式会社ダトラが運営する40代・50代のための転職サイトです。


正社員からアルバイト・パートまで雇用形態に関わらず、全国の中高年の方におすすめの求人情報を検索できます。


FROM40に掲載されている求人は、すべて40代以上の方をターゲットにしたものであるため、転職できるか不安に感じる50代の方でも安心して利用できるのが最大の強みです。


FROM40のコラムは40代・50代の転職者に向けたものばかりであるため、自分が知りたい情報を入手しやすいことも大きな魅力だといえるでしょう。



40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代におすすめの転職エージェント

50代 転職 おすすめの画像


「50代での転職を必ず成功させたい」「今までのキャリア・スキルを活かせる自分に合った求人を見つけたい」という方は、1対1で親身に対応してくれる転職エージェントサービスを利用するのが効果的です。


最後に、50代の方におすすめできる転職エージェントを4つ紹介します。



キャリアカーバー


50代 転職 おすすめの画像


キャリアカーバーは、株式会社リクルートが運営するハイクラス求人に特化した転職エージェントサービスです。


キャリアカーバーに登録すると、登録した匿名レジュメを見たヘッドハンターや企業からのスカウトを受け取ることができる仕組みになっています。


キャリアカーバーでは、キャリアや経験が豊富な50代の方は有利になりやすいのです。


非公開になっているハイクラス求人のスカウトが来ることもあるため、広い選択肢の中から仕事を選ぶことができるのも魅力のひとつだといえるでしょう。



ミドルの転職


50代 転職 おすすめの画像


ミドルの転職は、エン・ジャパン株式会社が運営するミドル世代のための転職エージェントサービスです。


登録者の平均年齢45歳とミドル世代に特化しているため、50代の転職者にとっても活用しやすいサービスだといえます。


求人情報だけでなく、紹介先の企業の人事方針や経営に関する情報を専門分野に精通したエージェントから得られるなど、有利な転職活動ができるようなサポートが充実しているサポートしてくれるため、50代の方でも安心して利用できるのが特徴といえるでしょう。



ビズリーチ


50代 転職 おすすめの画像


ビズリーチは、即戦力として働きたい人のためのハイクラス転職サイトです。


掲載されている求人のうち3分の1以上が年収1,000万円以上の求人で、高収入求人のスカウトが多いのが大きな特徴だといえます。


優良企業や一流ヘッドハンターからスカウトが来るため、スキルや経験を活かせる50代以上の転職者にとって有利な環境が整っています。


ビズリーチではIT・経営・マーケティングの求人が多いため、このような仕事の経験があり、さらにハイクラスの役職で働きたい50代の方にはうってつけのサービスだといえるでしょう。



JACリクルートメント


50代 転職 おすすめの画像


JACリクルートメントは、管理職や専門職などへの転職に特化したエージェントサービスです。


各業界・職種に特化したエージェントによるコンサルタントを受けることができ、約25,000もの企業のなかから自分に合った求人を紹介してもらえます。


グローバル転職に強く、他の媒体では見ることができない求人を多数紹介してもらえるのも強みです。


膨大な求人データのなかから、自分の持っているスキルを活かせる最適な求人を見つけることができるため、「50代で転職したいけどなにが向いているのかわからない」という方に特におすすめのサービスといえます。



あわせて読みたい:
JACリクルートメントの評価、上手な活用方法を検証



まとめ

50代 転職 おすすめの画像


50代で転職を成功させるためには、「自分に合った転職先なのか」「今までのキャリアがどのくらい活かせるのか」など、戦略的に考えていく必要があります。


定年後のキャリアまで見据えて、「これからどのように仕事で活躍していきたいか」を、転職サイトやエージェントを利用しながら自己分析していくことが、転職を成功させるためのコツです。


この記事で紹介したおすすめの資格や仕事などを参考に、悔いのない転職を実現させましょう。


年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事