40代におすすめしたい転職サービスまとめ

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

さまざまな転職サイトや転職エージェントなどの転職サービスが存在する時代において、40代で転職を考えた際にはどの転職サービスが自分に合っているのか、40代が利用すべきサービスはどれがいいのか迷ってしまうでしょう。

この記事では、転職サービスの選び方や注意点を踏まえながら、40代の転職に最適な転職サービスを紹介していきます。



目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代におすすめ、転職サービスの選び方

40代 転職 おすすめの画像

40代で転職をする際に、どの転職サービスを利用するのが良いかを決めるため、比較していくのがおすすめです。

サービス内容や扱っている求人などの情報などを比較して、40代の転職に最適な転職サービスの選び方を紹介します。

◆ニーズにあったキーワードがあるか
求人サービスで扱っている求人情報に、ニーズに合ったキーワードが記載されているかを確認します。

例えば、「40代活躍」「子育てママOK」「主婦歓迎」などのキーワードが入っている求人情報があると、自分にあった求人情報を取り扱っていると判断ができます。

逆に「第二新卒歓迎」「20代30代が活躍」「平均年齢20代」などのキーワードが入っている求人が多い場合、40代向けの転職サービスではない可能性があり、避けた方が賢明といえます。

自分のニーズに合ったキーワードが設定されているかを求人情報から確認し、扱っている求人情報から自分にマッチしているかを判断していくとよいでしょう。

また、希望の条件を入力して絞り込んで検索することで、自分の目的や希望に合った求人を探せるため、同じ職種でも求人ごとに雇用条件を比較しながら吟味することが可能です。

例えば、自分の希望する条件の入った求人情報が少ない転職サービスは、利用する候補から外すやり方が挙げられます。

◆自分にあったサービス内容かどうか
転職サービスには大きく分けて「転職サイト」「転職エージェント」「スカウト型転職サービス」の3種類が存在し、種類ごとにそれぞれ特徴が異なります。

転職サービスの内容を理解した上でさまざまな転職サービスがどのタイプなのかを比較し、自分にあった転職サービスを見つけることで効率よく転職活動を行いましょう。

・自分で求人を検索して探す「転職サイト」

企業側が求人情報を掲載し、掲載された求人に応募できるのが「転職サイト」です。

規模の大きい転職サイトであれば地域や職種、経験を問わず幅広い求人情報が掲載されているため、希望にあった求人が見つかります。

規模が小さくても専門職に特化した転職サイトであれば、希望の職種を1つに絞った上で、職場や手当など就労条件の違う求人を比較することが可能です。

転職サイトを利用しての転職活動は、応募先の選定から面接の日程などを自分で決めることができるため、マイペースに転職活動ができるメリットがあります。

しかし、転職サイトを利用して転職を行う際には求人検索から応募、面接に至るまでの一連の流れをすべて自分で行わなければなりません。

自分のペースで転職活動が行える一方、就職しながらの転職や複数企業へ応募したい場合には大きな負担となってしまう点には注意しましょう。

マイペースに求人情報を探しながら、自分が「ここは!」と思った企業に応募できることが、転職サイトの魅力です。

・エージェントと相談してすすめる「転職エージェント」

キャリアアドバイザーが、求職者の転職活動をサポートしてくれるサービスが「転職エージェント」です。

転職を検討している人に対して、職種や勤務地などの希望を確認し、保有している求人情報の中から経験や希望に合う企業を紹介し、仕事選びから入社までの一連の流れをサポートするのです。

転職エージェントはエージェントサービスを通して転職支援のノウハウが蓄積されているため、自分で求人を探し応募するよりも自分に合った転職先を紹介してくれるため、転職成功の可能性が高まるでしょう。

また採用側にとっても自社のニーズをエージェントに伝えることで適切な人材を探してくれるため、目的の人材獲得を叶えることができます。

・スカウトを待つ「スカウト型」

スカウト型の転職サービスは、自身のプロフィールを登録しておくと、プロフィールを見て雇いたいと思った企業からスカウトが届く転職サービスです。

求職者側は自身の職歴やスキル、取得した資格などのプロフィール情報を登録しスカウトを待つだけでいいので、転職活動の負担がほとんどなくなる点が大きなメリットになります。

企業側から興味を持たれた上でスカウトメッセージが送信されるため、場合によっては一次選考など免除などの待遇を受けられる可能性もあり、転職活動を有利に進められることもあるのです。

しかしスカウトメッセージが届くのは専門知識やキャリアなどのプロフィールが企業側の希望にマッチした場合であり、転職者のプロフィールが企業側に刺さらなかった場合にはスカウトメッセージが届かない事態もあり得ます。

専門的なスキルを持っている人やキャリアがある人であればスカウト型転職サービスがマッチしているといえるでしょう。

◆利用する転職サービスはひとつに絞らなくてもいい
自分で求人情報を探しに行く転職サイトやアドバイザーと相談しながら転職活動をする転職エージェントなど、転職サービスはさまざまな種類が存在します。

