40代の転職、データで見る中高年の転職事情!就職活動を成功させるコツとは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

「業種・業態を選ばずに就職・転職活動をしているけれども、いい結果がでない・・・。」

そんなお悩みをよく聞きます。対照的に、全体として株価は上昇しており、景気は上向き傾向だという報道も。

実際のところはどうなのでしょうか。データから現在の状況を振り返ってみましょう。

就職・転職活動が、なかなか思い通りにならないとお嘆きのあなた。きっと、新たな就職・転職作戦が見えてくるはずです!

それでは、はじめましょう。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
年収600万円以上の方
  • 求人の3分の1以上が年収1,000万円超!ハイクラス人材向けの高年収求人が多数
  • 外資系・日系大手など国内外の優良企業や4,600名の優秀なヘッドハンターからダイレクトにスカウトが届く
  • 独自の審査を通過した求人、会員、ヘッドハンターだけが集い、ワンランク上のキャリアを実現
全ての転職者
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
キャリア形成
をしたい方
  • 転職活動のサポートをしてくれるサービス
  • キャリアのプロフェッショナルである専属トレーナーがマンツーマンで支援してくれます
エンジニア、IT技術者
  • ITエンジニア向けの転職サポートサービス
  • 技術や業界、市場を熟知したアドバイザーが、あなたの転職活動をマンツーマンで徹底的にサポートしてくれます。
  • 初回提案の内定率は90%、内定実績は最速1週間!LINE相談やオンライン相談もOKなので安心です
介護職を希望の方
  • ・介護の転職総合満足度No.1
  •  ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • ・給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • ・業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます
事務職やコールセンター
を希望の方
  • ・未経験でも安心の大手派遣会社
  • ・特に事務職やコールセンターの求人数が多い
  • ・正社員では入ることが難しい大手企業で働ける!
  • ・半日有給休暇や通勤交通費の支給など福利厚生が充実

民間紹介所の圧倒的有利!?

1430977313_97252.jpg

厚生労働省では、雇用に関する様々な調査を行っています。興味深いデータが沢山あるので、早速、現在の状況をみていきましょう。

まず驚くのは、「職業紹介事業報告の集計結果」です。(職業紹介事業とは、転職・就職活動の際に活用する「人材紹介会社」や「ハローワーク」のことです。)

2015年3月に発表された結果によると、民間の有料紹介事業での求人数が約340万人に対し、無料職業紹介事業(ハローワーク)での求人数は66万人だったそうです。

つまり有料紹介所の求人数の方が、ハローワークの求人数よりも、5倍以上と圧倒的に多いということです。

「有料の広告を出す会社=人材にお金をかける会社」と見ることもできます。

「就職・転職探しはハローワーク」と思って就職活動されている方は、一度、有料の人材紹介会社に相談されてみてはいかがでしょうか。

新しい道が拓けるかもしれませんよ。

ここ数年の雇用状況は、やや拡大傾向!

次にご紹介するのは、最も気になる「最近の雇用状況について」です。

「毎月勤労統計調査 平成26年結果確報」からデータを見てみましょう。

平成4年以降の常用雇用推移を示した表を平成26年に限って見てみると、前年比で一般労働者がプラス0.9%、パートタイム労働者がプラス2.8%となっています。

平成4年から平成26年の長期スパンで見てみると、全体としては平成10年から平成16年は前年比マイナスが続いており雇用は縮小傾向平成17年から平成26年まではプラス1~2%を継続しています。

就職活動を通し、雇用状況は厳しいと感じている方も多いですが、ここ数年の雇用は拡大傾向にあると言えそうですね。

業種は設備・工事業が狙い目!

1430977936_20210.jpg

同じく「毎月勤労統計調査平成26年確報」には、90分野の業種について賃金、労働時間等のデータが出ており、この中に入・離職率、パートタイム比率が出ています。

それぞれのトップ(1位)をみてみましょう。
入職率1位:職業紹介・派遣業
離職率1位:飲食店
パートタイム比率1位:飲食店


飲食店のパートタイム比率は80%超とずば抜けており、それだけに離職率も高いようです。

安定した就職を目指すならパートタイム比率、離職率が低く、入職率が高い業種が狙い目ですよね。

入職率と離職率の差分をパートタイム比率で割った度数でランク付けすると、
1位 職別工事業
2位 設備工事業
3位 機械器具卸業

と、トップ3は機械工事関連になっており、就職活動・転職の狙い目と言えるようです。

データから見える就職作戦

いかがでしたか?

データから現状を見てみると、これまでとは違った視点で対策を考えられますよね。

先入観や人の噂に振り回されず、時にはデータから現実を見て就職活動の作戦を練ることも大切なのかもしれません。

あなたの就職活動がうまくいきますように。

▼合わせて読みたい!
40代転職成功への近道!エージェントを味方にする上手な使い方とは?
40代の転職を成功させるカギとは?今の転職事情から徹底検証!
中高年の転職を一歩前へ!成功させるためにやっておくべき3つのこと
40代転職時に『面接』を成功させるには?面接前に知って得する6つの成功ポイント!

-------------------------------------------------
※今回は、こちらのサイトを参考にさせていただきました。
◆平成24年度職業紹介事業報告の集計結果 |報道発表資料|厚生労働省
◆毎月勤労統計調査 平成26年分結果確報|厚生労働省

【40代50代歓迎の求人特集】中高年に人気の求人を探す!

登録・利用は無料!「FROM40」は40代・50代以上の中高年・ミドル・シニア世代専門の転職サイトです!

求人登録数11,000件を誇る「FROM40」で、中高年向けの求人を探してみませんか?

あわせて、登録無料であなたに興味を持った企業からのスカウトメールが受け取れる【FROM40neo】もご利用ください!

年収