経験豊富な40代だからこそ知っておくべき転職前の「退職トラブル」回避術

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加
Banner column01

前職での経験を活かし、転職活動を成功させ、「さぁ、新しい職場で活躍するぞ!」と、新たな気持ちで一歩を踏み出したのに・・・前の会社から『機密の漏洩だ』と賠償請求された、というケースが発生していることをご存知でしょうか。

今回は、このようなトラブルに巻き込まれないよう、『機密保持』について、転職・就職活動前に知っておくべきポイントを確認しておきましょう。

目次

不正競争防止法にご注意を!

1430982544_72396.jpg

機密の漏洩は、場合によっては「不正競争防止法」という法律に抵触する可能性があります。

具体的には、外部には公然と知られていない技術等を競合他社に漏らしてしまう場合などです。

例えば、門外不出の秘伝スープで人気のラーメン店に勤めていた人が、他のラーメン店に転職し、その門外不出のスープの作り方を教えてしまう、というケースなどです。

前の職場での経験が長い方は特に、自身の技術と会社の技術の区別が難しいですよね。退職トラブルを避けるためにも、就職活動を始める前に、きちんと整理しておきましょう。

公然とは知られておらず、会社がその技術によって利益を出している場合には該当する可能性が高いので、特に注意が必要です。

機密保持契約は細かく確認!

1430983349_60083.jpg

退職する際、前の会社との間で機密保持契約を結ぶ場合があります。

先ほどお話しした不正競争防止法に抵触する営業秘密以外に、人事配置や経営方針についても、退職後数年間は話してはいけない、という内容が盛り込まれている場合があります。

この契約に違反すると、前の会社から賠償請求や退職金の返還などを要求をされる可能性があります。

退職トラブルを避けるために、契約内容はよく確認し、不明瞭な点はきちんと確認しておきましょう。

また、法には触れなくても、民事訴訟に発展し、前の会社側が勝訴、賠償請求されたという判例が多いので注意が必要です。

突然の解雇通知の可能性も!

正社員として採用される場合でも、最初の数か月は試用期間とし、期間を満了した後に正式雇用する、というのはよくある採用の流れです。

この試用期間中に前の会社との退職トラブルが発覚し、解雇通知を受けるというケースもあるようです。

雇用した会社側からすれば、試用期間後に大きなトラブルになる可能性がある人を正式雇用するのは難しいというところでしょうか。

せっかくの就職活動の成果を潰すことのないよう、充分に注意しましょう。

▼合わせて読みたい!
中高年女性が活躍できる仕事探しテクニック!転職成功のコツ
40代転職のための職務経歴書の作り方!便利なテンプレートの使い方ガイド
40代転職成功のコツ!履歴書の免許・資格欄はこう書く!アピールするポイント
スケジュール次第で可能?ボーナスを貰って円満退職を目指す方法

取り扱いに注意さえすれば、経験は大きな武器になる!

1430983480_27839.jpg

中高年にとって、豊富な経験が武器であることは間違いありません。

しかし、使い方によっては知らぬ間に前の会社や同僚を苦境に立たせる行為になっていたり、法律に抵触する行為になってしまう可能性があることを心に留めておきましょう。

何が自分のスキルで、何が会社の秘密なのか、また秘密保持契約には何が書かれているのか・・・。

転職・就職活動前に整理してよく確認し、転職トラブルを起こさないように気をつけて準備してくださいね。

あなたの就職活動がうまくいきますように。

【40代50代歓迎の求人特集】中高年に人気の求人を探す!

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、中高年向けの求人を探してみませんか?

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

Banner neo column 01

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new