50代の課長職が転職を成功させるポイントとは

『コラム40』~お仕事探しに役立つ情報発信中!~
このエントリーをはてなブックマークに追加

<PR>転職のプロによる充実のサポートで転職成功を目指す!うれしい遠隔サポートも◎

サポートを受けながら転職活動を成功させたいあなたにオススメなのが、【転職支援実績No.1(※1)】の『リクルートエージェント』です。

公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件(※2)。経験豊かなキャリアアドバイザーが、あなたの希望やスキルに合う求人を紹介してくれます。

書類添削、面接対策、面談調整、条件交渉なども代行してくれるため、転職が初めての方や忙しい方にもぴったり。転職のプロから充実したサポートを受けたいなら、今すぐ登録を!
(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点
(※2)2021年3月31日時点

リクルートエージェント公式サイトで無料登録

50代は他の年代に比べて転職のハードルもが高い年代です。

さらには50代という年齢を考えると転職が気軽にできるわけでなく、絶対に失敗できないという人も多いのではないでしょうか。

少しでも失敗のリスクを減らすためには、確かな情報収集が必要でしょう。
しかし、50代の転職は人によって状況が大きく異なるため、一概にこうした方がいいといった方法はなかなか見つかりにくいことがあります。

今回は、50代課長職の転職に必要なこと、事前準備やおすすめの転職サービスを紹介します。

最後まで目を通して、転職活動の参考にしてくださいね。

目次

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

50代課長職が転職を成功させるために必要なこと

50代課長の転職分かれ道

50代ともなれば、誰でも簡単に転職できるわけでなく、実績・経験・スキルなどがある程度のレベルが求められることになります。

50代となれば、社会人としてのキャリアは若い人と比べものにならないほど積み上がっているからです。

それらを整理し、重要な項目について詳しく見ていきましょう。

◆成功体験などの実績がある
実績としてアピールできる成功体験が豊富な50代は、転職に成功しやすいと言えます。
豊富な実績があれば、これまでと同じ業界や近しい業界での転職が有利に進むでしょう。

ただし、自分では成功と思う実績が、他社でも同じような価値があるとは限りません。
世間一般の50代でも同様の感覚なのかはリサーチしておくことをおすすめします。

独りよがりな視点にならないためにも、客観的に評価してもらえる転職コンサルタントなど、転職に詳しいプロに一度実績を見てもらうなどしましょう。

それができない場合には、他社に勤めている知人などに実績を話してみて評価をもらうなど工夫してください。

◆企業が求める経験をしている
企業が欲しいと思っている経験をしているかどうかも重要です。

・海外との取引した経験がある
昨今ではグローバル化の流れもあり、中小企業も含めて多くの企業が海外と取引を行っています。

さらに国内の市場は縮小傾向にあり、今後海外の市場を求めることも多くなってきます。
そのため、海外との取引した経験は大きなアドバンテージです。

・AIなどの新しい分野に携わった経験がある
時代の変化のスピードが早いため、次々と新しい分野が生まれています。
今後重要になってくる分野にAIがあります。この分野に携わった経験を持つ人はまだまだ少ないので、経験している人は貴重な存在として見られるでしょう。

・新規事業の立ち上げを経験している
転職先は大企業ばかりとは限りません。
中小企業においては、ゼロから仕事を作ることもあり得えます。

そのため、新規事業の立ち上げを経験している方は積極的にアピールするといいでしょう。

3つすべての経験がある必要はありませんが、1つでもあると転職成功の可能性が高くなるでしょう。

◆人を育てるマネジメントスキルがある
50代の転職では、管理職経験はほぼ必須条件と言えるでしょう。

特に最近は20代や30代で構成されているベンチャー企業から中高年の管理職に対するニーズが高まる傾向にあります。

管理職として、部下をどのように育成して、会社に貢献できる人材を作ることができるか、その点を企業は知りたいと考えています。

マネジメントといっても幅広い面が考えられると思いますが、それらを体系化しておき、どういったマネジメントができるのか、はっきりと採用側の企業に伝えられるようにしておきましょう。