その中から、利用する転職サービスを1つに絞る必要はありません。

例えば、AとBの転職サイトにそれぞれに応募したい求人があれば、両方に登録してどちらも応募するやり方でも問題ないのです。

他にも、別の転職サイトで見つけた気になっている求人情報の内容を転職エージェントに紹介し、似たような求人がないかを相談するという手段もあります。

転職サイトか転職エージェントかで利用する転職サービスを絞り込まずに、さまざまな転職サービスを兼用しながらそれぞれのメリットを引き出すことで、効率的な転職活動が実現できるでしょう。

あわせて読みたい:

40代の転職が有利になる!転職サイトの選び方と厳選サイト8つ

転職サービス選びでよくある誤解

40代 転職 おすすめの画像

40代で転職を成功させることは難しいケースが少なくないため、いざ自分が転職活動に挑む場合に慎重になるのは無理もありません。

いよいよ転職活動を始めたときに、転職サービスに対して間違った解釈を抱えたまま利用すると、転職活動がうまく進まない場合も考えられます。

ここからは、転職サービス選びで誤解しやすいポイントについて詳しくみていきましょう。

◆大手転職サービスに40代は相手にしてもらえない

リクルートやIndeedに代表される大手転職サービスを利用した場合、全体のユーザー数が多いため、40代は相手にされないのではと感じることがあります。

総合型の転職サービスは会員数が多いため、ニーズの高い若手ばかりが優遇されているイメージを抱いている人も少なくないでしょう。

しかし大手の転職サイトは社員が多いため、求職者の業種や年代ごとに専門部署を設ける傾向にあります。

大手求人サービスを利用することで、40代の転職支援実績が豊富な担当者に出会える可能性は高くなり、適切なサポートを受けながら転職活動を行える可能性は十分あるのです。

参考
4 転職入職者の状況 (1)年齢階級別転職入職率 令和元年1年間の転職入職率を性、年齢階

◆アドバイザーは変更することができない

アドバイザーとは、転職サービスを利用した際に自分についてもらった担当者を指します。

担当についたアドバイザーによっては、希望しない業種や職種の求人ばかりを紹介してきたり、連絡や日程調整などの仕事が遅かったりする場合もあり得るのです。

特に転職エージェントを利用している場合に動きが遅いこと転職を成功させるためには致命的なダメージとなります。

なぜなら自分の担当エージェントを経由して企業への応募や面接の日程調整を進めるため、ひとつひとつのやり取りに時間を要することから、動きの遅さは転職活動そのものに影響を及ぼしてしまうのです。

自分の担当についたアドバイザーの連絡頻度が少ないと感じたら、我慢せずに変更したい意思を転職サービスのカスタマーサービスへ伝えると、アドバイザーを変更できます。

◆なかなか転職先が決まらないとサービスが打ち切られる

転職エージェントを利用して転職がするまでの期間は、平均して約3ヵ月と言われていますが、転職エージェントからのサポートが受けられるサポート期間が6ヵ月と明記されているサービスもあれば、基本的に無制限であるサービスも存在します。

転職意欲が高ければ3ヵ月以降も転職エージェントからのサポートを受け続けるケースも多々あるため、仮に転職先が決まらずにサポート期間が切れそうになった場合は期間の延長を申し出てみましょう。

仮にサポートが受けられる期間が切れてしまっても、期間が経ったことで担当者から連絡が来なくなっただけで登録データ自体は残っている場合がほとんどのため、再登録することで引き続きサポートが受けられます。

40代におすすめの転職サイト

40代 転職 おすすめの画像

自分で求人情報を探し、応募から面接までの一連の流れを自分でこなす転職サイトでの転職は、マイペースに転職活動を行いたい人にはおすすめの方法です。

ここからは、40代の転職におすすめの転職サイトについて紹介します。

◆転職サイトとは

企業側が求人情報を掲載し、掲載されている求人情報から応募することで転職活動を行えるのが転職サイトです。

1つの転職サイトに絞って求人情報を探すのではなく、複数の求人サイトに登録することで自分の希望条件にマッチした求人情報を見つけやすくなります。

転職したい職種があらかじめ決まっている場合や、自身のキャリアやスキルを活かしたい場合には、大手求人サイトよりも業界や職種に特化した求人サイトを使用するのがおすすめです。

◆doda(デューダ)

dodaは国内の数ある転職サイトの中でも知名度が高い大手転職サイトのひとつです。

2021年2月時点で非公開求人を含め約10万件の求人情報がdodaに掲載されており、国内屈指の求人件数を誇っています。

絞り込み検索機能が充実しており、自分の希望にあった求人を簡単に探せるでしょう。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策に至るまでキャリアアドバイザーが親身になってサポートしてくれるため、40代で転職する人も安心して転職活動を進めることができます。