自分の能力を言語化し、スムーズに伝えられるようにしておくことも必要です。

◆保守的でなくチャレンジ精神がある
採用する企業からの視点で考えると、50代であっても積極的な姿勢で業務に取り組む人材を欲しがるでしょう。

人は年々挑戦することを避ける傾向にあります。
特に過去に大きな実績があると、そのことに縛られてしまい、新しい挑戦を避けるようになる人もいるかもしれません。

その点を理解して、実績は過去のものとして捉えて、もう一度挑戦できるという姿勢を持ちましょう。

仮に、新しい業務への挑戦を断るような人材と思われてしまったら、多少能力が劣っても若い人材を採用したいと思われるかもしれません。

転職では、新しいことや環境に身を置きたいと思っているということをアピールすることが重要です。

50代の転職だからこそ「逃げの転職」ではなく「攻めの転職」ということを伝えていきましょう。

挑戦的なマインドは50代で転職を成功させるためには、必要不可欠になります。

50代課長職が転職時にやってはいけないこと

50代課長の転職のNG行動

次に、転職活動でやってしまいがちなポイントを見ておきましょう。

若い時とは違い、50代ではマイナスになる、やってはいけないことがあります。
一見すると正しいように思われることもありますが、年齢と立場を踏まえると、むしろ避けた方がいい点になります。

転職に当たってのターゲットをしっかり持つと同時にこの点を注意しながら、転職活動を進めていきましょう。

◆ハローワークを使った転職活動
転職を考えた時に、転職のためのツールとしてハローワークを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

実際に50代の求職者でもハローワークを利用する人は多くいます。
退職後は、失業手続きなどで必ずハローワークを利用するため、そのままの流れでハローワークを利用してしまうこともあるかもしれません。

公的な機関ということもあり、信頼のおけるサービス機関であるという認識もあります。

しかしハローワークの求人は企業が無料で求人票を出すことができるため、求人が多いのは強みですが、ホワイト企業であるとも限りません。

民間の転職サイトや転職エージェントと違うということを認識しておきましょう。

◆総合転職サイトを使った転職活動
ハローワークではなく、総合転職サイトを使った転職活動との違いを見てみましょう。

ハローワークと違って求人掲載が有料となっており、掲載には審査が必要になるため、ブラック企業は少ないという安心感があります。

しかし、一般的な総合転職サイトはコアターゲットが20~30代の若手向けであることがほとんどです。

大手総合サイトは求人数も豊富ですが、ポテンシャルがあり採用コストが安い若手と比べられることは避けられません。

そのため年齢がネックとなり、書類選考すら通らない場合も少なからずあります。

企業側にとって、50代を採用するということは非常にコストが高いという点を理解して、転職活動をしていく必要があります。

◆過去の実績に頼った転職活動
50代ともなると高い役職につくなど、これまでの豊富な経験・実績が積み重なってきます。
しかし、そのアピールばかり考えてしまうと足元をすくわれることがあります。

役職をはじめとした実績が、客観的に見ても高い実績として評価されるかどうか、もう一度見直す必要があります。

単に自分のキャリア自慢となってしまっては面接で高評価を受けることはできません。

50代が求められる職場は、若手ばかりで管理職がいない、実績があるがまとめられる人間がいないという企業です。

大切なアピールポイントは年の功や柔軟性、人をまとめられる人間性になります。

採用の場においてはコミュニケーションを取り、今までやってきたことよりも、今後何ができるかをポイントに話を進めるようにしてください。

50代課長職が転職時に事前準備しておくこと

50代課長の転職の事前準備

ここでは、転職活動をスムーズに行うために、事前にやっておくべきことを見ておきましょう。

事前に行うことは面倒に感じることも多く、どうしても疎かになってしまうことが多いのが実情です。

これを事前にできているかが、転職の成功と失敗をわける大きな分かれ道になるでしょう。

◆実績と経験できることを整理しておく
企業側が50代求職者に求めているものは、これまでの実績と経験が、企業の求めるスキルとマッチしているかです。

そのため、企業側がまず確認するのは、これまで培った実績と経験になり、これまで培った実績と経験をよく整理しておく必要があります。

そしてその実績と経験を企業のニーズとマッチしているかを確認し、マッチング度の高い企業を狙っていくのが良いでしょう。

次のステップとして、その実績と経験からさらに自分ができることと、自分の力が最も発揮していけることは何かを明確にしておきます。

もちろんそれらは、応募先の企業の求人情報によって変わりますので、入念な企業研究を行う必要があります。

◆年収がダウンしても困らないようにしておく
50代課長職であるあなたは、一定の評価を受けていて、年収に関しても高い年収を受けている可能性があります。

しかし、その高い年収にこだわり過ぎると、それだけ転職の選択肢を狭めてしまうことになるでしょう。

50代での転職活動は、20~30代の転職活動とは違ったスタンスで長期戦を見越した活動が求められています。

実際に年収に関しては、入社後に実績を作ってから年収を上げるという条件を提示することがあります。

年収ダウンをマイナスに捉えるのではなく、入社後にきちんと実績を残して、自分の当初の希望を叶えるという意識を持っておくと良いでしょう。

仮に転職直後は年収が下がっても、数年でまた元の年収額に戻るケースがあるため、家族とも話し合いをしつつ最終的に譲歩できる年収額を決めておくことをおすすめします。

◆人脈やネットワークを築いておく
50代課長職に求められることに、スキルだけでなく、ベテランならではの人脈もあります。

この人脈は単に持っている名刺の枚数ではなく、仕事を進める上でお互いにとって有益な関係を築くことができることを意味しています。

例えば、会社を離れたとしても会社名ではなく、個人で付き合いを続けられる信頼関係を築いておくのが良いでしょう。

人とのネットワークを築いておくことで、思わぬところから声がかかり、転職へと結びついたり、新しい職場で仕事をするにあたって心強い協力者になってもらったりすることができます。

このような信頼関係はコツコツと積み上げてきた結果です。
企業が50代を採用するにあたって、重視しているポイントの1つでもあります。

▼合わせて読みたい!
50代でキャリアアップ転職を成功させるポイント
ハイキャリアを目指す50代が転職を成功させるコツとは
50代でハイクラス転職を成功させるテクニックとは

40代50代におすすめの転職サービス

40代50代におすすめの転職サービスを紹介します。

サービスによって求人の内容が異なりますので、様々な転職サービスに登録することをおすすめします。
良い求人が見つからなかった、紹介されなかった場合はすぐに退会しても問題ありません。


こんな方に
おすすめ
特徴
40代のITエンジニア経験者
  • ITエンジニア経験者向けに特化した転職エージェント
  • 年収600万円以上のハイクラスなIT求人が多数
  • レバテックサービス利用者数20万人以上
  • 原則オンライン面談に対応
転職を考えているすべての方、正社員希望の方
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーによる充実したサポート
  • 公開求人は約11万件、非公開求人は約15万件!(2021年3月時点)
  • 電話やメール、アプリなどによる遠隔サポートで安全な転職活動
介護職を希望の方
  • 介護の転職総合満足度No.1
  • ※2020年ソースイノベーション(株)調べ
  • 給与UP成功率96%の『高給与専門』
  • 業界に特化したアドバイザーが介護業界のノウハウやネットワークを活かして転職活動をサポートしてくれます

まとめ

50代課長の転職まとめ

ここまで、50代の課長職が転職を成功させるポイントを詳しく解説してきました。
年齢を理由に転職を諦めるのではなく、50代という年齢適性を把握することによって、成功への道が開けてくるものです。

50代では、実績やスキルは十分に持っており、他社に転職しても活躍できる可能性が高いと言えます。

しかし、年齢による採用コストの問題、若手との成長の差など不利になる面もあります。

その点をいかにカバーしていくかについて把握していただければ幸いです。

年収

新着記事

Ttl new
Ttl new
Ttl new
Ttl new

関連する記事