◆ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス人材を対象とした転職サービスです。

ビズリーチが保有する求人情報の約30%は年収1,000万円以上の案件が占めており、好条件の求人を希望している人やキャリアアップ目的で転職を検討している人にマッチした転職サービスになります。

2021年9月時点でビズリーチ利用者の約30%が40代であるため、特に経歴や資格など自身のキャリアに自身のある40代に最適な転職サービスといえるでしょう。

自身のプロフィールを登録してスカウトメッセージを待つスカウト型の転職サービスであるため、プロフィール登録後は基本的に待つだけで転職活動を進められる点はメリットです。

◆リクナビNEXT

リクナビNEXTは人材業界最大手の株式会社リクルートが運営する転職サービスです。

2021年8月時点で公開求人数が約6万件以上掲載されており、毎週新着の求人が1,000件以上更新される業界トップクラスの転職サイトになります。

自分から検索をかけて求人情報を探す他に、企業から直接オファーメールが届く「スカウト機能」があるため、企業からのオファーが届けば転職先の選択肢を広げることができるのです。

2021年10月時点で登録者の約30%が40代であり、他の大手転職サイトよりも30~40代向けの求人を多く扱っていることから、40代からの転職に適した転職サイトといえます。

◆FROM40

FROM40は40~50代のミドルシニア層を対象にした転職サイトです。

20〜30代向けの転職サービスが多い中、FROM40では40~50代をターゲットにした求人をメインで掲載しているため、年齢を気にせずに転職活動ができます。

ITエンジニアや介護サービスなど職種に特化した求人特集が定期的に組まれているため、未経験の業界へチャレンジしてみたい人やキャリアアップを目指したい人にもおすすめの転職サイトといえるでしょう。

あわせて読みたい:

40代の転職にお役立ち!転職サイト46選と賢い使い方ガイド

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

40代におすすめの転職エージェント

40代 転職 おすすめの画像

キャリアアドバイザーのサポートを受けながら転職活動を行いたい場合には、転職エージェントが最適です。

40代の転職におすすめの転職エージェントについて、詳しくみていきましょう。

◆転職エージェントとは

採用を考えている企業と求職者をマッチングさせ、転職をサポートしてくれるのが転職エージェントです。

具体的なキャリアプランや希望の業種が決まっている場合には、専門のキャリアアドバイザーに相談することで希望した条件の求人情報を紹介してくれます。

企業側とのやり取りをエージェントが代行してくれるため、転職活動の負担が軽減される点がメリットです。

◆パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣サービスを行う株式会社パソナが設立した業界大手の転職エージェントです。

パソナキャリアは年齢や性別に関係なく、転職希望者1人ひとりに合った求人を紹介してくれるため、40代からの転職でも安心して利用できます。

パソナキャリアの扱っている求人の80%は非公開求人であるため、ほかの転職サービスでは見つけられなかった好条件の求人を紹介してもらえる可能性がある点も、メリットといえるでしょう。

◆リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクルートグループが運営する転職エージェントです。

2021年7月時点で約30万件の求人情報を保有しており、幅広い選択肢の中から年齢に関わらず自分の希望する条件にマッチした求人を紹介してもらえます。

職務経歴書を簡単に作ることができる「職務経歴書エディター」が利用でき、はじめて転職活動をする人でもすぐに職務経歴書を作成できます。

また、履歴書や職務経歴書の添削から面接で聞かれる質問の内容や傾向といった面接対策まで、転職エージェントから手厚いサポートが受けられる点も魅力です。

◆JACリクルートメント

JACリクルートメントは、イギリスで誕生した日系の人材紹介会社です。

外資系企業やグローバル企業の求人案件に強く、管理職や技術職、専門職のエキスパートとして40代以上の転職者が、JACリクルートメントの利用者全体の50%以上を占めています。

技術系のキャリアや英語力を活かしてキャリアアップを目指したい人には、おすすめの転職エージェントです。

◆キャリアカーバー

キャリアカーバーは豊富なハイクラス求人を取り扱う転職エージェントです。

ほかの転職エージェントでは自分を担当するエージェントは始めから決められている場合がほとんどですが、キャリアカーバーは担当エージェントを自分で決めることができます。

自分と相性の良さそうなエージェントを指名できるため、担当エージェントとのミスマッチが起こりにくいのは大きなメリットといえるでしょう。

40代からの転職に強いエージェントを指名でき、キャリアカーバー内で40代からの転職に関するコンテンツを掲載している点も魅力です。

まとめ

40代 転職 おすすめの画像

40代からの転職を成功させるために、転職サービス選びは重要になります。

自分の転職活動をどうしたいかを決め、転職サービスを正しく選ぶことがポイントとなるのです。

この記事を参考に、転職サービス選びから転職活動をはじめてみましょう。



年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事